FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Recording The Beatles - 2006
beatles_001.jpg

Recording The Beatles - 2006
1st Edition Book Kevin Ryan & Brian Kehew

The Studio Equipment and Techniques Used to Create Their Classic Albums



and The Beatles Stereo USB Limited Edition
226 × File, FLAC, Remastered, Stereo, 24-bit 44.1 kHz
226 × File, MP3, Remastered, Stereo, 320 kbps

Surprised! the price is higher than when it was released.

The Beatles [USB] [Limited Edition, Import, From UK] の話題は12年前の2006年。このブログに移行する前後に手に入れた、Recording The Beatlesなど、今では両方共に入手する為には、結構な金額に高騰しています。今後、更に、特に書籍に関しては内容的に貴重な内容だけに高価になるのは間違いなさそうです。アナログですから、そう簡単には複製も不可能です。




beatles_002.jpg

最近、手に入れた楽器、ROLI Seaboard RISE 49 MIDI Controller に置いてみました。この楽器も英国産です。音楽も楽器も奏法も殆ど多くが欧米から!録音手法というより機材からして欧米産が最初に開発され改良され新しい機材が生み出されています。音の入口マイクロフォンなど定番は殆どが欧米産です。

beatles_003.jpg

メディア、入れ物は所詮、保存するだけの器。肝心なのは中身。創り出される作品群。昔の機材や環境を考えると今の録音環境の素晴らしさよ!しかし...

The new music environment is making remarkable progress. But recent music can not feel charm. Is it because I am an old man? I do't think so...

The Japanese music environment has been bad from long ago. The studio design was also imitating the West. There is little trial and error of the recording method in Japan recording circumstances. Although it is an old studio, I have been working for a while, but this studio is imitating the design of Tom.

更に昔から日本の音楽産業、環境、消費する側の市場を含め、個人的には悲観的な感想しか持っていません。音楽創りの発想自体が猿真似です。それは昔も今も変わっていません。既に今では無き存在、六本木SONYスタジオなどは当時、信濃町SONYスタジオを設計したトムヒドレー氏の思想を真似て設計されています。

beatles_004.jpg

We Japanese do not build a society that cultivates ideas. Basically mimics are much easier than opening new grounds.

そもそも国内の社会構造自体、新しい発想を育む環境ではありません。その証拠に、下のリンクを御覧ください。

Global 500 2018
The world's most valuable brands of 2018


上のリンクを御覧いただければ、わかります。そのものズバリの社会構造が、そこに観ることができます。続くのは昔の電電公社だった  NTT 更に続く、日本企業は財閥、三菱。国に守られた企業です。これが真っ当な競争原理が働いている社会と言えますか?上位三社と比較すると、その差は歴然としています。そうそうサムスンも同族企業ですねw アジアは皆、そんな構造です。

beatles_005.jpg

国技の相撲やレスリング、ラグビー、ボクシング、最近では体操、そして再び相撲業界。自分が、そんな、ぬるま湯で現在の地位に居られるということ知らずに馬鹿な正義感を持って勘違いw そうやって徐々に古い体質が崩壊すれば良いのです。但し、それでマトモな次世代が登場できるとは思えません。基本的な教育自体、間違っていますからw そこを未だに社会的に認識できていません。

beatles_006.jpg

既得権益者が今の生ぬるい環境を自ら手放すとは、とても考えられません。判っている親、そして若者は欧米へ活路を見出すでしょう。今後、この国の経済を牽引できる基幹産業とは?そして、それを支える教育制度は?とても今の環境では無理です。短期、長期共に的確な道標を、この国の中枢に居る大人たちは見いだせていません。

beatles_007.jpg

こういった音楽文化の継承が、この国にはありません。嘘ばかり!茶番ばかり!邦楽界の、どの話が世界、欧米で受けいられる内容がありますか?どれも嘘っぱちw 猿真似! どれだけ録音芸術が育って来たか?こういった書籍や音楽史を冷静に分析すれば判る事です。「日本人だって!」って言うのは結構ですが自己満足では世界市場には通用しません。



こういった情報を、どれだけ理解しているのでしょう?世界、欧米では徹底的に分析、更に、その先を切り開こうと命をかけている人達が大勢います。市場は、そのような人材を、どの分野でも最高の待遇うで支援しようとしています。それでも日の目を観られない人材も存在します。世界に通用する人材は一握りの才能を持った人材だけです。その可能性を試すには国内では無理です。

s-l16000.jpg

こういった録音機材など、多重録音の土台を築いたのは欧米の音楽市場です。Professionalなスタジオ機材の基本は全て欧米産です。我々日本人は、それを追いつけ追い越せで真似てきただけです。「1967 SONY ES-22T 2-Track & Studer J37 4-track tape recorder (1964-1972) 」その当時の日本の技術を垣間見る事ができます。Studer J37 4-track tape recorder (1964–1972)は未だに高値で取引されています。

bb_05.jpg

当時から現在に至るまで音楽スタジオでのProfessionalな機器、日本産は稀でした。Video関連では!という人達もいらっしゃると思いますが時代を考えてくださいw そして現在の機材は?結局は追いつけ追い越せで追い越せなかったというのが実情です。それは何故か?発想力を鍛えない社会だからです。真っ当な競争原理が働かない社会だからです。

s-l160

機材にも歴史があります。こういった積み重ね、新しい発想と弛まぬ努力が時代を形成してきました。我々は日本人は、その上澄みを利用しただけです。今後は、どうすれば良いのか?それすら見いだせずに欧米の真似を未だに続けています。悲しいかな教育が未だに旧体質。英語すら道具に出来ない我々日本人。







この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する