♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



アナログ シンセサイザー
sys100.jpg

一番最初にシンセサイザーを触ったのがこのシステム100
とは言っても友人の鈴木君から、お借りしていたのです。
それで創った曲で、ローランドのシンセコンテスト特別賞受賞!
借り物なのに、嬉しかったです。鈴木君には感謝しています。

当時は、シーケーンサーもボリュームによる音程設定で
アナログでは、12音、もしくは24音の音程設定だけ^^;
それでも楽しかった。しかもVCOだけじゃなくVCF,VCAにも
もちろんADSR的に、より細かく設定なんかもしてみましたよ!
使ったりしました。このセットから両端上にあるスピーカーと
ミキサーが無いセットでした。
 
で、当時ローランドにはシステム700ってのがあって、それは
東北回りの営業でローランドの方と一緒に巡業して、その時
覚えました。でもね本当は、MOOG IIIなんかを欲しかったわけです。
ただ、普通に自腹では購入は無理だし、コネもない若者には
高嶺の花だったわけですね。

mukasi_001.jpg


しかし、土木設計のバイトにいそしんで、資金を調達し、
こんな機材を集めて、コンテストに入賞していました。
某大手録音スタジオに入るまで頑張りましたが、その実態を
知って、即、音楽業界から身を引くまで頑張っていました。
学生時代の機材って、こんな感じ...
最終的には、その道を諦め、即、全て売り払いました^^;

mukasi_002.jpg


当時、何度かローランドのコンテストには入賞などして
富田勲巨匠ともお会いすることもできました。松武さんのように
親のコネがあれば富田巨匠に弟子入りって事も可能でしょうけど^^;
何もない子供には、これが精一杯って所でしょうか?そうそう
富田巨匠の音創りが2枚組のLPで出てましたよね!研究しました。
内容的には、それほど目新しくは、ありませんでしたが...

000bazasynth.jpg


そしてPink FloydのEchoesをライブで演る事になって欲しくなった
Electronic Music StudiosのVCS3だったりしました。
間奏の鳥の?鳴き声などは、なかなか普通のシンセでは、それらしい
音にならなかったんですね~ぇ、結局ボトルネックギターを使って
それらしく仕上げました^^;
000VCS3-Matrix.jpg


これが、そのシンセ、やはり、それなりに使いこなすのはセンスが
必要です。Pink Floydには、そのセンスが感じられます。
道具を使いこなす為には技術もセンスも大切ですね。素晴らしい!
で、行き着いたのが、巨匠Vangelisさんなんです。

http://www.thesynthi.de/


それにしても創りも個性的なシンセサイザーって感じがします。
鞄に収まるし、メイトリックスで音を創るなんて発想が斬新です。
ビンテージモノになるのでしょうから、高価だし、メンテも面倒です。
ここは、やはりプラグインシンセを揃える程度にしたほうが無難です。
とは言っても、音楽業界からは30年近く離れているし関係ね~!

000VCS3-Matrix.jpg


YMOのメンバーも六本木ソニースタジオにてお会いしていますが、
録音に対しての造詣は、彼等は殆ど無く、当時ミキサーをされていた
吉田さんより私の方がプログレ風録音についての知識だけなら
負けない自負がありました。それは、エコーに関する扱いで、
即、理解する事ができました。だから何?と言われると困りますが^^;

人を感動させるには、インスタントは無いってことを
痛感させられました。当たり前の事ですが...
また楽器のように共鳴部分の無いシンセなどには
音場設定の重要性を学ばさせていただきました。

それが時代が変わり、現在では、こんな
オーケストラっぽいのが、簡単に実現しちゃうんです

もっともっと創りだいですけどねぇ~^^;技術の進歩は凄い!

日本では、音を創る世界の薄っぺらさを嫌と言うほど感じざるを得ません。
と言うと生意気に聞こえると思いますが、偽らざる正直な感想です。
邦楽での現場を目の当たりにすれば誰でも感じることかと思います。
売れる音楽=素晴らしい、とは成りません。日本(アジア)で
売れるレベルと世界レベルでは、土壌が全く異なるので仕方有りません。

それは未だに変わらないし、今の日本の状況そのままって感じです。
何時になったら権威主義から脱皮して欧米レベルになるのでしょう?
どの業種も既得権益者まで危機が行き渡らないと駄目なんでしょうか?
私達国民も、随分飼い慣らされてしまったようですから...

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/688-dfce4e1b