♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Synthesizer に限らず殆ど多くの技術の発祥元は欧米から...
13139265_10154180019249553_5037855121903741343_n.png

時代に風化せず、未だに残っているシンセサイザーの使われている音楽など... 特に国内のみというより世界的に知られているとなると邦楽はどうなの?時の流れに風化せず国を越え愛聴されるという意味。けっこう古くから様々な曲にシンセサイザーの音色は使われています。

そして、こういった先駆者は、必ず欧米の人材から生まれます。開拓していきます。当然、それを使いこなそうとする人材もしかり。moog、ARP、EMS、Oberheim など特に欧米が発祥!ドイツ、Siemens AG のSiemens synthesizerなどが有名。いずれにしても1950年代。


 rca_01.jpg

RCA Mark II Sound Synthesizer ニックネームがVictorというマシンが、有名です。RCAのHerbert BelarとHarry Olsonによって設計されたこのシステムは、1957年にコロンビア大学に設置されました。ロックフェラー財団からの大きな資金援助を受けたそうです。こういった所も日本企業の姿勢とは違いがあります。まだ存在(社会的に認知されていない)しない機器に対して資金援助をするという...

ちなみにSynthesizer製品と言えば日本では、Roland など有名ですが創業は、1972年です。既に15年もの差がありますw なんですか?電子楽器ならエレクトーンが有るだろうってw オルカンですねw これはこれで更に昔に遡ります。その業界でも当然、牽引役は欧米です。電気楽器の一種、というか先駆けの電子ORGAN?といえば!Hammond Organの発祥は、1934年になります。

それを真似た国内、電子オルガン、YAMAHAのエレクトーンや、それ以前の日本電気そして、ここでも何故か登場するNHK放送技術研究所との共同開発されたというD-1、わずかに先行して登場した日本ビクターのビクトロンEO-4420型は、1958年という時代考証。ここでも24年の開きがあります。尚、初代ビクトロンは、時代的に真空管が使わていました。

これで如何に日本国内はガラパゴっているか判ります。ある意味、洗脳されているw ロータリー・エンジンはマツダが発明したのではありませんよ(笑)日本の技術って殆どが、そんな程度です。元を辿ると... 欧米の発明技術が必ず存在する。シンセもアナログからDigitalへの移行でも牽引役は相変わらず欧米でした。まず我々は、その道標を頼りに進むというのが当たり前と考えているのが実態なのです。

Rolandさん、アナログ・シンセなど今の時代に復活させていましたねw どれほど需要が有るかは判りませんが... 「Roland Expands System-500 Analog Modular Synthesizer Series」そうそうRolandで思い出したのが System 100M 「u-heが開発したFM/PDモジュラー・シンセ「BeatZille」」で、紹介していますが、このようなPLUGINが無料で使える時代です。モジュラー・シンセ System 100Mは、コンテストの賞品として頂きましたw 音楽のみならず学生時代から多くのコンテストで受賞経験はありますが... どの分野も独学です。

31939764_1914176461949229_8553785329738317824_n.jpg

楽器もさることながら音楽がやっぱり象徴的、この今の現状を観ても国内、相変わらずガラパゴっているのが良く判る。何故、もっと多くの音楽に接する事が出来ない無いの?歌詞有りき?日本語じゃないと駄目?音を楽しむって事... 殆ど、音楽も映画もドラマも日本産には興味を持っていないのは昔からだから関係ないけれど... と、この記事をみると、そう感じてしまいます。

普段から聞いている接している音楽が...やはり日本の水... そんな定番というか固定観念というのか価値観しか無いのが「日本の水」自分で作曲しない?コピーして成りきっているだけで満足?それにしても選択の幅が狭いよね... それに創造には結びつかないのが情けない。

昔、日本に居て、今は海外で働くチャンスが有る人達も、日本に居た頃は、日本の水に浸かっていたはず。そして音楽の好みも多くの国内に居た人達と同じw それは取りも直さず、国内に居れば、世界を知らなかったという証明。そんな視点しか元々持っていないという話です。外に出れば視界が広がるのは当然なのですよw それを偉そうに外から言うのは簡単w 自分が渦中に居た時はその他大勢と同じ人材だった事を忘れているw

そこだよね。私は、邦楽は全く好きに慣れなかった。そして音楽のみならず音質の悪さにも我慢ならなかった!普段、接している品質が大きく関わっている事すら理解できていない人達が多い。海外へ出た人は、それを隠すかのようにClassic音楽をネタにしたがる傾向がありますw ちょっとした会話でメッキは直ぐ剥がれますw 所詮、刷り込みは日本仕込ですからねw

自分は格が違うかのように振る舞いたいw そんな外国かぶれって多い。アメリカに渡って、その文化に晒されて初めて理解しただけの話。所詮、根底に有るのはアメリカ文化。それなのに多くのアメリカ人を馬鹿にするような発言。それは取りも直さず自身の欧米人への劣等感の現れが滲み出ている。どれだけ自分が優秀な人材のように装っても所詮、アメリカ文化の上に成り立っているという重要な事を忘れている。所詮、根っ子が日本人故に本質的な理解が乏しいw 貴方が凄いのではなく例えば、MIT というような環境を用意出来る国が凄いのです。

私は歴とした 日本人です。だからこそ日本の駄目なところが良く理解できます。別に欧米で生活せずとも分かる程度の事です。その程度の想像力も無い人材とは格が違いますw。今は、ネットを活用すれば多くの情報を得られます。欧米にいてアジア、インドなどを相手にしているより、よほど刺激的な事がネットでは可能です。渦中に居る事を誇るのなら欧米、各分野の最前線に居る事が重要なのでは?格下を相手にしても意味内でしょう?そんな程度で満足しているなら別ですがw


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する