FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



iphone12 Pro Max
iPhone12_00.png

先月の話ですが...
iphone12 Pro Max が、「iPhone 12 Pro Max」を11月13日に発売され、アップルストアでの予約は、11月6日22時~受け付け開始されました。予約開始と同時にアクセスしました。事前に iPad Apple Store アプリからです。その方が、繋がり安いのです。Macからだと混んでいると表示が遅くて先に進めません。

iPhone12_01.jpg

しかも2台購入予定なので手際良く予約手続きを進めたいところです。アクセサリー類はすでに発注済みです。

iPhone12_02.jpg

ところが、いざ予約を2台、同時にしようとすると先に進む事ができません!予約サイトが混んでいるせいなのでしょうか?

iPhone12_03.jpg

結局、1台づつ分けて予約する事で済ませる事ができました。原因はわかりませんが2台まとめての予約は、この時はできませんでした。

iPhone12_04.png

到着しているのは、MagSafe充電器 New 4,500円(税別)、20W USB-C電源アダプタ 2,000円(税別)それぞれ2セットと、iphone12 Pro Max 2台です。

iPhone12_05.jpg

6.7インチのSuper Retina XDRディスプレイ、表面を覆うCeramic Shieldは、これまでどのスマートフォンのガラスより頑丈だそうです。落下など、どうしても起きますよね...

iPhone12_06.jpg

購入したのはシルバーとゴールドです。それによってパッケージも異なるのは凝っています。その本体ボディーは、ステンレススチール製で、IP68等級の耐水性能があるそうです。進化したものです。

iPhone12_07.jpg

内臓カメラは、12MPの超広角(焦点距離13mm、120度、F値2.4)、広角(焦点距離26mm、1.7µmピクセル、F値1.6)、望遠カメラ(焦点距離65mm、F値2.2)の3眼構成。広角レンズの手ブレ補正はセンサーシフト式が採用されています。このカメラ性能も向上しています。

iPhone12_08.jpg

深度センサー「LiDARテクノロジー」が搭載され、ナノ秒で深度測定。暗い場所での撮影でも、空間の深度マップの作成も高速かつ正確に行える性能があるそうです。更に、動画撮影の性能は10ビットのHDRをサポートし、「Dolby Vision」規格で撮影可能、撮影した映像の編集もiPhone上で行えます。

iPhone12_09.jpg

全てのレンズがナイトモードに対応。暗い場所での写真や動画撮影が可能になっています。USB-C - Lightningケーブルしか付属しないため、前述のようにMagSafe充電器 、20W USB-C電源アダプタ を、それぞれ別途、購入、用意しました。やはり充電するのに毎回、ケーブルを刺すのは傷や故障の原因なので置くだけで充電ができる方が良いです。それに充電時間も、それほど遅くありません。

iPhone12_10.jpg

パッケージは、とても簡素です。付属品も、USB-C - Lightningケーブルのみです。

iPhone12_11.jpg

iPhone12 PRO MAXはサイズが大きい。6.7インチで、160.8*78.1*7.4当然、重量も重くなります。226gそしてカメラ性能は、映像撮影では、10ビットのダイナミックレンジで撮影可能、HDR撮影が初めてできるようになりました。映画スタジオで使われている映像規格・Dolby Visionにも初めて対応し、アプリケーション上から動画の編集が可能です。

iPhone12_12.jpg

更に12 Pro Maxでは暗い場所でビデオの画質が87%向上しており、色彩・明暗が明確になった映像撮影が可能です。処理速度が大幅向上したA14 Bionicチップですから!

iPhone12_13.jpg

iPhone12では「MagSafe」という本体背面に磁石を付ける無線充電も選択肢になります。ケーブルを差す必要がないので接続部分への劣化は起こらないのが良いです。ただし有線と比較すると充電時間は遅いです。ほとんど外出が無いので私的には時間は関係ありません。

iPhone12_14.jpg

「MagSafe充電器」には、USB-C電源アダプタが別途必要です。こういったコードの規格は、少々面倒です。

iPhone12_15.jpg

事前に確認していたので、そのコードは用意してありました。こういった変化は、仕方無いのですが、不要なケーブル類が増えるのは資源の無駄遣いかもw

iPhone12_16.jpg

早速、MagSafe充電器を使って最大15W(iPhone 12 miniは12Wまで)で充電してみました。

iPhone12_18.jpg

ワイヤレス充電器のうえに載せるだけで、充電されます。直接、ケーブル接続して充電するよりは、充電速度は遅いです。しかし接続部分は痛まないのが良い!

iPhone12_19.jpg

早速、iPhone X から乗り換え設定をします。個々のアプリやサイトの設定は継承しないようなので後で面倒な作業は残っています。Macとの連携で、テキスト入力などはMacで用意してコピペ機能の連携を使えば素早く、作業が終わられます。

iphone12_20.jpg

5G対応ですが、iPhone X から使っていたDMMの格安SIMを入れ替えて、そのまま使えます。デュアルSIM(nano-SIMとeSIM)に対応しています。

iphone12_21.jpg

1 つの電話番号を仕事用に、別の電話番号を個人用の通話に使うといった方法も可能です。しかしiPhone で 5G を使うには、いずれかの電話回線をオフにし、デュアル SIM モードを無効にする必要があります。

iphone12_22.jpg

現在は、DMMモバイルですが、今後、変更の可能性もあります。いずれにしても問題無く使える事を確認し、諸設定をしました。とにかく動きがキビキビしていて使っていて気持ちが良い!そしてカメラ性能も格段に良くなっています。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する