FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Thunderboy Robot Commando Ideal サンダーボーイ
90851721_10216997215704913_2699477968777904128_o.jpg

I remember that it was an original robot plastic model created by a plastic model maker called Imai Kagaku, "Thunderboy", but in fact there was a real thing. After all, Japan used to imitate Europe and America for a long time. In 1963, the release price was high at 1500 yen.

子供の頃、これは高価なプラモデルという記憶があった。しかし欲しいとは思わなかった。デザインがダサいから。しかし、まさか、ここまでパクリまくっているとは思わなかった。65年頃プラモデルの「サンダーボーイ」として今井科学から数種類発売されていました。今の中国を笑えない猿真似日本が存在していた証でもある。しかもオリジナルは、これほど大きく様々な機能を持っていたのも知りませんでした。

robo_01_20200402212104ecc.jpg

当時、幼い子供だったので、このモデルは高額過ぎて欲しい対象にもなりませんでしたがw デザインがダサいと感じていました。しかし、まさか Robot Commando というお手本?真似する題材が存在していたのは当時は全く知りませんでした。このように昔から日本の業界のやる事は基本、真似が多いです。

robo_02_2020040221210517e.jpg

そして、電動ではなくゼンマイ版の小型までも製造、販売していたw 昔は、音楽も含め、どの業界も欧米へ渡って日本で売れそうな商品を見つけてはパクリ、それを認可なしに製造販売していたのでしょう。車のデザインも昔から、そういったパクリ・デザインが蔓延していました。玩具ですら、デザインはおろか、その挙動や構造まで参考にしているのが笑えます。

robo_03_20200402212106dbf.jpg

米国IDEAL社のRobot Commandoは、1961発売。それから4年後、1965年、Robot Commandoをパクった、今井科学から数種類の異なるバージョンが発売されています。オリジナルのRobot Commandoは、流石アメリカの玩具だけあって、高さ45cmという巨大でしたが、日本のプラモデルは、こじんまりと小さく、それでもビック・サンダーと銘打っていますw

otc18051618310001-p3.jpg

こちらが本家のパッケージデザインと本体です。デザインのみならず、配色まで、そのままってのは酷いものです。これが「日本の技術」の正体でしょうw 基本的に欧米の枯れた技術の修練的な、まずお手本ありきの製品開発。いつの時代も、後出しジャンケン。自らで市場を開拓できるような商品開発はできません。よく引き合いに出されるソニーのWALKMANですが、基本、テープレコーダーはドイツが発祥です。その枝葉の技術です。その程度なら小学生の私は、ソニーのWALKMANが現れる何年も前にステレオ対応のTC-50版の開発、製造をお願いして手紙を書いていましたw 得意のイラスト付きで!

photo_5.jpg

邦楽など、いつの時代もパクリまくりなのですからw 知らないのはオリジナル曲を知らない国内の消費者相手ですからw そして欧米から訴えられないのは、市場が、あまりに小さくので相手にもされていないという事ですw その証拠に、日本の曲が欧米で大ヒットできたのは、どれだけありますか?「スキヤキ」?もう良い加減して欲しいですねw アナログ時代、オーディオも栄華を誇りましたが、デジタル世代になり、アッと今に失速し多くのオーディオ関連企業が廃業していることでも判ります。



Sony らしさ Apple iPad 」10年前の記事でも書いていますが、お手本が無いと、このようなボタンだれけの無様な機器を平気で開発販売する日本の技術者達。そしてそれを許す馬鹿な首脳陣。これが日本の程度です。同じアメリカでもKindleも同様に無様ですがw それが専門企業と片手間に開発している企業の差でしょう。ただ、ソニーは一応、専門企業だと思いますが、そういった視点を首脳陣は持っていないのです。お手本がないとダメ!SONYだえではなく日本社会そのものの構造、そして教育水準です。

そして発音が滅茶苦茶なカタカナ英語が好きな政治家や知識人。同じ意味をカタカナ英語と日本語で重複して言うw 僕ちゃん、私は、そんな英語を知っているのですとでも言いたいの?日本人だろ?それほど欧米劣等感を持っているのか!そして最近、やたらと「正しく!」「これ」を連発する輩!馬鹿丸出し。とにかく知識人も司会者も語彙の少なさ丸出しで表現力が無い!それが今の日本の水準なのだと思う。程度低い...



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する