♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



本田雅一、ウェアラブルデバイスを語る?
watch_01D.jpg

本田雅一、ウェアラブルデバイスを語る/第5回『wena wristという存在』(1/3) という記事、たまたまFACEBOOKで「本田雅一さんの webChronos連載『wena wristという存在』で、wenaについてお話しいただきました!」という記事を目にしたのがキッカケ、宣伝という意味合いも有るのは判っていますが、こういうやり方は姑息だと思う。彼の事は、全く知らないけれどw



所詮、評論家。自分の腹は、痛まない。今ならネットで検索すれば判る程度の事を、したり顔。そんな人材の言うことなど信用しません。後付なら誰でも、それなりの事が言えます。未来への指針が明確で具体的な製品像を描けるのなら… 会社を興します。

日本では、それだけの内容だと大企業が寄ってたかった食いつぶすでしょうけれどw 欧米なら相応の手段が存在します。そこが文化的に決定的な違いとなって今があります。それすら理解できない我々日本人にこそ問題が有る!何故、弱冠20代のSTEVE JOBS氏、29歳、当時所有している株は一時5億ドル(2011年現在では約395億円)にもなっています。日本では在り得ません。肝心な事は20代の若者が、これほどまでに財を築ける事ができるアメリカの凄さと、それをサポートしている大人文化。

5859c4cfa1a45e38468b6c77-500-1482307803846.jpg

ちなみに「Apple Watchはマスに対する圧倒的なブランドの力」って書いてありますが、Apple社は、その昔、幾度となく沈みかけました。身売りまで出てきたほどw それが何故、今、そのような社会的評価が有るの?Digital世代になって社の創立者の舵取りが的確だった未来の指針が明確だったからです。あの時点で米Sun Microsystemsが米Appleを買収したからと言って、その後のAppleの功績をそのまま引き継げたという事では無いのは当然の話ですが...結局、ジョブス氏の率いるNEXT社という話でしたね。 それで我が日本の SONY はどうなの?
20 years ago today, people thought Apple was going to get acquired in a fire sale

さらに言うなら、今の経済を牽引している企業、欧米では多くが若い IT 系の企業ですが日本国内はどうですか?元請け下請けとう構図が未だに健在だから若い新しい世代の企業は育っていません。殆どが二世、三世、世襲制の様相が現実でしょ? そいういった土壌に問題が有る事を理解しなければ日本の再建など無理です。Analog時代とは違い、Digital世代では先に道は記されていないのです。ジョブス氏をもってしても、「数年先など判らない。」とキッパリ言っているし、それが正直な話しだと思う。遠い未来より近い未来すら外した感想しか持ち得ない人材が企業を問わず教える側に多いのではないでしょうか?と、8年前のブログで書いています。

だいたい、 SONY WALKMAN 関係者!iPod が登場した、その昔から、「その程度の事は我々も考えていた!」と偉そうに言っていたよねw それを言うなら、私は SONY 入社時の PCM について語れという、お題で、お決まりの話からネット活用、ひいては圧縮技術と、それに纏わる機材の予想を書いていたよねw 表面では足らず裏までギッシリ!それって iPod 登場の遥か昔だよw そして更に...その後のマルチタッチに関してはどうなの? 根田CFOが8年前に語っていたよねw 「ソニーもiPadが目指す領域には大変興味を持っており、技術力を持っていると自負している。PSNのアカウントが約4,000万あるの で、こことハードを組み合わせていくことも考えていきたい。iPadに遅れている感は否めないが、ソニーとしてもやっていきたい領域だ」と述べ、 Readerとは異なるスタイルの、新たなタブレット型デバイスへの参入を示唆した。

ちなみにCFOとか、やたらとアメリカの真似して書いているけれどchief financial officer、略語:CFOで、最高財務責任者って言う意味なんだよね。財務に関する業務執行を統括し、会計、予算、信用取引、保険、税、及び資金を含むすべての財務に関する職務に責任を負うとされる。そして、ついでに書いておくと...
最高経営責任者(CEO)
最高執行責任者(COO)
最高情報責任者(CIO)
そんな略語ばかりが、まかり通る国内。その割に、内容的に日本語じゃないから理解していない場合が多いのでは?その地位に居ながら、その役割を果たしていない人材は、民間、官界、どちらも同じ。そんな人材ばかりが日本の中枢を牛耳っている。その結果、責任もとれず当然、相応の結果も功績も残せず消えていく。

