FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



NATIVE INSTRUMENTS KOMPLETE KONTROL S88 MK2
room_31.jpg

NATIVE INSTRUMENTS KOMPLETE KONTROL S88 MK2 これも最初に候補に挙がっていたのですが、ハードのみは販売されず音源が付いている製品なので躊躇していました。何故なら既にNative Instruments KOMPLETE 12 ULTIMATE COLLECTOR’S EDITION を使っているからです。DAW用のキーボードとしては、Roland RD-2000 Stage Piano より使いやすいとは思っていたのですが... それが思わぬ金額で手に入れる事ができました。

room_30.jpg

ソフト音源は希望通り無い、鍵盤のみのオークションにて半額以下で落札できました。状態を心配しましたが、到着してみると新品同様です。ベンド、モジュレーション、タッチリボンもついているのでコントローラー類も充実しています。なによりプラグイン音源の扱いが良いという点です。

room_44.jpg

到着後、直ぐに、製品ライセンスの移行を行いました。これさえ出来れば文句なしです。ただ88鍵盤が2台ともなると大所帯。そこで古い機器は処分して環境を一新する計画の一環なのです。デジタル機器は、10年ほどで陳腐化が到来します。そうなる前に処分して新しい機材に新陳代謝する必要があります。長く使えれば良いのですが、OS や使用ソフトによってはサポートから外されてしまえばガラクタになってしまいます。

room_32.jpg

そして始まった、大改築!ディスプレイの位置も更に上げて以前はコントローラーがあった場所に、この88鍵盤を載せる計画です。こちらは、Rolandより軽いといっても重さ:13.2 kg は、あります。なので棚もスチール・コーナー部品を使って補強しています。

room_33.jpg

ディスプレイを外すのも結構、重労働ですw しかし位置を上げるには、このディスプレを固定するバーを上げる必要があるので外さないとならないのです。さすがにデュアル・ディスプレイを装着したまま持ち上げ固定するだけの力は持っていません。それに落下した場合も危険です。

room_34.jpg
 
面倒でも、出来るだけ事故に繋がる事を避けて徐々に進める、急がば回れです。このディスプレイ自体も、結構な重要があります。しかもアームも含め、2台、付けたまま持ち上げるのは現実的ではありません。

room_35.jpg

KOMPLETE KONTROL S88 MK2ですが、ご覧のように新品同様です。これを以前、コントローラー類を設置していた場所の棚に載せる予定です。その為には棚の脚を補強する必要があります。

kon_01.jpg

このように、L字のアングルで補強しています。中央部分の後方部には幅の広いL字アングルを2つ組み合わせたアングルで補強します。

kon_02.jpg

一応、スチールで補強しておけば簡単には棚が壊れる事はないはずです。重量的には十分、対応している部材です。

room_36.jpg

さて、棚の補強が完了し、ディスプレイ取り付けバーを上げ、そして再度、ディスプレイの設置に進みます。

room_37.jpg

ディスプレイが落下しても下のキーボードが安全なように毛布を被せておきます。

room_38.jpg

そして、大まかに設置。それから細かい位置設定をします。

room_39.jpg

KOMPLETE KONTROL S88 MK2 を設置して電源を入れます。操作確認用の液晶が大きくていいです。使い勝手も洗練されています。

room_40.jpg

NKS対応により、ARTURIA、Heavyocity、Spitfire、Wavesを始めとする一流メーカーのインストゥルメント&エフェクトを直感的にコントロールできます。各プラグイン製品とNIハードウェアの連携が設定されていて、KOMPLETE以外の製品であっても、タグベースのブラウジング、Light Guideのフィードバック、あらかじめめマッピングされたコントロールなど感覚的に利用できます。またNKS未対応のプラグインであっても、KOMPLETE KONTROLソフトウェアから簡単にマッピングが可能だそうです。

room_42.jpg

DAW用ショートカットが設定されているので、このKOMPLETE KONTROLから、Logic Pro Xの必要最低限の操作が可能となっています。その辺りの使いやすさはRolandより数段、先に進んでいるような操作感を提供しています。KOMPLETEやNKSプラグインのプリセットの検索や試聴、パラメーターの編集、DAWの操作など、とても使いやすいです。

room_41.jpg

やはり今時は、この程度の表示品質が欲しい!この2基の高解像度カラースクリーンには、サウンドやプロジェクトの主要な情報が表示され、バックライト付きのファンクションボタンは、色と明るさで状況を示し、Light Guideは、サウンドの位置、キーゾーン、スイッチ、スケール等を表示しています。 マウスに持ち替えることもなく基本的な操作が可能なのは便利です。

room_43.jpg

設置が完了し、電源を入れて、細かい設定作業に入ります。液晶表示が美しいだけではなく視覚的に現在の挙動を把握しやすい設計になっているのが凄い!

room_45.jpg

Komplete Kontrol アプリケーションもあり、プグインからも呼び出せます。88鍵盤ですが、フルウェイテッド・ハンマーアクションキーで、これが結構、優秀と感じました。NKS=Native Kontrol Standardというシステムは、もっと広まってもらえると更に使いかってが向上すると思います。

room_20.jpg

これが現在の創作環境の全容です。NKS=Native Kontrol Standardというシステム、各サウンドの試聴だけでなく、マッピング済みのパラメーターを動かしたり、Smart Play機能によって数多くのスケール、コード、アルペジオなどを容易に演奏可能としてるのも良いです。

room_21.jpg

moog 大型シンセサイザーの表示も今まで接続していなかった24インチを縦にして、これだけ広く表示して作業が可能となりました。結構、迫力あります。

room_23.jpg

鍵盤の上に8つ並んでいるノブを回してみると、ミキサーのフェーダーは反応し、M32の右上にある4方向プッシュ式エンコーダーを回せば、プロジェクトの位置を動かせます。上下左右操作をすれば、トラック選択などを切り替えていくことができるので使い勝手は向上しています。

room_25.jpg

各インストゥルメントはロードしなくとも、ブラウズするだけでサウンドを確認可能です。膨大な音色から選択するには便利。Light Guideでは、選択中のスケールやモードのノートが点灯するので、常に音程を保って演奏可能。Chord Modeを使えば、1キーによるコード進行、演奏が可能。アルペジエーターに切り替えれば、更に表現が広がります。

room_26.jpg

Logicでは、フィジカル・コントローラーをスキャンすれば自動的にインストールされ、特別な設定は不要で使えるのが良い!マウスやキーを使う事なく、トランスポート、クリック、ループのON/OFF、クオンタイズからアンドゥ/リドゥまで鍵盤からコントロール可能。かなり作業効率が向上します。これだけの製品を、この価格で手に入れられたのは幸運です。大量で高品質な音色の利用に威力を発揮します。

最近は、仕事そっちのけで、こんな事ばかりしています。そろそろ仕事も開始しないと、いつまでも余裕をこいていられないw それにしても大改造が刊行できました。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する