FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Reason 10.3 CX-A5100 最新ファームウェア(Ver.2.65)
reason_00_201904201933094db.jpg

Reason10既存ユーザーは無料でアップデートできます。Reason 10を起動するだけで10.3に自動更新されます。なので、ここでは敢えてリンクはしていません。Reason 10を起動すればアップデートの注意が現れます。

reason_01_201904201933107b9.jpg

現在、使用しているバージョンは 10.2.d1 でした。そして、起動させると...

reason_02_20190420193312dd1.jpg

アップデートの知らせがタイトルバー下にある最上部欄に知らせと、それぞれ選択できるボタンが並びます。

reason_03_20190420193313800.jpg

アップデートするには、ダウンロードボタンをクリックすれば勝手に始まります。こんな表示になるはずです。

reason_04_20190420193315fb9.jpg

再起動してアバウトを表示させるとアップデートされた事を確認できます。とても簡単な作業で終わるので助かります。

yamaha_00.jpg

ついでに、CX-A5100 最新ファームウェア(Ver.2.65)
公開日:2019年3月5日
ネットワーク経由でのファームウェア更新をします。

yamaha_08.jpg


更新内容
ラジオ局のデータベースサービスを「vTuner」から「airable.Radio」に変更
動作安定性向上

yamaha_01.jpg

現在が、Ver.2.60  2018年10月4日に公開されていました。

yamaha_02.jpg

通常のままだと、USB となっているので、STRAIGHTキー を押し、“NETWORK”表示に変更します。

yamaha_03.jpg

“NETWORK”表示に切り替わったら、INFO (WPS) キー を押すと更新を開始します。

yamaha_04.jpg

この後、アップデートが始まります。

yamaha_05.jpg

この作業、結構、時間が掛かります。電源は切らないでください。アンプ自ら、直接、ファームウェアのアップデートをしてくれるのですから良い時代になりました。これも25年前には望んでも無理でしたw 随分とネット環境も活用されるようになりました。

yamaha_06.jpg

これで無事、作業、完了。本当は、アンプはネットに接続されているのですが、勝手に自分でアップデートしてくれるとありがたいのですがw 勿論、アップデートが有る趣旨を表示し許諾を乞うまでは必要ですがw

yamaha_07.jpg

最後に、ファームウェアのバージョンアップを確認して作業を終了します。こういった一連の作業も一度設定したら後は自動化を望みたいところです。それと反響音の設定など、こんなプラグインなども設定可能になると嬉しいw 少々高価なのですが...



Altiverb 7 XL です。XL版は、5.1chまでのオーディオトラック、384kHzまでのサンプルレートに対応しています。このプラグインを経由させられると、もっと遊べると思いますw それにしても凄い時代になりました。





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する