FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Movie Masterpiece - 1/6 Scale Vehicle: Back to the Future - DeLorean Time Machine
De_Lorean.jpg

長約72センチ、幅35センチ、全高約21センチという大迫力の1/6という大きさ!購入はしたものの未だに開封すらしていないw 詳しい製品内容は、こちらをご覧ください。2015年に記念すべき公開30周年を迎える『バック・トゥ・ザ・フューチャー』今年で33年目になりますw いやぁ〜年をとるのは当然ですねw 振り返ればあっという間に老人になってしまったようです。

JVC_01.jpg

そこで登場したビデオってのが、これ!「Back to the Future Turns 30 Today」のネタでブログに掲載しています。Victor GR-C1というビデオカメラ こちら、国立科学博物館の未来技術遺産に登録されたそうです。当のサイトでは以前、リンクしてあったのに切れています。ダサイ!

第00169号
VHSビデオムービー(GR-C1)―世界初のVHS-C方式VTR一体型ビデオカメラ―株式会社JVC ケンウッド 1983年として登録されているようです。しかしながら、「Victor GR-C1 国立科学博物館 未来技術遺産」で画像検索すると私のブログ写真が数多く出てきますw そのサイト、あまり利用されていないのでしょうw

JVC_02.jpg

この機材は実時間では使っていません。使っていたのはβの方です。資料として、こうやってセットを保持しています。国立科学博物館 未来技術遺産より丁重に確保していると思います。こうやって写真だけではなく実機が有るのですから!やはり、モノが無いと意味は無いのでは?

JVC_03.jpg

SONY BetaMovie BMC-100 のハードケースと並べてみました。ビクターの方は VHS-C というコンパクトなテープでアダプターを使って普通のVHS サイズのデッキでも再生できるような構造になっていますがSONYの方はβ規格のままなので互換性は完全に保たれていました。CameraとVideoの一体型では、 BMC-100 の方が完成度は高いと思います。
国立科学博物館の未来技術遺産では、第00160号として登録されています。

JVC_04.jpg

フルサイズのβテープを使用しているので本体の大きさは若干GR-C1より大きくなります。昔は、Videoを撮影するだけで結構な機材を用意しないと撮れませんでした。今は、iPhone で簡単!しかも高画質、高音質!恐れ入ります。

0back_to_01s_2018081719263280c.jpg

当時は、こんなCameraとVideoをバックパックとして背負っていました。33年前に行った LA ユニバーサル・スタジオでの写真です。この頃は何時でも何処でも行けると思っていましたが行動力が無くなりましたw この歳に米国へ移住する予定だったのですが!キチガイのお蔭で頓挫しています;; 信頼を裏切るのは絶対に許せません。特に高額な人生までも狂わせるほどの金銭が絡んでいれば!

JVC_05.jpg

これが未開封状態の、Movie Masterpiece - 1/6 Scale Vehicle: Back to the Future - DeLorean Time Machineです。最近の、この手の玩具って精密度も高いですが価格も相当なものですw 何万となると子供には簡単には手が出ません。大人でも十万以上だと少々躊躇しますよねw 需要と供給の関係で価格が決まるのでしょうけれど、それにしても驚かされます。

uni.jpg

これがユニバーサル・スタジオの袋ですw 未だに持っていました。当時のアトラクションには2010Space・Odysseyとかが有りました。この時代の歳に渡米していれば今とは全く異なった世界を観ることができたことでしょう。現実に、後ちょっとで当時のディズニーに入社を実現できたのです!とは言え、「もし」は在り得ません。今が有るのみですw 日本にもユニバーサル・スタジオができるとは当時は想像もしませんでした。

JVC_06.jpg

他にもハルクバスターも未開封のまま倉庫にあります。こちらも大きいのでw そして価格も高騰しているようですねw 覚書として、「ムービー・マスターピース バック・トゥ・ザ・フューチャー 1/6スケールビークル デロリアン・タイムマシン」を購入したのは確か、 ¥ 46,132 でした。 そして「ムービー・マスターピース アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン ハルクバスター 1/6」¥ 97,675 という購入価格。 直近では、最新の、ハルクバスター マーク2 「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」 ¥48,400 それが現在、高値になっています!

それにしても邦画、邦楽ともに進歩しないのが国内事情。と言うより、その業界も進歩どころか昔のままです。「卵が先か鶏が先か?」両方、腐ってい土壌では... 国技と呼ばれる相撲業界、実は八百長花盛り!そしてレスリングに始まり最近、露呈しているボクシング業界とかw この国は、国内でお山の大将ごっこをしているだけで世界、欧米で戦える人材は全く、育っていない!

現場、仕事が真のProfessionalを育てます。日本国内、匠とか職人とか言うけれど彼らの報酬って、どれほどの内容?そんなんで生計がたつのかな?霞を食っては生きてはいけません。相応の対価が必要です。それなのに二世、三世、世襲制や悪どい手法がまかり通る業界。

真っ当な競争原理が働かない社会は堕ちていくだけ。人材が育たない前に、そういった構造にならないければ優秀な人材さえ集まらない。相手にされない国。国税庁に努めていた知人が「まともな商売では儲からない!経済的に成功などできない!」と言っていたな...

まともと言っても学閥を含めた教育関連だって、とてもまともとは言えないのは日大ラグビーで露呈したように構造的に周知の事実ですw 「まとも」とは正攻法では無理ということです。何でも裏があります。昔から存在していた裏口など今更の話ではありません。それが日本の本音と建前という社会構造。

国内の一流どころは、世界、欧米では三流以下。相手にもされていない事実。日本のマイケル?欧米には本物が存在します。似非モノは相手にもされません。ゲテモノ以下扱いになります。教育制度も既に世界的な評価では堕ちていくばかり。未だに東大=優秀?バカだと思う。刷り込みの激しい日本人が多い。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する