それを象徴するように、確か以前に「LIBRIe」ってのを始めている。しかし電子書籍の普及に貢献するには至らなかった。いや、「Sony Reader」ってのもあったはずですよね?ここではSONYの名前を使っているほど!だが、2009年2 月28日をもってサービスを終了とアナウンスされている。 この程度が日本の実態だよ。そして、「 Readerとは異なるスタイルの、新たなタブレット型デバイスへの参入」って書いてあるよねw それを単なるプレイヤーデバイスと勘違いするマーケティングのプロ、みんぽすは、WillVii株式会社が運営する家電系商品のレビューを集めたソーシャルブックマークの社長?塚崎秀雄 氏だったね。そんな程度だ! 彼も SONY WALKMAN 関係者だよなw それにしても程度が低い。

そんな企業体質だから欧米の優れた人材とは戦える訳がない!日本の技術?その正体は既存技術の修練で既に道が切り開かれている後を安易に追いつけ追い越せと進んできただけで先に道が無くなった途端に迷走しているのが実態です。その証拠に、塚崎秀雄 氏のような人材は、 iPad 登場に関して、単なるプレイヤーデバイスと勘違いするマーケティングの自称wプロという腐った人材が多すぎる! iPadを最初に触った瞬間!「The Computer For the Rest of Us」の精神を呼び起こす!いや、本当ならiPhone、iPodTouchが現れた時点で、その程度の感想を持てるはず。国内、どういった人材が優秀とされているの?だから「断言します! 日本がモノ作り産業で競争力を取り戻せる日は二度と来ない! 」なんて言われる様になる!

WALKMANとか特別な意味合いを持たせようしているけれど所詮、テープ録音機材の枝葉の一つに過ぎないって事を認識すべき。当時はステレオって事も珍しい時代。それも携帯できるという機器での話。録音機と言えば殆どがモノラルが当たり前の時代だったのです。[ジョブズもいってた、日本メーカーがAppleに負けっ放しの理由]という記事を読んで...まず冒頭、「ウォークマンで世界を凌駕したソニー」未だに、こんな事を平気で書いているのが情けない。

Walkmanの源流は、あくまで小型カセットテープレコーダー。そんな当たり前の事を未だに理解できないのが日本社会の本質。録音機器の歴史を調べると良いw いずれにしても敷かれたレールの上という安易な道程。そこに安価で高機能、小型、軽量を謳い文句にしただけの話。そこには根本的な新しい発想力は要求されない。枝葉の技術で努力し改善、欧米より安い人件費で実現するのがアジア、日本の技術というだけの話。更に言えば録音Studio機材は、音楽創造する側が牽引している。日本は、その上澄みを使っているに過ぎない。そしてProfessional機材の多くは欧米企業が殆ど。歴史が古い音声系には SONY などの機材は殆ど無い!

31265252_1705812709464273_6775183018198827008_o.jpg

映像、それもvideoは後発技術であり日本が参入する機会が有っただけの話。既に、カメラ、写真、動画の世界では、昔は、The Hasselblad Electric Data Camera (EDC) NASA Apollo Camera スペースカメラ そして、NIKON F3 HP Camera with MD-4 Motor Drive & MF-4 250 EXPOSURE BACK MAGAZINE と移り変わり、現在では、RED Digital Cinemaが使われるようになっています。既に日本製品はありません。元々Analog・videoの2インチVTR方式は、AMPEXが1956年に発表したもの。当時の話ですから電子回路は真空管。

ヘリカルスキャンは、1980年代です。1971年にUマチック(ユーマチック、U-matic) ビデオカセットが商品化されています。その後、民生用ビデオカセットの実用化。1975年にソニーがBetamax方式のビデオカセットを発売し、続いて1976年に日本ビクターがVHS方式のビデオカセットを発売た。この2つの規格、基本的には似たようなもので、2分の1インチ幅テープを使うこと、ヘリカルスキャン方式を採用、カセットのサイズ、ローディング方式などが違うというだけです。いずれにしても、基本的な発明は欧米です。日本は、その枝葉の技術だけです。

