FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



How Tech is Eating the Brand World この様な時系列で観ると日本の衰退が理解できます。
Top-100-most-valuable-brands-v5.gif

How Tech is Eating the Brand World

今後、日本企業は、衰退する速度が早まる。
Ai の枝葉となる自動運転産業でも本質的には欧米に相当な遅れをとっているし、何より社会構造が、保守的で、変革に順応できていない。全てに後追い。

先見性のある人財が産まれ、育つ環境でもない。縁故関係の強さや世襲制の様な社会構造で真っ当な競争原理が働いていない市場にこそ問題がある。そして世界市場(アジアではなく欧米)に眼を向けていないのが致命的。

世界(欧米)で戦える人財が育っていない。育てない社会環境、教育にこそ大きな問題が有る。それは、今後も変革できないのは、既得権益集団が、牛耳っているので望めるべくもない。若者は欧米で自身の価値を見出すべきだ!





日本の価値観は間違いなく腐っている。
日本の学閥、学歴社会は欧米では通用しない。
大企業でさ、多くは、アジア市場相手に国際化と言っているだけで欧米では、昔のような存在感は無い事を理解すべき。

アナログ時代は、追いつけ!という道筋が有っての安易な成長が可能、それは今の、韓国、中国と同じ。それから先の指針を持てる人財育生が出来ていない。出来ないのは既得権益集団による管理体制に依っている。

それなら2019年の、世界的な企業トップ構成に何故、未だに日本は車産業しか残っていない?欧米では過酷な競争が行われ今は無きSun Microsystemsや sgi なども...

国内、国に守られている企業が欧米社会で勝ち抜けるだけの人財が居ないのは、競争にさらされていないからだ。そういった構造が、真綿で首を絞めるようにジワジワと日本経済を駄目にしている。それを認識出来ない大企業の首脳陣。

能力は高くても立場の弱い人財をないがしろにし自分たちの保身を優先している体質は昔から続いている。成長可能な段階では、それが許されていただけで現在、既に、その先を踏み出す時期を逃したのが笑える。それこそが日本人の限界。

ちなみに...
電気機器の製造を中心事業とする売り上げ上位10位は、日立製作所, SONY, パナソニック (松下電器), 東芝, 富士通, 三菱電機, キヤノン, 日本電気 (NEC), シャープ (台湾ホンハイ傘下), リコーとなりますが、世界では、どれほどの位置ですか?

アナログ時代、ナカミチ、赤井電機、山水電気、ケンウッド(その昔、トリオ)、日本ビクター、デノン(昔はデンオン)など、まだ多くの、かつて存在した日本の電気機器メーカーがありました。

デジタル世代になり、指針を完全に失った首脳陣。

映画、音楽、ドラマ業界では昔から、ほんの一部を省いて殆ど相手にされていません。これからは配信映像でも競争は激化するというのに... 既に熾烈な競争が... 日本は、完全にガラパゴス化しています。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する