FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



AMBEO for VR ZOOM F8N
SENNZOOMCOM6_trim2.jpg

I got a Sennheiser AMBEO VR MIC so I changed the recording machine to a new product. To connect to Bluetooth to iPad you need to install the specified file. The latest system version is 1.10.

Until three years ago, I used Roland R-88 8-CHANNEL RECORDER & MIXER.

EDIROL R - 44 4 - Channel Portable Recorder can also be used for 4 track 4 channel, but it has already been sold. Digital equipment is constantly metabolizing.

こういった機材、昔ならSONY、TEAC の独壇場的な市場でしたが最近ではデジタル系楽器関連企業の台頭が目立ちます。これは良い兆候だと思っています。更には、「株式会社ズームは、オーディオ関連製品の名門企業であるゼンハイザーと、同社の「AMBEO for VR」パートナーシッププログラムに参加することで合意」という情報もあります。こういった流れは、どんどん起きて欲しいことです。


その半面。国内の音関係のプロは一切、私は信用していません。「Walkmanの源流」でも書いていますが、新宿御苑前にある STUDIO TAKEONE 沢田研二氏などを手がける録音ミキサー氏などw 昔から、そんな三流以下が活躍しているような業界です。音楽スタジオ関連、というか邦楽、邦画業界(こちらは黒沢監督の乱で多少、関係した事がある。)どうも才能も能力も無いのに勘違いした人材が多い既得権益集団関連の人材が多い!

zoom_000.jpg

さて、そんな、ZOOM F8N ですが、国内の価格は、¥145,800と判で押したような共通した流通価格になっています。旧機種である、ZOOM F8 MultiTrack Field Recorder は、だいぶこなれた価格帯になっていますが、それでも¥97,200ほどです。新機種になると国内、オークションでも、この価格で取引が成立しています。それほど需要が多いとは思えないのですがw 球数が少ないのか高価です。

zoom_00.jpg

ケチで貧乏な私は、そんな高価では手が出ませんw そこで発見したのが、このオークション。更に値引き交渉をして、御覧の金額までにしました。しかも送料は無料。と言うことは、国内で購入するより4万円も安く手に入れられたということです。当然、新品です。この金額、以外、掛かった費用は発生していません。何故、国産機材が、欧米のオークションで手に入れた方が安く手に入れられるのでしょう?日本人は完全に日本企業からも食い物にされているとしか言いようがありません。昔からダンピングは当たり前でしたけれど未だに同じという事です。

zoom_01.jpg

こちらも fedex による発送で、あっという間に届いています。御覧のようにシールされた新品です。初期不良の場合は保証はありませんが、No returns or exchanges, but item is covered by the eBay Money Back Guarantee となっています。なので、初期不良でも大丈夫です。確かに、A brand-new, unused, unopened, undamaged item in its original packagin という内容で安心でした。

zoom_02.jpg

確かに中身も未開封の状態でした。こういった日本製品では初期不良は殆ど無いほどの品質ですから安心です。なんと国内のオークションより2万円も安く手に入れられた事になります。とはいえ不良が発生する場合など面倒な折衝を含めたやり取りも場合によっては出来る覚悟は必要です。そういった自己責任も含めて楽しめるようでないと手を出すべきではないでしょうw 私は、そういった事は苦になりません。というより楽しみます。

zoom_03.jpg

間違いなく新品の香りですw 以前、使っていた Roland R-88 と比較すると随分、小型になっています。これは、驚きです。しかも最初から iPad との連携アプリも無料で用意されているのです!なので普通の使い勝手なら、その組み合わせで十分、対応出来るはずです。まずはメモリーと電池を入れて基本的動作確認をします。

zoom_07.jpg

【アップデート情報】 F8n System Version 1.10
マルチトラック・フィールドレコーダー『F8n』の最新ファームウェアが出ています。
・SDスロット1、SDスロット2のファイルを同時リネームする時に、一方のファイルがMono/Stereo WAVの場合にエラーとなる。
・PFLメニュー内“Input Level”の表記を“Trim”に変更。

詳しくは、F8nファームウェア・アップデートで御確認ください。そして肝心の iPad との連携です。これは少々、手間が掛かりました。何故なら機能拡張用ファイル Bluetooth Add-on を『F8n』本体に前もってインストールしておく必要があるからです。通常、この使用が普通なのだから最初に設定されていても良いのでは?不要な場合はシステム切り替えで切断できるほうが親切だと思う。

zoom_04.jpg

新品の工場出荷状態ではこの機能を使用することができないのです。使用するためには、ZOOM の Web サイトか ら機能拡張用ファイルをダウンロードし、本体にインストールする必要があります。この機能を利用する事で初めて、iOS 機器により iPad Pro を使って、リモートコントローラーとして、録音や停止、ミキサー設定の変更、メタデータ文字入力、時刻合わ せなどの操作を最大 10m離れて行うことができます。