そしてDigital世代になって、映像編集ソフトなど、どうでしょう?、DaVinci Resolve、Final Cut Pro、Adobe Premiere など、その殆どが欧米製品ではないですか?しかもコンピューター本体、OS そして周辺機器なども... これは音楽録音関連も同様です。そういったアナログ時代からDigitalへの移行によって日本の技術は必要とされる場が失われたのです。そこを未だに認識出来ないから「なぜジョブズはおサイフケータイ不要と見抜けたのか?」などとトンチンカンな事を言っているw これは既に iTunes に於ける音楽配信サービスに関しても日本の立ち位置を象徴した時代もありました。こういった記事を有難がって読む様な人達は論外なんですけどw 国内、相変わらずですね。

お題の APPLE WATCH こちらに期待してる機能の一つは、万歩計、心拍数、血圧や血糖値などの健康管理機能。それも常時計測可能な機能。糖尿病ではありませんが既に6年前から、こういった計測などしています。常時計測の重要性など、例えば、食べ始めてから1時間半後の血糖値 ACCU-CHEK Avivaなど!まだ APPLE WATCH も、そこまでの機能を実現させていません。やはり、どうしても血液を採取して計測するには針を使う必要があるからです。「Apple Watchの針を使わない血糖値測定機能、実現は数年先 ...」しかし、この流れ、健康管理は必然と言えます。

FreeStyle_08.jpg

このような,「FreeStyleリブレ」という方法もあります。90日間のグルコース値データを保存でき、専用電極を用いて血糖値および血中ケトン体値の測定ができます。2017年9月1日より保険収載されていますが、それより以前に試しています。こういった国内の対応も遅いのは毎度の事。そもそも、このような計測機器も日本製からは出てきませんよね?この製品は間質液中のグルコース値を連続的に測定・記録できます。痛みなく、いつでも、どこでも、服の上からでも、1秒で測定可能です。

FreeStyle_07.jpg

こういったセンサーを前もって用意する必要があります。センサーは耐水性で入浴中、シャワー中、水泳中も装着することが可能です。そして最長14日間にわたりグルコースデータを保存します。センサーは水深1メートルまで耐水性能が保証されていますが、30分以上水に浸さないでくださいと謳っています。これも針を使うので多少、抵抗がありますw それに少々、高額でセンサーは交換が必要です。それが針無しで腕時計の様な機器で常時、計測できたら凄いですよね!そうなると又、世界は広がります。

そこを既に「アップルのティム・クックCEO、Apple Watchで血糖値を測定していた姿が目撃される」という記事が裏付けしています。こういった医療機器も欧米が最先端、そしてDigital技術でも新しい発想を繋げる様々な視点。日本は、どの分野も上澄みばかり... そして優秀な人材が育つ社会環境でもありません。そんな状態では今後は、とっても戦えないと断言できます。まあ私には、それほど未来は残っていないので、どうでも良いですが... この技術は血糖値のみならず、もっと大きな幅広い展開が見込まれます。ウェアラブルデバイスを語るって言うなら、そこまで言及しないとねw

8年前にGizmodoで採り上げていた、「ソニー迷走はいかにして起こったか : ギズモード・ジャパン」というネタをブログに書いた事がありますが... そこに書かれていた一節。

抜粋------
ソニーには良いアイディアが唸るほどあります。どれかひとつに100%コミットすると外れたとき怖いので、ソニーは下手な鉄砲数撃ちゃ当たるじゃないけども、アレもコレもとりあえず出してみて、どれが当たるか見るというアプローチなんですね。
ここまで---

ついでに... 英語のCommitment(コミットメント)を略した言葉で「コミット」こういった和製英語を好んで使う輩の言うことは中身がない!責任の伴う約束や目標や目的に対して積極的に関わる、責任を持って引き受けるという意思表示のことを意味します。ということは責任逃れって事ですねw そう最高責任者たるもの責任逃れを最初から考えているとしたら?まず、こうあるべき!という強い信念も無い、一般人同様というか誰にでも出来る(一杯飲み屋で世界を動かすような話をしている、おっさん連中程度の)仕事しか出来ない無能な人材って事を指します。

これも酷い話。結局、指針が決まらないという... だいたい既存技術の変形や組み合わせ的な内容ばかりで、根本的な発想は、そこには存在していません。それすらGizmodo Japan も、見えていないというw 「ソニーはかつてのスピリットを失ってしまった。」なんて嘘、というか勘違い。そもそも根本的な発想は最初から皆無だった事を理解すらしていない。辛口にもなっていません。mediaという商法には未来が無いという事も理解出来なかったという...Analog的な発想を引きずっていた首脳陣の無能さ加減。というより、その昔、安易に儲かった体験が忘れられず、故にしがみついていた、と言った方が正しい。そんな舵取りだった末路が MD とか MiniDisc そしてメモリースティックだったよねw 大した話でもない。結局、発想力も先見の明もないボンクラが船頭だったって事です。

