FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



SENNHEISER AMBEO VR MIC, NEUMANN KU 100 dummy head and RODE NT 4、ZOOM F8N
b_r_01.jpg

SENNHEISER AMBEO VR MIC, NEUMANN KU 100 dummy head and RODE NT 4 pairs All microphones are tested by connecting phantom power. Notice that it is connected to Ambisoncs B. The connection between NEUMANN KU 100 dummy head and RODE NT 4 pairs is stereo connection. I am familiar with the connection method and confirmed operation on the iPad.

野外録音を想定しての録音テストをしてみました。野外では流石にスタンドを使用しないと、SENNHEISER AMBEO VR MIC, NEUMANN KU 100 dummy head などは手持ちでは無理w そこで、2つを、それほど影響しあわない程度の設定で音場を確認してみました。実際は現場で確認して調整が必要だと思いますが、良い感じで設置できそうです。

b_r_02.jpg

写真での撮影を意識して、この上下関係になりましたが実際はSENNHEISERを下方位置にすると思います。流石にNEUMANN KU 100 dummy head の音場は正確に再現されます。特に後方横からの音には驚かされます。伊達に高い機材ではありません。単に耳を正確に材質に拘って作成しMICを仕込んでも、これほどの音場再現は難しいです。

b_r_03.jpg

SENNHEISER AMBEO VR MIC, NEUMANN KU 100 dummy head 上下そして距離も現場や風などの影響を考慮して少しでも話して設置したいと思いますが。理想は2本のスタンドですが、やはり機動力を考えると少しでも重量は軽くしたいところです。それにしても、こういった取り合わせでも同時に録音できてしまうという贅沢w 素晴らしい!しかも更にRODE NT 4のペアマイクロフォンも使えてしまう!

b_r_04.jpg

SENNHEISER AMBEO VR MICは当然 Ambisoncs B接続としました。そしてペア、ステレオ録音が前提なのでバイノーラルやペアマイクロフォンではグルーピング設定にし少しでも現場での間違いを減らすよう作業を単純化します。これでバックとスタンド移動で場所を変更するの比較的、楽になります。自分で装着するタイプのAdphox バイノーラルマイク・イヤホン BME-200 も使いますが、やはり野外では長時間、装着して録音するのは厳しいw そして音場的には、やはり簡易タイプは、どうしても劣ります。

b_r_05.jpg

Scenes Lifelikeイヤホン、バイノーラル、ヘッドホン、iOS対応 も iPhone 用としてあります。こちらも、あくまで予備機材という位置づけです。 Monitorは、SENNHEISER HD800です。私は、車より、こういった機材に魅力を感じています。車は、単なる移動手段としてしか認識していません。やはり創造への投資のほうが自分らしいと心得ています。拘ればマイクロフォンもや野外用ではSENNHEISERのガンタイプ仕様も併用する事もあります。このマイクロフォンも定番ですねw

b_r_06.jpg

そういった他の機材も必要となる場合もありますから必要最小限の機材という構成です。音関係の仕事も海外では、曲がりなりにも仕事を請け負っていますので、それなりの機材は用意しています。例えば、Sound Devices 702 Portable, High-Resolution Audio Recorder など、8チャンネル・モデルもありますが無駄に高価だったりしますw 今までは平行してKORG MR-1000 を使っていました。常時、持っていたのは、SONY 32GB搭載 リニア PCM レコーダー PCM-D100 Hi-Res AUDIO でしたが現在は、それほど活躍の場は少ないですw

b_r_07.jpg

なにせ以前ならステレオ以上のトラックが必要となると EDIROL R-44 4-Channel Portable Recorder を使ったりしました。 Roland R-26 もスグレモノでしたが、こちらも出番は無くなったので売却しました。それ以上のトラックが必要な場合は、以前は、Roland R-88 8-CHANNEL RECORDER & MIXER を使っていました。

b_r_08.jpg

今では、 ZOOM F8N 一つで大凡の録音が出来てしまいます。しかも使い勝手が良い!デジタル機材は常に新しい製品に買い換えて新陳代謝をしないと駄目ですねw 良いとされる高価な機材を末永くという時代ではないようです。技術的に新しい方が優位です。そんな当然の理由で機材は常に入れ替わっています。

b_r_10.jpg

御覧のように操作表示画面では、SENNHEISER AMBEO VR MIC接続では Ambisoncs Bという様な設定まで用意されています。こういった仕様は新しい機材じゃないと対応していません。更にバイノーラル録音など当然、ステレオ2トラックが必要な場合は簡単にグループ設定が可能なのが嬉しいです。そして異なる録音方法を複数、同時に行えるのは、このセットならでは!しかも、これだけの大きさなのですから驚きです。

b_r_11.jpg

操作に関しても、iPad Pro を使って、これだけ大きな画面で操作出来るのです!古い機材だと、こういった使い方をするにはMIDIアダプターや他のアプリを別に購入し利用、更に使うために面倒な設定が必要になりますが、新しい機材では既に、そういった使い方を想定された設計になっているのです!こういった使い勝手を考えると最新機材が優位なのは言わずもがなw

b_r_12.jpg

録音モードと再生モードの表示の違いなどw 勿論、PHYSICAL・Controllerも別売でありますが、それを使うほどでもありません。 iPad アプリも無料で配布されています。そういった利便性を含め新しい機材は良く考えられています。Sennheiser AMBEO VR MIC AND EUMANN KU100 のリンク先にもありますように後処理用のプラグイン、AMBEO Orbitなど、昔と比較するとデジタル世代は進んでいます。常に情報を収集し新しい技術、表現方法を体得していくのは楽しいです。





















この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する