機能拡張用ファイルを SD カードのルートディレクトリ にコピー

SD カードを SD1 スロットにセットして、インストール 画面が表示されるまで 「MENU」ボタンを押しながら、電源を ON

画像の様な状態になったら「Yes」を選択します。

zoom_06.jpg

これでやっとインストール完了。本体を再起動します。再起動したら iPad も起動します。

本体機器と iPad を、ペアリングする。

zoom_05.jpg

HOME 画面で 「MENU」ボタンを長押しする

Bluetooth 対応デバイスを識別する ためのパスワードが表示されます。

「Yes」を選択します。

iPad にインストールしてある「F8 Control」を起動し、パスワードを入力 する
ペアリングが完了すると「Connected」と表示され、 「MENU」ボタンが緑に点灯します。2回目以降の起動では、パスワードの入力は必要ありません。 通信を安定させるには、 と iOS 機器をできるだけ近づけてください。 こういった手順が必要になります。面倒なので初期設定で使えるようにすべきだと思います。英語ですが、こちらの動画が完結に説明されています。どうも日本人の動画は、説明が無駄に回りくどいのが多いです。そういった部分、意思決定など、なんでも遅い原因かと思います。



どうやら、日本、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ (EU) の電波法認証を取得しています。 上記以外の国や地域ではこの機能は使用できません。認証を受けていない国で使用すると罰則が科せられる可能性があります。 製品を出荷する国別に、インストール済みにすべきです。更に言うなら、ファームウェアのアップデートも、本体からネット接続可能にし SD カードなど介せず直接、簡単に出来るようにすべき。

システム設定での切り替えで、もっと簡単い使える様な仕様にすべきだと思うのですが... それ以外の国では素のままでは使えない事が絶対条件だったのでしょうか?ならば国別の切り替えとかで対応して欲しい!使う側に、この作業は要求して欲しくありません。今は、こういった動画を検索して観る事ができますが、やはり SD カードに入れてインストールするのは面倒です。ネットから直接出来る様にして欲しいものです。何故なら今の AV アンプでもネット直のファームウェア。アップデートが可能な時代なのですから!

zoom_08.jpg

さて、これで、SENNHEISER AMBEO VR MIC との連携使用の設定をすれば当初の目的を達成する事ができます。このマイクロフォンを接続していも尚且まだ4入力が残っているのは嬉しいです。しかも十数万円も安く購入できたのは努力の賜物ではないでしょうかw 機材は新品だったし全く問題はありません。良い買い物でした。やはり自腹で購入するなら、こういう方法になります。



専門学校や大学関係者は、その辺り、上手くやっているのでしょうねw それで学生に教えている内容の程度が低いw だいたい社会に出て活躍している?という現場のProfessionalと言われている人材は、欧米と比較すると程度が低いです。その程度で通用するのが国内基準。欧米、世界では相手になりません。これはドラマ品質でも言える事です。今後は、配信ドラマ系もオリジナル作品が主流になりそうな勢いで欧米では各社、しのぎを削っています。

例えば、『ゲーム・オブ・スローンズ』。そのサウンドデザイナーを務める Paula Fairfield さんが信頼を寄せる、ZOOMマルチトラックフィールドレコーダーの最新モデル『F8n』 という話など、実際に活躍出来る市場を考えてみてください。国内では、どれほど有りますか?その前に、国内、邦画からドラマなど糞でしょう?それに商売として成立出来るような対価が得られません。それが国内の現実です。どれだけ凄そうな事を語った所で活躍できる仕事が全てを語ります。仕事、現場がProfessionalを育てるのです。

国技の相撲やレスリング、ラグビー、ボクシング、最近では体操など、どの業界、国内は腐っています。そんな既得権益集団による構造で熾烈な競争が起きている世界、欧米で活躍出来るほどの才能、知識、発想力を持った人材が育つ理由がありません。その道の教える側も既に腐っているのですからw 教育構造そして続く、大人の社会構造、価値基準が腐っています。関係者は、卑怯にも自分の身に降りかかるのを恐れ三猿を決め込みます。

まだAmazonでは ZOOM F8 の、「n」ではない、古い機種しか出てきませんね!注意してください。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する