FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Thomas Benner Adobe ACE Adobe Certification Exam Question Writer Adobe Education Leader and Community Professional
thomas_01.jpg

Facebookで知り合った、Adobe関連の人脈である Thomas Benner氏が、私の作品を紹介してくださいました。以前から紹介して頂いています。 Web でも作品は展示していますが、アメリカの教育関係者から、このように紹介して頂けるのは感謝です!日本国内では、全く忘れ去られていると思うから余計に、そのように思ってしまいますw ネットではメッシュグラデーションなど、pluginを使って有名な女優さんや人物を承諾なしに利用して写真ありきのAdobe Illustrator作品が氾濫していますがw こういった写真には肖像権や撮影したカメラマンさんにも承諾を受けてはいないでしょうね、きっと、だって趣味で描いているのだからw

thomas_02.jpg

Adobe Illustratorで描かれたバージョンを含む年代的背景、使える機能など、特に黎明期では重要な要素です。そして、その時代に先駆けて表現を開拓していたか?そこが重要なのです。既に楽器の奏法でも同様ですが新しい手法や表現を知って、それを真似るのは容易いものです。その時代に先駆けて新しい表現していたかが重要な視点です。誰も、まだやっていない!そこに踏み込むのが重要。出来ると判って踏み入れるのは誰でもできます。

thomas_03.jpg

Adobe Illustratorは、登場して30年以上の時が経過しています。私は、Adobe Illustrator Version1.0 全てはここから始まった!1987年から使い続けています。Adobeの国内、日本の社員より詳しいと思います。そして多くの協力を惜しまずに全く見返りなど受けず提供してきました。デジタル画材としての一翼を担えれば光栄だと思うからこそです。勿論、関連書籍では商売させていただきました。

そのサンプル・データが、これまでの私の作品群を構成しています。そんな作品ですが、データを読者の方に公開していたのですが近年、10年以上も経って、このような悪質な無断利用が跡を絶ちません。著者としては少しでも習得の助けになればと思った行為が、こういった商売に利用されるのは残念です。昔のデータにも関わらず未だに無断使用と言えども立派に商品として通用するという高い品質の作品という証明にもなっています。

盗用 Thieves! I found Without my permission to output my work and thesy business in ebay again.

facebook Adobe Illustrator」同じAdobeさんでも国内より欧米での扱いなど良い感じです。どうも日本人的には国内で有名?というより裕福な御曹司、お嬢様で関係者じゃないと広告塔にならないようですw 例えば、2010年5月28日に発売予定の「Adobe CREATIVE SUITE 5」では、こんな人材の稚拙な作品を使っていますw とても欧米では相手にされないでしょう?程度が低すぎます。ネタは、ひと目見てCharles Ormond Eames, Jrの「パワーズ・オブ・テン」のパクリ!恥ずかしくないのか?あまりにも幼稚です。皆、知らないと思っているのですかね?そうだとしたら消費する側を相当、馬鹿にしているようですね!Adobeさん!

しかも表現品質が今の時代に関わらず素晴らしい道具が有るにも関わらず非常に幼稚!良く日本Adobeは認めたものだ!バカでしょ?素晴らしいAdobeの製品を使っても、こんな程度しか作れませんって事ですか?恥ずかしい!でも、こういった有名?でも無能な人材が良いのでしょうねw 馬鹿な日本企業。そして日本人w 邦楽もドラマも世界、欧米には通用する訳がないですねw 仕事がProfessionalを育てるのですが肝心の仕事や消費する側がバカですからw



では、彼の作品とか何を残しているとか...ハッキリ言って意味不明でしょw 日本社会が異常なんでしょうw どれも欧米で評価されるような内容ではありません。国内での商売が中心です。どれも程度の低い仕事w お笑いです。それが日本品質なのでしょう。先進的だと言われていた考え方も実は、お粗末な事に欧米、海外から仕入れた受け売りな手法が殆どなのは今なら理解できるでしょ?いい加減、気が付きましょう!国内、企業も、昔ほど悠長な仕事をしていられるほど余裕は無くなっています。国内、広告関連の仕事は疲弊しています。そんな土壌では生きていけませんw 私は品質の数段高い対価の高い欧米、での競争に参戦しています。それだけの能力が私にはあるからです。それが、私の作成した作品群が盗用とは言え、それを立派に証明しています。

普通、一般書籍のサンプルでは、お絵かき程度の作例しか登場しないから市場では相手にもされません。Adobe Illustratorでチョウチョの絵など今では誰でも作成できます。その半面、私の作品は未だに、世界、欧米の一線で商品として売れる品質です。無断使用ですが見事に、それを証明してくれています。残念なのが、作者を明示しないどころか消して使用しているのが酷いですね。しかしデータを見れば一目瞭然です。他にも...

盗作 不正拡散 データ流出 Adobe Illustrator Vector
この様に、16年以上前に出版された書籍を今更紹介ですか?それは詭弁、自社の宣伝とかにも利用されています。どうも、勘違いしている輩が多いのが困ります。創るということに敬意が無いのは昔も今も同じです。仕事をしていても私などは未だにオペレーター扱いですw なので日本での仕事は差し控えています。少なくとも海外、欧米では、創作する側への敬意は日本、アジアより数段、意識が高いです。

そのような理由から未だに欧米では、私の作品を紹介してくださるかたが多いです。まず日本国内では皆無です。今では、3D作品など、音楽関連の方たちにも本場、英国で支持されています。日本では、こういったネタを実際に撮影しているにも関わらず紹介は全くしませんw 私が国内では全く無名だからでしょうw 少なくとも彼らより海外、欧米では名は知られているとは思いますがw

We Admire presents Yukio Miyamoto Promotional Video

私は、国内のコネで得られる仕事など昔からありません。これまでもコネを頼りにした事は元々コネ自体無いのでw となると地道にやるか、単純作業を強いられる仕事を我慢してやるか?とても芸術などと言うような行為ではありません。雑用に近い仕事が国内仕事の本質です。そして雇い主に言われた通り作業する。なので最近は欧米での仕事に移行しています。少なくとも達成感のある有意義な仕事そして国内より対価は良いですw しかも仕事の質は高いく自分を高められます。私は、これまで国内の大企業で外注など仕事をしていますが、どの企業での仕事内容は効率が非常に悪く、仕事の質が低かったです。

その割には自分たちは大企業に就職しているからか何様気取りの人達が多いのが大企業内人材。欧米では使い物にならない自覚は無いのでしょう!結果を出せる仕事の仕方が違います。これは、どの分野も同じ。鍛えられていない日本の悪しき習慣に染まった人材は欧米の厳しい世界では通用しません。波風をたてず表面的に皆と協調?して生きていくしかないのでしょう。それが日本社会の本質的欠陥。

Thank you again Thomas.

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する