FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



CX-A5100 最新ファームウェア(Ver.2.58)
9802_11.png

ファームウェア Ver.2.11 が、2017年12月14日に公開されていました。

その前、Ver.2.04は、公開日:2017年1月5日でした。

ファームウェア(Ver.2.04)は、2017年1月5日でした。

バージョンアップの方法は、それぞれのリンク先を参照してください。

公開日:2018年6月14日

更新内容:動作安定性向上

対象:CX-A5100
※ファームウェアバージョンがVer.2.58より前の製品





CX_00.jpg

CX-A5100 最新ファームウェア(Ver.2.58)で詳しく内容を確認してください。

更新内容: 動作安定性向上
って事らしいですw 安定するには良い事ですが、それだけ?
Dolby Vision™(ドルビービジョン)Hybrid Log-Gamma(ハイブリッドログガンマ)伝送対応

CX_01.jpg

現状は、この状態です。ネット接続はされているので、そのままネットでのアップデートを敢行しました。できれば、こういった作業、ネットに常時接続されている環境なら全て自動で、インストールの承諾だけユーザーに仰ぐだけで、セットアップしてくれると嬉しい!そして音場で効果的なメニューも増えると楽しいのですがw

CX_02.jpg

USB となっているので、STRAIGHTキー を押し、“NETWORK”表示に変更します。

CX_03.jpg

“NETWORK”表示に切り替わったら、INFO (WPS) キー を押すと更新を開始します。

CX_04.jpg

この作業、結構、時間が掛かります。電源が切られないよう家族に言っておいた方が安心です。この状態で電源を切られるのは困ります。こういった作業が、アンプ自ら、直接、ファームウェアのアップデートをしてくれるのですから良い時代になりました。

CX_05.jpg

この状態になれば電源を切れます。ネット配信の多くがDolby AtmosなどのSURROUNDに対応してくれると嬉しいのですがw まだ、それには、もう少し時間が掛かりそうです。設置した各スピーカーの距離と方角、プレゼンススピーカーの高さを自動計測し音場を立体的に補正する「YPAO 3D測定」、64bit演算後に32bitでDACに転送しノイズを調整する「YPAO High Precision EQ」によって、サラウンド再生環境を最適化してくれるのですから素晴らしいです。後で手動で個々のパラメータを変更も可能です。

CX_06.jpg

最後に、ファームウェアのバージョンアップを確認して作業を終了します。11.2ch AVプリアンプ仕様なので映画は是非、Atmos/DTS:X対応 で視聴したいものです。より音質に拘るのも良いのですが設定が面倒になるのは嫌ですからw この辺りで容赦しています。というより満足しています。

714.png

11chパワーアンプ「MX-A5000」との組み合わせで使用しているので、5.1.2ch、5.1.4ch、7.1.2ch、7.1.4chの4種類のスピーカー構成に対応させられます。Yamaha Parametric Room Acoustic Optimizerにより部屋固有の初期反射音を積極的に制御して視聴環境を最適化する「YPAO-R.S.C.*」、その計測結果に基づいて再生時の周波数特性が音量に応じて聴感上フラットになるようにコントロールする「YPAO Volume」、設置した各スピーカーの距離と方角、プレゼンススピーカーの高さを自動計測することで音場空間を立体的に補正する「YPAO 3D測定」を含む総合的な測定・補正プロセスによって、ハイトスピーカーの位置や仕様、室内環境によってサラウンド効果が影響を受けやすいDolby Atmos®やDTS:X™の仕様を、部屋の様々な音響状態を補正し適切に再生するようですw

最新フォーマットとなる「DOLBY ATMOS」は、オーバーヘッド(天井)スピーカーを加えることで、より立体感のある空間表現を可能にしています。これは昔、冨田勲氏がピラミッド・サウンドで実験された天井の真ん中を頂点としたスピーカー配置より更に高度な表現が可能になっています。そしてDIGITAL・ミックス機器やソフトにより音場の設定が、より正確に、感覚的に設定できるようになりました。



映画のみならず音楽でも、こういった音場の構築は、今後、要求されるようになるでしょう。昔からPink Floydでのライブでは、こういった環境を目指していました。当時は、機材や環境で実現するのは困難でしたが、こういった規格と機材、技術が充実してくると更に、表現が鍛えられていく事でしょう!それも、これも牽引するのはソフト、音楽だったりするわけです。となれば邦楽では無理!やはり、この業界も映画も含め、欧米主導という事です。例え、 NHK が、余剰金 使途不明 な徴収した公金を横領?しているかもしれませんがw  NHK放送技術研究所 22.2チャンネル などを研究する意味が有るのでしょうか?



欧米では、既に、このように実践的に導入されているという現実を理解しているのでしょうか? 私には、NHK放送技術研究所のやっている事は単なる、おたくの遊びとしかうつりません。だいたい身が無いでしょ? NHK放送技術研究所による22.2マルチチャネル音響システム など、自己満足としか思えません。何故なら、このリンク先にもありますように、A&V FESTA 2006レポートです。既に12年もの歳月が流れているのに成果は有りますか?




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する