FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Facial motion capture for iPhone X and iPad Pro
mocap_X_01.jpg

MocapXは、iPhone True Depthカメラの可能性を最大限に引き出し、Mayaにシームレスに顔モーションキャプチャのユニークな体験をもたらします。 MocapXを使用すると、iPhoneカメラを使用して、Mayaで直接キャラクターをリアルタイムで簡単にアニメーション化できます。 MocapXツールを使用して、カスタムまたはプロダクションリグを使います。

まずは、Maya にインストールしてみました。


mocap_X_02.jpg

MocapXツールを使用すると、カスタムまたはプロダクションリグを使用できます。このアプリでは、キーパッドとスライダーを使用してMayaの属性を制御することもできます。誰でも自分のリグで出力モーションキャプチャデータをテストできます。サンプルデータにはビデオも含まれているため、俳優のパフォーマンスを見ることができます。

mocap_X_03.jpg

顔のモーションキャプチャ機能には、iPhone X以降/ iPad Pro 3rd Gen以降が必要です。キーパッドを介したモーション制御は、すべてのデバイスで利用できます。Mac / Windows-Autodesk MayaとUSB / Wifi接続してある事が前提条件です。

詳しくは、MocapXへ行って、Downloadして試しましょう!

mocap_X_04.jpg

1)USB経由でiPhone / iPadをPCに接続するか、PCと同じWifiに接続します

2)iTunesを開く

3)iTunesで、デバイスを信頼するをクリックし、電話/ iPadでコンピューターを信頼するをクリックします

4)iPhone / iPadでAutodesk MayaとMocapXアプリを開く

5)Mayaでリアルタイムデバイスを作成し、USBまたはWifi(属性エディター)に切り替えます

6)Mayaで接続をクリックします。 MocapXアプリでは、接続状態が表示されます-ストリーミング

7)Maya MocapXシェルフでデモヘッドのアイコンをクリックします

8)Poselibエディターを開き、[自動接続]をクリックしてキャラクターのデータをプレビューします

mocap_X_05.jpg

iPhoneのフロントカメラは表情をキャプチャし、3D Mayaキャラクターに変換します。顔データをクリップとして記録および保存。キャプチャされた表情からのデータはコンピューターに保存されますユーザーは、スライダー、ジョイスティック、キーパッドでアニメーション化できます。 ユーザーは、瞬き、口を開け、笑顔などの52種類の表現を実行できます。時間を遡ってクリップを作成できます。

目の動きを記録できます。そしてMayaカスタムリグを使用できます。 カスタムリグはMayaのアニメーションに不可欠です又、3Dキャラクターのポーズを保存して、ユーザーの表現と一致させることができます。更に!ユーザーは2台のiPhoneを接続して、2人のキャラクターのパフォーマンスをリアルタイムでキャプチャできます。

内部課金がありますが、なかなか面白く、お手軽にアニメーション機能が使えます。仕事では殆ど使う事は、ありませんが、なかなか面白い技術です。機能をある程度知って使える事を確認しておくのは大切だと思います。








この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する