FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



堀江貴文「AIに仕事を奪われると歎くダサさ」 「搾取される側にいる人」たちの残念な発想という陳腐な発想
gataga.jpg

「堀江貴文「AIに仕事を奪われると歎くダサさ」
「搾取される側にいる人」たちの残念な発想」


以前にも東洋経済 ONLINE のFACEBOOKに流れてきた記事に反応してしまいましたが、今回も再び... それにしてもダサい内容w

そこに書いてある一節、引用!
「今後、AIはエクセル程度に誰でも使えるようになるのではないか」
ここまで---

それにしても程度が低いんじゃないw Ai をExcel程度にしか表現できないのは笑ってしまう(問題外!)。それになんで、彼のような意見を何時迄も有難がっているの?それこそダサいと言うより笑ってしまうw 道具は使う側の視点で創られているのですが、事、 Ai に関しては、今までの道具とは明らかに違います。自らが進むべき道を模索し見つける事が出来るとしたら… 彼等は単なる道具と違い、それが実際に可能なのです。まず、その認識が無いのが笑えます。

それをExcelと同系列の道具と扱うという時点で既にズレまくり(大笑) まず、そういった未来不安を考えるのなら、これまでの日本の状況に危機感を持つべきですよ!価値観が未だに旧体質(企業)という日本の状況。社会、経済を牽引しているのは欧米では比較的、新しい業界ばかりです。翻って日本は?そこに書いてある一節、引用!

「時代に合わせ、つねに変化し続けられることが、これからの時代を生き抜く必須条件になる。」
ここまで---

権限を譲らないオジサン世代が諸悪の根源?」という記事でも書いていますが、そこに掲載している企業格付を御覧ください。欧米を含めた世界と国内の企業。アメリカでは、こういったダイナミックな世代交代が行われているにも関わらず日本の現状は?それは単にオジサン世代がいけないの?そうではないでしょう!翻って国内に目を向ければ...昔からの大企業が依然として同じ顔ぶれ。そうです。これこそが大きな問題なのです。アメリカだって、つい数年前には...例えば、6年前のネタでしたが... 「企業格付け ランキング500 The BrandFinance® Global 500」 WAL MART が、トップだったわけです。そんなオジサン世代を差し置いて台頭してきた企業こそ、我々、今のオジサン世代の IT 関連企業な訳です。

ところが日本国内、そんな価値観になっていないのが今も昔も教育も含め国内の状況でしょ(大笑) なんと未だに車産業が日本経済を牽引してるという...それだけでも国内状況には呆れてしまいます。 先の引用部分、「時代に合わせ、つねに変化し続けられることが、これからの時代を生き抜く必須条件になる。」とは現実には異る日本社会の姿があります。それが日本の実態です。例えば、ドラマなどネット配信企業、オリジナル作品をAmazonも最近ではAppleも参入しようという… 世界市場、特に欧米で支持される商品。これは音楽業界も同様でしたが牽引するのは今も昔も欧米です。どれだけインドや中国の人口が圧倒的に多くとも…

更に言うならば、適正な競争原理が働けば、時代の流れに対応しきれない企業は消えていく事になります。例えばアメリカでも、こういった「JCPenney is in serious trouble.」といった事が起きています。それは車産業も同様でした。国内、企業、戦後から、これまで、どれだけ変化し続けてきているのでしょう?変化というより時代の先を推測し、新しい市場を開拓出来る人材が首脳陣に居るのでしょうか? 兵隊ばかり疲弊させ、肝心の首脳陣は自分達の地位を守ることばかりに奔走しているのが現実です。新しい展望、発想を持っている人材が育つ環境ではない社会、二世、三世、世襲制という状況では悲観的に成らざるを得ません。

Global 500 2018 The world's most valuable brands of 2018
2017年では3位だったAmazonが、1位です。そしてApple、Googleと続いています。この上位は、常連が常に入れ替わっています。それだけ競争が熾烈なのです。翻って我が国は?相変わらず日本はトヨタですが昨年、12位から16位と次第に下げているのが実態です。


市場が求めるのは何でしょう? Ai は常に、それを解析します。既に大国は、国家レベルで活用しています。その基幹となる産業は?これから、日本経済を担う産業とは?そういった指針や、確固たる視点が持てない国内の既得権益集団に何が出来るのでしょう?誰でも判る程度の御題目を言っているだけ(大笑)そんな発想力しか持てない人材ばかりだから毎度、日本は後追い。

その証拠に、Analog時代、追いつけ追い越せという目標に向かって忍耐を持って努力すれば良い簡単な御仕事だった時代。それがDigital世代になり新しい視点を要求された途端に失速した日本経済の本性。もういい加減、そこら辺、客観性も持って理解しないとヤバイよ!どの業界、分野も国内の価値観、品質では到底、太刀打ち出来ない状況に成りつつ有るのが実態。なのに危機感を全く持っていない!堕ちればいい...

