FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Apple macOS Catalina
catalina_01.jpg

これまで、OSをアップデートすることで発生する不具合を懸念し、最新バージョンにしないまま使用してきましたが、流石に、そろそろ、OSをアップデートする必要性が出てきました。実は、 Mac Pro 2019 への移行を予定していたのですが、もう少し先送りを考え、まだ、それほど必要性が無いので現状のmachineで最新のmacOS Catalinaにしました。32ビットアプリが動かなくなるなど、ありますが、この流れは止められないので対応する必要があるので仕方ありません。

catalina_02.jpg

当然、インストールするとなるとクリーン・インストールをしておいた方が後々、安心です。そこで現状をTime Machineでバックアップし、更に個別に必要なデータのバックアップを取っておいてから起動ストレージを初期化、フォーマットはAPFSを選択します。

macOS Catalinaのインストール用USBメモリを作成し、クリーンインストール今後のクリーンインストールに対応しておきます。USBメモリからmacOS Catalinaをクリーンインストールすれば約15分で済みます。ターミナルを使用してインストール用USBメモリを作成しておきます。こちらのサイトを参考にしました。

catalina_03.jpg

macOS Catalina 10.15.3配信開始されていました。いまのところ関係ない内容ですがw Pro Display XDR関連当のパフォーマンス改善だそうです。このバージョンは、macOS CatalinaをインストールしたMacのソフトウェア・アップデートからインストールできます。このように最新ハードに対応するのにソフト的に時間がかかるのは、これまで経験済みです。なので早々の話題作りの Youtuber とは違い、実践第一の立場としては、様子見なのです。

新しい、MacPro 2019 の最高構成の価格が高額と話題になっていますが、我が家の 「Mac][ 1987年」でも話題にしていますが、当時で、Macintosh II(1987年)、5498ドルでした。グラフィックカードは含まれません。1ドル、144.6375 円の時代です。ディスプレイもブラウン管のトリニトロン19インチが100万が当たり前の時代。

それを考えれば、現在の MacPro 2019 モデルは、高いですが、当時、使っていた、Apple LaserWriter(1985年)、6995ドルなど、Macintosh Portable(1989年)、7300ドルとかw IIから、アップグレードしたMacintosh IIfx(1990年)、1万2000ドルを思い出せば...って事です。まだ、新しい OS もハードも落ち着いていないでしょうから、私は、もう少し後で購入予定です。ちなみに1987年の頃からデュアル・ディスプレイで使用していました。

Macintosh IIfxには1ギガのハードディスクを内臓させたは良いけれど、電源部が弱く、起動するのに問題発生して、外部ハードディスクに変更した事を思い出した。当時は、今と比較してMacintosh関連は、とても高額商品でした。ソフト全般も高額でした。まだネット環境はなく、流注メディアは3.5インチのフロッピーディスクの時代です。

catalina_04.jpg

当然、クリーンインストールとなれば、この様に全てのソフトに対して最初からインストール作業が必要になります。更に、必要ならプラグインの設定までも... しかし、このクリーンインストールをしないと古い不要な設定やゴミを継承して問題を抱える事を避けるには必要な作業です。今は、特に仕事の間隙で、このように時間の余裕がある時じゃないと怖いです。

catalina_05.jpg

そして、いずれハードも買い替えとなれば、この作業を再度する事になりますが予行演習として良いのです。失敗は、ありませんが手順を一通りやれば次は、もっと素早く効率的に対処できます。

catalina_08.jpg

インストールするソフトは、他にも沢山あるので、とても手間と時間が必要です。新しい環境で問題がないかも今のうちに検証できます。そして問題があれば対処する方法も用意できます。

catalina_07.jpg

マイクロソフトのオフィース系と同様、アドビ関連もインストールしておかないと、いざという時に困ります。このような主要なソフトは全て欧米製品だという事実は大きいです。

catalina_09.jpg

仕事関連は、最初にインストールしますが、それ以外に難儀なのが音楽関連です。こちらも本体以上にプラグインが相当な数に及びます。そのサイトに再度、ダウンロードしてインストール作業をするのですからソッとします。

catalina_10.jpg

ここでも欧米と国内企業の差を感じさせられました。欧米企業では、専用のソフトで一括管理が可能です。100以上あるプラグインも再インストール作業は、殆ど自動に近いほど楽でした。ところが!例えば、ローランドの、このintegralなど、ドライバーは対応しているのに... LogicProX  では、どうしても表示されません。原因は不明です。ところが...

catalina_11.jpg

肝心のプラグインは、未対応で悲しい事に検討中とか書いてあります。これって、どうなの?見捨てるってことでしょうか?まだ使える機材なのに... この情報も殆ど出回っていないので原因を知るのに時間がかかりました。単に最新の OS に対応していないだけという愚かな原因でした。プラグインを無効にするか、手動でファイルを削除する必要があります。そうじゃないと Logic Pro X のプラグイン・マネージャーは、ずーと探してます。

ipad_01_20200206172700ffa.jpg

OS のアプデートとは関係ない iPad からの編集は、可能です。ただし、 OS を完全に入れ替えたのでルーターの再設定が必要になりました。

ipad_02_202002061727024f8.jpg

このように iPad から無線で音色切り替えも可能なので、それは便利。但、音楽ソフトからの呼び出しができないのは困った物です。早々に対応してもらいたいものです。ドライバーだけが対応していても、あまり意味がありません。

catalina_12.jpg

コルグはKORGで、古いプラグインではありますが再度、購入し、その時にクーポンを使って無料という面倒な作業を強いられます。その前に新しいサイトで新たに再登録も必要です。そして、そのダウンロードも一つずつ行う必要があります。

ar_01.jpg

例えば、Arturia Software Centerにより、このように多くのプラグインも一括で処理できています。ダウンロードもインストールも簡単に処理できています。この違いはなんですか?

ni_01_20200205175853846.jpg

Native Accessに至っては、大量の音源、プラグインのダウンロードからインストールまで、このソフトで一括処理しています。これを一つづつやっていたら気が遠くな作業です。ところがKORGは、全て一つづつ再度、購入作業をし、ダウンロードしてインストールし、認証など...

Legacy Collection-DIGITAL EDITION」ですが、これは2005年に購入していますので15年前ですw それでも未だにサポートしてくれているのは感謝なんですけれど... ただ、再登録など面倒な手順が多過ぎます。

catalina_13.jpg

とっても面倒です!欧米のプラグインは、勝手に全てアップデートできました!こういった所でも日本は劣っていると思わせられます。鍛えられていないから、こんな対応でも許されるのでしょうか?これではバンキング関連のシステムも脆弱なのは仕方ないかもしれません。とにかく鍛えられ方が違います。

catalina_14.jpg

使っているソフトやプラグインの殆どは欧米製品で普段は気にしないで済むところですが、このような事があると、日本企業の対応の甘さや鍛えられ方に疑問を持ちます。どの分野でも、この差は、常に感じさせられます。




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する