FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



EZ drummer イージードラマー
ez_001.jpg

昔、多重録音をしているとき、一番悩みの種になるのがドラム。
生音が欲しい場合は、貸スタジオで録音して、素材として使う。
それが精一杯でした。自宅でドラムを叩くのは、近所迷惑もそうですが
我が実家では、とっても困難を伴いました。まあ、それが普通でしょう。

リズムボックス系の音は、あくまでガイド的な使い方が多かったです。
良くなったと言っても808(やおや)など、後になって現れましたが、
それでもしょぼい音でした。そうそうローランドシンセコンテストで、何度か
入賞していたので景品としてDr.Rythum DR-55も頂いたことがあります。

スタジオでは、「ドンカマ」と言って、マルチテープの端にあるトラックが
収録不安定な事を理由にリズムマシン用のガイドとして使われていました。
Herb Albert の「Rise」って曲にハンドクラップが入っていたのですが、
それが、非常に正確で同じ音だったので、絶対、あれはサンプリングされた
音だとSONYのミキサー富田さんと話していました。そんな時代でした。
サンプリングマシン出現前夜と言っても良いでしょう...
 
ez_002.jpg

今では、こんな生々しい音とプレーが簡単に手に入ります。
自分が、有る程度プレーできるとmidiの打ち込みは忍耐が必要!
また、機械的な連打は聴きたくないし、そのニュアンスを
表現すると、入力も工夫が必要になり時間もかかります。

ez_003.jpg

まあ、インストール作業は、不正コピーを防ぐ為に最近は
ネットでの認証が、ガチガチにかけられていて、それはそれで
面倒な作業になります。そして再インストールするごとに要求されます。
それが、とっても面倒で時間がかかるんですよね....

ez_004.jpg

ドラム音源は、Logic Proの標準プラグインの他に、
Battery 3も持っていますが、このプラグインもお勧め!
例えば、こんな感じのセッション?が直ぐできます。

音だって、これだけ良い音に録ろうとすれば大変ですよね。
まずは、お聞きください。多少エフェクトは使っています。
ドラムだけでは寂しいので、インスタントにベースも追加。

使い方も、とっても簡単なのが良いです。音質も、大切ですが、
プレーさせるのが結構難しい。それが、このプラグインだと
呼び出し、とにかくプレーさせ、気に入ったプレーを選択、
ドラムトラックシークエンスにドラッグ、ドロップインで使えます。

やっぱり、KORG DS-10や、BeatMakerじゃ、これほど
簡単にはいきません。こんな世界を知っていると、まどろっこしい!
短時間に最上の結果を実現できる道具なので、比べるレベルでは
ないのですが、知っておいて損は無いと思います。

これだけの音を録るのに、やはり、これだけの手間と技術を投入しています。
それもこれも、アナログからの歴史が有ればこそ可能な事なんですよね。
その歴史の継続性こそが価値があるのだと思います。デジタルになっても
基本はアナログ世代の、こういった積み重ねが重要なんですよね。

これは、その昔1999年に、Illustratorで描いたドラムスキット
標準のグラデーションのみで描いています。

テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する