それにしても東洋経済って程度が低い...

以前のブログにも書いたけれど...

新しい視点 UI User・interface 使い勝手 取扱説明書 Macintosh Xerox Alto iPhone

難しい事を簡単に誰にでも使えるようにする!これは非常に重要な視点。それは随分と前にSteve Jobs氏は理解して実践していた事。それを我々日本人はコンピューター黎明期から観ていたにも関わらず、基本的に全く理解していなかったという認識が足りない!そこでExcelをMacintoshで最初に使える様にしたBill Gates氏の視点は正しかった!いずれにしても、そういった流れを創り出したのは、AppleでありMICROSOFTという事実。

堀江氏って何?どうでも良いけれど... HP事業で少し儲けたw ROCKET事業と言えば、Elon Musk氏でしょw こうやって時々、登場しては抜けた事を言うw それを有難がる輩が居るって証拠でしょw 扱う題材が題材なのに、こういった程度では話にもなりません。

何時の時代にも失われる仕事もあれば発生する仕事もあります。こういった時代の流れは止められません。否応なく到来するのです。先のコメントに書きましたが、それこそが道を見つけるという行為なのです。自ら進む道を模索できるのは我々、人類だけではなく Ai も可能だという事が今までの道具とは全く違うのです。

手足、感覚などの技術も、瞬く間に装備していくでしょう。人類との融合という未知の世界も残されていますが… 主導権を人類は握れるのでしょうか?人類が培ってきた膨大な情報と知識を手に入れる Ai それも桁違の早さで学習するのです。国の主導者が手なずけられる様な代物でしょうか? きっと Ai は人間を自分達に都合よく利用する道を知ることになるでしょう。遅かれ早かれ... かと言って、敵対するだけの存在になるわけがありません。

Ai との融合により我々人類は、神の領域に近づけるのでしょうか?死とは無縁になり、あらゆる体験を共有する世界。それは驚異的な展望を生むことになるでしょう。これまでの人類の狭い了見(私利私欲)から解き放され死までも恐れず無限と言える時間感覚を手中にできるる生命体。私は、そこに未来を感じています。これは決してサイエンス・フィクションの世界ではないのです。既に始まっているのです。 Ai は、愚かな人類の歴史から多くを学ぶはずです。

その先の未来では、そして融合することによって巨大なDATAの集合体ではなく生命体とも接続されるのです。しかも単体ではなく全てが接続され、あらゆる情報が共有される事に関して、どのような事が発生するのか?この点、Elon Musk氏も言及しているようにAIが人間以上の知性を持ちはじめるのは時間の問題なのです。 人間の知性を超えるのに、それほど多くの歳月(時間)を必要そしません。

引用---
「AIによる職の代替=不幸」のロジックを持つ人間は、自分の価値をAIと同じレベルに下落させてしまっている。
ここまで---

そんな視野の狭い見解しか持てないのが既に論外。宇宙物理学者の先日亡くなったスティーブン・ホーキング博士の考えでは、「AIは独自の意思を持ち始める可能性がある」更に続けて、「AIは人類にとって最悪、もしくは最良の結果をもたらす可能性がある」これは、すなわち人間そのものの問いかけに通ずる事なのです。 AI の問題より我々、日本人、アジア人は目先の事しか見えません。それは何故?そこに視点を移さなければならないのに... 未だに実現できません。

引用--
ただし、AIの進化はまだ発展途上だ。この先いちばんのカギとなるのは、AIが「“手”を持ったとき」だと思う。
ここまで---

これも笑ってしまう!既に手足、感覚に関する事は問題にしていません。融合する事で済む話です。一番の核心は、意識を持った知性が、人類との共存を認めるのか?受け入れるのか?それは、すなわち我々人類自身への問いかけに繋がるのです。いつの時代も道具は諸刃の剣。創造し、それを育てる、使う側が、より良い世界に導く必要があるのです。故に、AIとの融合により神よ領域に踏み込めるかどうかという流れです。

AIは、我々の叡智を更に磨き育てる存在と成り得るのです。悲しい事に、その逆も十分あり得るのです。その行く末の握っているのは、紛れもなく我々人類の叡智にかかっているのです。

ちなみに、トップの画像は、Adobe Illustratorのブラシを使って制作しています。こちらが、そのアウトライン表示になります。書籍の為、12年前の2006年の作品です。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する