FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ヤマハ 音楽部
yamaha_hb_01.jpg

ヤマハ主催なのに...

【もっと楽器・音楽を楽しむ!】
一度でいいから「Marshallの壁」を背にギターを弾いてみたい。。。そう、憧れのあのレジェンドたちのように。。。
ぜひ弾いてみませんか?!(o^v^)O

という流れ。これって完全にオッサン、爺相手の商法だよねw どちらかと言うと今は優れた機材があるので、この様にギターだけの音をキャビネットを何段にも重ねて音出しする世代じゃないよね? このような光景に憧れを持っているのは、比較的、昔の世代、ROCKが日本に浸透し、多くの欧米Bandが来日公演をしていた時代の話だと思うw

yamaha_hb_02.jpg

これだけ並べても演る曲目が殆どcopy曲でしょw なりきり!詳しい内容となると...

yamaha_hb_00.jpg

こんなのですw なんで、こんな自己満足な事を商売にしているのでしょうか?それが日本の水準って事でしょうねw 現実的にはw ヤマハなのにMarshallってのが、又、悲しいものがあります。

yamaha_hb_03.jpg

なので、こんな事を、思わず書いてしまいましたよw 消されるかも知れないので画面を残していますが、リンク先は、こちらです。

yamaha_hb_04.jpg

私のコメントのリンク先は「Global Music Report 2018」なのです。中尾 貴人氏は、「思い込んでるだけで海外遠征してるバンドは多い」と言っていますが現実に欧米での評価は、リンク先を観るまでもなく日本Bandは相手にもされていません。それを理解しない国内の人たちって、どうかしているw

yamaha_hb_05.jpg

なんでこうもオッサン年齢なのに若ぶって知ったかぶり子するのでしょうw しかも相手が年上と観ると上から目線で物を言うw 言っている内容が幼稚にも関わらずw 今の時代、何が必死こいてレコードを探し回る?昔は、それしか選択の余地が無いだけの話。ならば、今、これだけ多くの音楽を享受できるというのに邦楽ばかり聞いているのは?情けないというより終わっています。そしてリンク先にもあるように、中尾 貴人氏は料理人らしいw

yamaha_hb_06.jpg

彼のFacebookで友人が「40万のギブソンのアコギを買いました。」という書き込みに...
タカミネのエレアコ買わなきゃ(迫真 と返していたからです。

yamaha_hb_09.jpg

過去の事で今の状況は知らないと勝手に決めてかかるw 自分は、その世界すら知らないというのに!更に、コンテストに入賞経験も無いw 日本と欧米では市場規模が違う?これは馬鹿でしょw 土俵は同じ。何がMarketingの層ってw 支持される音楽とは?国境や時間に風化しない音楽とは?結局、何も問題意識が無いままに年取っているだけのバカモノ丸出し。

コルグがニンテンドーDSでって笑うw そんな話は、 DS-10 で10年も前に話しのネタにしている。その程度で知ったかぶり子ってのが既に、オッサン丸出し。そして少ない知識を引け散らかしても悲しいw しかも YMO のライディーンってのが日本人的な無知さ加減。でも当人、「俺って物知りで凄いだろ」って、思って書いたのでしょうねw

yamaha_hb_10.jpg

あまりに日本が変わっていないという現実を理解していないようなので...
Global 500 2017
The world's most valuable brands of 2017

そ紹介して、その実情を説明してみました。
これは邦楽や邦画界のみならず、どの分野も同じ。こういった現実に、日本社会の実態をみることが出来ます。真に世界市場で競争力のある企業とは?そして業界とは?既得権益に守られている人材では絶対に無理です。

そうそう例の裏口入学、あれも日常茶飯事に行われています。たまたま露呈してしまっただけです。それが日本の実態です。その学閥や教育制度の流れに日大ラグビーの様な事も普通に行われています。

そんな大学や教育制度は、日本社会を構成しているピラミッド構造を維持させるには必要社会価値観を植え付けています。それはすなわち既得権益集団にとって都合の良い価値基準だからです。それを利用しつつ自分たちは、その外で好き勝手な世界を構築しているだけです。

そういった社会を有難がっている我々一般人は馬鹿だと思います。なにせ未だに東大=優秀な人材と見事に刷り込まれている大人が一杯いるのですから(大笑)教育制度は錬金術です誰にでも出来る簡単なお仕事で大金を得られるのです。専門学校、他に許認可制度も根っこは同じw

守られている業界人は多く、それに逆らえば...という流れで一般人は、身近に、そういった事が発覚すると三猿に変身します。しかし最近ではネットや映像、動画、音声など一般人も携帯電話で簡単に記録できる時代です。そりゃ露呈しますよねw ドンドン、ちくれば良いw

yamaha_hb_11.jpg

創造に関しても国内、評価基準は低く、真っ当な競争原理は働いていません。そんな話をしていると、又、馬鹿な奴が湧いてくるのが日本の土壌なのかもw 栗山 龍 氏ですかw Facebookの彼のページ、自意識過剰、丸出しの写真ばかりw 好きな音楽などミーハー丸出しですなw

yamaha_hb_12.jpg

Overdubbing について!
7年前、Mr. Les Paul 生誕96周年 Doodle の時に既に、ご紹介済みですが、こういった歴史の継続性を知っているのでしょうか?ガキが若い連中はイロイロ知っていると自慢こいていますが、今の音楽ソフトは、全てアナログ時代に培った方法を基本としています。それを理解しているとは思えません。しかも、そういったソフトは欧米産。勘違いしているバカが多い。

だから大海を知らない日本人は嫌いです。井の中の蛙。ガラパゴって居るだけの若者=馬鹿者 でも、その実は既にオッサン化して、自分自身が老害になっている事を理解できていない。老害とは?自分が肉体的ではなく精神的、発想的に老いたのに気づかず(気をとめず)、まわりの若手の活躍や視点などを妨げて生ずる害悪。だろう?単に肉体的に歳をとっているのは老害には当たらない!バカは年齢に関係なく存在しているという事だ!

あのSSL 9000kアナログミキシングコンソールが再現されているソフト、Reason 10 Upgrade だって、約10年前 Propellerhead Record の頃から使っている。そんな流れも知らない奴らなんだろうなw 今は存在していない、CBS / SONY 六本木スタジオ や、信濃町スタジオはニーブの卓。信濃町スタジオは、トムヒドレー氏による設計。六本木スタジオは、それを真似た。結局、当時から欧米からの情報で成り立っていた業界なんだよねw

今は、良い時代だよ。昔とは比較にならないほど恵まれている。「BeatMaker ビートメーカー App KORG DS-10」なども興味深い!それも10年前。でも、今の若者たち、世界で通用するほどの曲は創れないよねw 未だに欧米の真似ばかり。それが日本の実態だと思う。それもこれも要求される市場が違いすぎるのは昔と同じって事を未だに理解っていない!

音楽関連 Logic Pro X INTEGRA-7 Editor Ver.2.0.3 for Mac

昔から、そんな業界だから趣味で遊んでいた方が良い。未だに状況は変わっていないどころか悪化しているだろw なにせ、AKB48のグッドデザイン賞候補にネット界「?」ってのが、8年前のブログにあるけれどw 日本って、そんな国な訳です。








この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する