どれも選択肢としては既存の手法や発想を基本としてしか行動できない無能って事です。発想力の欠如というより最初から新しい発想など存在していなかった。未来に有るべき姿を想定出来ない無能、それがアナログ時代からDigital世代になって顕著になったという流れ。既に DVD レンタル事業もヤバイ時代。mediaは不要。その殆どがネットに置き換わっている。そんな時代、日本のドラマなど既に世界的な商品価値などゼロ!Appleもオリジナルドラマを制作しようと言う時代。もう、いい加減理解しようよ私のブログでは再三言ってきている事だけれど... このまま行けば日本は逝けるw まず優秀と言われる人材の質を根底から見直す必要が有るのです。

そして社会を構成する学閥、ひいては教育分野での間違った価値観など...世界で通用する品質に根底から見直せるでしょうか?無理だろうねw それで飯を食っているような奴らばかりだからw 大学関係者も、ろくでもない人材が多すぎる。欧米市場で戦えるような人材を輩出できる様な環境ではないよね。資源の少ない日本だからこそ欧米の人材と渡り合える人的資源が必要というのに...どの業界も完全にガラパゴってるのが実態。そう、未だに鎖国状態と同じ。それを利用して飯の種にしている輩が如何に多いか!ネットが、これだけ普及しているのだから国内だけに目を向けている必要は無いのです。

それと、仕事をするなら欧米を目指したいですね。アジアやインドなど、これから人口が多く発展するという口実?にする輩も多いですが、やはり最先端、最前線は欧米。そこは見誤りたくないですねw 安易な商売に進むのは簡単ですがw 視点は、そこじゃないでしょw 少なくとも私は...


と... ブログのみならず SNS で個人的な意見を書いたらw ご本人から、こんな反応がw


des.jpg

「ディスる」こういった表現もアメリカの真似ですかw 正確には英語のディスリスペクト(disrespect)なのよねw 少なくとも記事を読めば『馬鹿にする』『軽蔑する』『けなす』『罵る』『悪口』などのような軽薄な内容ではありませんがw そいういった感性が稚拙なんです。確かに、あの程度の内容では英語でいう敬意は持てませんがw

前述のCommitment(コミットメント)を略した言葉で「コミット」でも書きましたが、このような日本語として即、意味が伝わらない和製カタカナ英語を使いたがる無知な権威主義者は多いですw 私の自説?そんな程度の読解力しかない事の方が残念w 少なくとも彼の書いた企業広告寄りの内容より、現実的かつ客観的な視点だと思います。



彼の、いや、日本企業関連、後学の為に書いておきましょうw 今後は、こういった一滴の血液から多くの健康状態を確認できる技術が確立されていきます。これまでは血液を採取する方法でしたが他にも針を使わない方法や、例えば汗、唾液や吐く息からも検出可能になるでしょう。

しかも24時間、常に健康状況を監視できるようになれば?これまで判らな方病気の進行を察知し病に至らず未然に相応の対応が出来る事も可能になります。若い頃、当たり前のように考えていた健康。これからは環境の汚染、悪化に伴い健康に対する考えも今以上に重要になります。

常時、健康状態を監視するには普通に身につける機器が当然、負担になりません。しかも見た目に不自然ではない!その視点でAppleは研究しています。私はAppleの株主でも有るわけで、そういった視点で発言もしています。そんな貴方は、SONY の株主ですかw だとしたら視点が甘いですねw 「よいしょ」ばかりしていては駄目になるばかり。

貴方の記事が、あまりに企業の広告よりで、お粗末な内容、故、私は個人のブログやSNSで企業とは利害関係の無い人間として発言しているだけで別に『軽蔑する』『けなす』為ではありません。内容がまともなら書くこともありませんでしたw 自称テクノロジージャーナリストとされるのなら、もう少し、それこそ識者にも respectされる程度の内容を書かれる努力をする方が先決では?

あれでは、まるっきり企業の太鼓持ちでしょ? 私の様な感想を持っている人達も数多くいます。ただ波風をたてたくないから黙っているだです。その辺り、強く意識した方が良いのでは?肩書でオーディオ・ビジュアル評論家、商品企画・開発コンサルタントって肩書自体怪しい… 東洋経済オンラインも内容が少々品質が低いと思うよ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する