FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



「人工知能」は終わる。これからは「拡張知能」の時代がやってくる:伊藤穰一
extended-intelligence-e1560589906365.jpg

シンギュラリティの呪縛に立ち向かおう。人工知能(AI)が世界を支配することはないのだ──。マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ所長・伊藤穰一による『WIRED』UK版への寄稿。

TEK IMAGE/SCIENCE PHOTO LIBRARY/GETTY IMAGES/WIRED UK

この記事を読んで...

まとめているつもりなのでしょう(大笑)

その程度の人財とは知っていましたがw この記事を、私のFacebookに書いたのが6月15日でした。それから数カ月後に何が露呈したか?ご存知の方は少ないと思います。この記事から、3ヶ月も経たない、2019年9月8日に、 マサチューセッツ工科大学(MIT)は7日、声明を出し、同大メディアラボの伊藤穣一所長(53)から同日、辞任の意向を伝えられたと発表した。その理由は...


Technological Singularityですか…ここでも横文字の羅列… 欧米の方が先行している証でもありますね。 Ai 彼は、時間、位置(空間)に拘束されない存在。

「新たな知性について語るとき、わたしたちは人間と機械の対立という図式から判断するのではなく、人間と機械を統合していくようなシステムを考えていくべきだ。ここではAIにとどまらず、さらに進んだ「拡張知能(extended intelligence:EIまたはXI)」という概念の話をしている。」

人類の限界は既に実証済み。「人間と機械を統合していくようなシステムを考えていくべきだ。」というより総合的融合体とでも言った方が正しいと思います。そして、それは必然。人類は人的欲に関して、どれだけ本質的に理解しているのでしょう?単純ではあっても際限のない欲。それを抑える方法を知らないのは歴史が証明しています。「陰陽」は、常に存在します。均衡を保てる構造が必要です。

「人類が抱えている問題の大半とは?」病気、老化、事故そしていずれ必ず訪れる死への恐れ。そして限りない欲からの支配。単純に淘汰があり、活(生)きる道を探すのです。

立場的に恵まれた環境にいらして、その程度の思考ですか…

それも無理からぬ事...
米MIT伊藤所長が辞任へ 性的虐待疑惑の富豪から資金

ニューヨーク=藤原学思 2019年9月8日11時10分

そもそもが、この程度です。
それを有難がって彼の記事を載せる WIRED.JP の程度も低いということでしょうか? 権威主義に弱いのもいい加減にしてほしい。

少女との乱交、不審な自殺とMITメディアラボ
2019年9月11日 6時14分
JBpress

ネット黎明期から知っているけれど…性根は、こんな人財です。それを見極められないというのが… 権威社会なのでしょう。御粗末。所詮、欧米の褌で偉そうに言っているだけで本にの素性とは、この程度です。 MIT の権威も地に落ちたものです。

他にも、いろいろネットで観ることができます。

「MITメディアラボの所長を務める伊藤穰一の新著『教養としてのテクノロジー』が、アマゾンのランキングで首位を独走している(「IT」部門1位、全体で30位)。ウェブ業界で最も影響力があるといわれる人物が、日本に対してメッセージを発する異色の書だ。」
なんてのが笑えます。 欧米の上澄みだけで中身が無い。日本人の敵は、こういった日本人でありながら日本人を食物にしている奴等です。

その一年前には、こんな記事を彼は、『WIRED』US版に投稿していました。

AIは未来を予測しない。いまを映す「鏡」である:伊藤穰一

人工知能(AI)が犯罪抑止のような用途で活用され、アルゴリズムを使えば客観的なリスク評価が可能だとされている。だがデータのバイアスを考慮すれば、「水晶玉」のように未来を予測することは困難ではないか。むしろ世のなかのひずみを映し出し、社会を批判的に見つめ直すための「鏡」なのではないか──。マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ所長・伊藤穰一による『WIRED』US版への寄稿。

これも読めば、如何に程度が低いか解ります。
自分のFacebookに4月17日付けで書いています。

これが専門家の考えですか?

平等とは?機会に満ちた?
元々、平等など有りえませんし何をもって平等と評価出来るのでしょ?

それは視点や発想の多様性が求められる世代です。アルゴリズムと言っても所詮、その範疇。少なくとも Ai の思考能力は、その程度では終わりません。その研究をしている人材の考えている内容とは到底思えませんw これまでの歴史的考察も含め、我々が教育で刷り込まれた価値観を一掃する可能性は全く考慮していません。

「ものごとの因果関係の理解に努めるべき」とありますが、御尤もです。ただ、これまでのような近視眼的な解析は Ai はしないと考えた方が正しいでしょう。更に予想をする為に Ai が活用される訳でもありません。その程度の話では済まないはずです。いずれ人類の監視下に収まるような存在ではなくなります。

人類史上、表、裏を含め情報全てを吸収、解析、自らが総合的に学習、自立した成長可能な存在。更には人類とも直接接続も実現されるのも間近でしょう。それなのに専門家が、この程度の認識?嘘でしょ?

マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ所長って、この程度の認識なんですか? 確かにインターネット黎明期でもイロイロ論じられていましたが、その立場いに居ながら、あらゆる意味で社会的に生かせなかった実績も御有りですねw

こんな時代に彼の話はチョクチョク拝見していましたがw

Ai 世代とは、そんな程度の話ではないでしょう?インターネット黎明期での予想より更に過激で劇的な展開になるのは必死です。そんな半端ではないでしょう... 渦中に居て、そんな程度の認識ですか?

その程度の御意見を有難がっている輩も、ちょっと情けない。いずれ... そうですね、25年後とは言いませんが歴史が証明します。間違いなく既得権益集団にとっては脅威の存在になります。

ここまでが、4月17日付けで書いた内容です。

伊藤穰一氏の投稿記事は、程度の低い見識としか言いようが無い内容です。それの寄稿を登用する 『WIRED』US版 の編集も程度が低いと言わざるを得ません。それもこれも、マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボ所長という肩書だからでしょうw


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する