FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



既存ハードの次は、ソフト?
phone_hero20070927.jpg

日本には資源がないと教わった。
そして今までは、今の中国と同じ様な
道を通ってきた。追いつけ!とばかりに
欧米を追い続けて来たようだ。

既存の枯れた技術では、相当良い結果を
残してきたと言えるのだが...世の中
ドンドン変貌している...それは考へられない。
中国の猿真似を笑えないと思うのだが...
世の中デジタル社会に変貌していく中
私達は、敷かれたレールを走るだけで
追いついたと思ったら、実は、大きく
引き離されていた事に、まだ気がついていない。

学力が低下していると言うけど、もっと
深刻な問題が山積みなんだけどね~ぇ...
そう、暗記至上主義の教育には未来は無い!
未だに、それを認め改め改善しない。

最初に、始めた事に対しての賛辞より
出し抜いた結果に対しての評価が高い。
これがアジア式ってやつね。その重要性に
何時までの気がつけないアジア気質。

既存技術、既得権益の呪文からは
逃れられないアジア気質。これが悲しい。
それに付け加えるなら権威主義ってのが
有って、それを支える教育を施されている我々。
新しい芽が生まれそうになっても権威主義に阻まれ
摘まれる事が多いこの国のシステム。

やっと少しづつ「偽」の片鱗に気がつき始めた。
でも、甘い汁を吸っていた奴らは、とうの昔に
裁きの舞台から去ってしまった後だ。
誰も、責任をとらない。とらせない。
そして、できいるだけ先送りにし責任の所在を
ウヤムヤにさせる、しきたり。

国が企業とグルになって国民を欺き命まで
奪うような国だ。なにが美しい国なのか?
と言うより、どの層にとって美しい国にするつもり?
人命に対する対価が安いアジアだから許される?

人命の価格が、その国の健全性を、あぶり出す
バロメーターと言えるのだが、この国は、他の
アジアと全く同じか、それ以下かもしれない。
人間性というソフトは、欧米の足下にも及ばないのか?
日本の存続を危うくしているのは、他ならぬ
官僚制度の上に成り立った既得権益者どもだろう!

これじゃ、世界的競争力も低下の一途を辿るだろう。
なにせ欧米では人体内蔵人工心臓が有るというのに
我々の国には100キロ以上も重い小型冷蔵庫並の
人工心臓しか使えないそうだ。ハードだって、この為体。
世界的に優れた器機を作れば需要は沢山あるのに...
厚生労働省って、まともな仕事ができない税金泥棒集団?
いや、人殺し集団だったね。

それに日本の司法もいい加減。これほど明確な
集団殺人にも関わらず、白黒をハッキリさせられない。
最近、裁判を経験した時、以前私が受けた判例を持ち出し
裁判長に民と企業に対して、裁定が異なる点を指摘したが、
「私は、そんな裁定はしない。」と言い放ちつつ、裁定がね^^;
笑っちゃいますよ。ハッキリ言っていい加減。

異議申し立て書にアカデミックな論文を付加し提出したにも
関わらず、その裁定は、デジタル社会に則した内容とは
とても理解できないものであありました。証拠になる、ならない
は、別にして、その発言は録音したので、時代が変わり
認識が行き届いた時期を見計らって、訴えるつもりだ。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://tasan.blog47.fc2.com/tb.php/665-4b5b8b44