♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



日本の大人と呼ばれる年代の人達、相当、刷り込みが激しい様だ。


日本の大人と呼ばれる年代の人達、相当、刷り込みが激しい様だ。そしてバカが多い。自分に降りかかる恐れがあれば保身の為、三猿を決め込む程度なのに… 故に国技(とても国技とは言えない)の相撲業界の惨憺たる内情といい、最近では日本大学ラグビー部での茶番劇。大人のする事、言い訳とは思えない。そういった土壌を許してきた歴史が有るからでしょ?特に、スポーツ系は昔から酷く、この国は先輩、後輩の扱い差別は酷いものがある。それを毎度、凝りもせず繰り返して、バカだと思う、我々日本人。

最高学府、大学業界で、吐露された教育機関と社会、企業の裏契約とも言える癒着、裏事情までも炙り出している。しかも当たり前の様に脅し、恫喝がまかり通っている社会。今日有った、日大学の大塚吉兵衛 学長、記者会見の中身のない事w しかし、これこれが日本の本質でしょw 当事者になった選手は否応なく絶対服従させれている訳だw 明るみになったから再発防止など、ほざいているけれど、これが現実に行われていた。知っていても不祥事として糾弾されていないので放置していただけ。

謝罪会見というが中身が無いだけで済むわけがない!最高責任者であるのだから!権威を持って、その職に座しているのには、それなりの理由がり、故に高い対価を得られている訳だ!ならば、その責任を全うできないようであれば退職金から年金、はたまた在職中の仕事率をも第三者機関により厳しく査定し全て没収するほどの罰則を与えなければ繰り返すの当然。子供でも判る事。それを大人達は又もや黙って放置するという社会構造。

これって北朝鮮の拉致問題も同様、これまで放置して、何、今更、この期に及んで抱き合わせで主張しようとしているのだろう?もっと早い段階で「日本国」として単独で毅然とした対応を出来なかった歴代政権な訳です。その腐った根っ子は同じ。片やアメリカは、北朝鮮に拘束されたアメリカ人の解放を保証させて確実に解放させている。日本人拉致被害者は? 外交術も当然、駄目な我が国、日本。結果が全てを物語っている。それを許してきたのも我々国民の側にも責任が有るのです。そう皆、三猿を決め込んでいる。

戦時中、後方の安全地帯で、えばり腐っていた奴らが戦後、ドサクサに紛れ一般人を食い物にし、権力を手にした手法を幾度と繰り返している。後方で偉そうに若者を戦地に送り込んでいる軍部の長老共は、苦痛、肉体的、精神的被害とは無縁だ。どの国も基本、若者を食い物にしている大人社会、男社会が有る事を肝に銘じた方が良い。そういった牙城を築く為の教育機関であり教育制度なのだから!それが戦時下では国策に変わったというだけの話。

大学関係者は周知の事実を隠蔽し三猿を決め込んで保身だけを考えているだけ。大学から就職への橋渡しでも同様なことが裏で行われてる訳で、こういった社会構造を見直せない限りまた、同じ事を繰り返すのが我々、愚民、日本人ってところでしょう。どの業界も同じ。卑怯な大人で一杯!自分さえ安泰なら他はどうでも良いという三猿が蔓延している。皆、自分の身に降りかかれば三猿になる。

このように絶対服従という運動部の機運って軍隊に通じるところがあるので企業としても、こういったバカな人材は管理しやすい。そのため企業と大学側はつるんで、そういった人材を選別している。決して優秀だからではなく、企業側は、命令すれば人殺しでも厭わないほどの人材が欲しいだけ。そして仕事(安定した生活)を餌に生涯、そういった人材を飼い殺す。それが日本国内の構造。

問題が発覚すれば、それこそトカゲの尻尾切りの如く社会から抹殺すれば済む。社会に出れば社会人として自己責任が問われる訳だw そういった境遇の一般人とは異なる人材が既得権益集団の御曹司から選ばれる。決して優秀なわけでもなく能力も有るわけでもない。もっと言えば、そこに産まれただけ、但し血筋が繋がっている事が重要なわけです。

日本の大学は形ばかりで世界的な競争力をもった人材を育成できる環境ではない。まあ、前述のように大学というより社会的にも、そういった真に優秀な人材は育てられない。既に、それを理解している既得権益集団は、我が子だけはという利己的な考えで国内は放置し、国外へ目を向けている。そんな末期的な状況を未だに理解しようとしない刷り込みの激しい国内の大人たちも沢山居る。古い社会的な価値観を刷り込まれてw

まあ、昔から聴いている音楽が、それを象徴しているけれどね(大笑)それしか知らないというのが悲しい現実。 日本のMICHAELとか、日本のEric Claptonなどw 所詮、本物の前では単なる模造品。しかも、そういった表現で既に自己否定されている。完全に欧米劣等感の現れ。それは決して褒め言葉ではありません。全く自分の表現は認められていないと考えるべきです。欧米には本物が居るのです。ガラパゴって日本国内で気勢を上げて意味ありますか?それでは、世界、欧米が相手にするわけがない!

それでも彼らは、幸せだと思っているのだから、放置するしかなさそう...しかし現実を直視出来ないのなら本物を知ることなど、できるわけがない!所詮、ものまねという扱いになります。開拓者精神、新しい発見、発想、視点、独創性。それが重んじられる社会にならなければ、この国の再建は有り得ないと考えるべきです。今の社会環境、価値基準、教育では絶望的です。

青い薬、それとも赤い薬?貴方は、どちらを選ぶ?それだけの勇気と心構え、覚悟、知恵と視点を持っているのか?

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する