FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Mistel Barocco(ミステル バロッコ) 分離型 エルゴノミクスキーボード
MISTEL_01.jpg

Ultimate Hacking Keyboard を待っているのですが、まだ完成していないよう!FACEBOOKでの告知では、そろそろ発送され到着している人達も居るようだが? そんな折、今、使っているキーボードが不調になり急遽 Mistel Barocco(ミステル バロッコ) 分離型 エルゴノミクスキーボード を購入してみました。


MISTEL_02.jpg

確か、Ultimate Hacking Keyboard は、2台、予約してあるけれど、キーボードは消耗品だから、分離型キーボードに慣れていても悪くはないと思う。少々キー配列は、このキーボードとは異なるけれど....

MISTEL_03.jpg

付属の2つのキーボードを接続するUSB-MicroB-to-MicroBケーブルが、カール・ケーブルなのですが、これがそれほど広く広げられない無理やり広げても戻ろうとする力が大き過ぎて広がらい!これでは分離させている意味がありません。なので、カールしていないUSB-MicroB-to-MicroBケーブルを買い足しました。

MISTEL_04.jpg

そして、取扱説明書が判りにくい!何故、日本企業の創る製品って、こうも理解不能な取扱説明書になるのでしょう。技術屋の人は、その程度で判るだろう?とでも考えているのでしょうか?もう少し使いやすいカスタマイズを考えられないのでしょうか?それとも私がトロい?

MISTEL_05.jpg

接続すると、こんな状態に色が七色で移動していく状態なんですが、そんな設定では使えないので、まず、その光を止めたい!なんと、そんな事を指定するまで10分もシックハックさせるなんて、まず接続したら普通に使いたい!単なるキーボードなんですから!

MISTEL_06.jpg

とりあえず、マクロは使わずにMacOS側の装飾Key設定で、Caps LockとCTRL、AltとWINキーの入れ替えて使用!タイピングの高速性を考えて黒軸を選んでいます。そして別売のテンキー用は黒しか無い!白が欲しい!たまに起動時にキーボードが認識されない事があり、ケーブルの抜き差しをしないとならない場合あがあります。

key_23.jpg

Keyのカスタマイズなど、Mac 画面を使ったGUIなどで設定できると感覚的に使いやすいのですが... なかなか、そういった機能が備わったキーボードは現れませんね!そして、付属のカール・コードでは用をなさないので...

key_21.jpg

実際には、このような配置で使っています。タッチタイピングで慣れているので問題なく使えます。既にMALTRON マルトロン エルゴノミック・キーボード KINESIS も所有して使っているので大丈夫!問題は、装飾Keyの扱いだけ!これが微妙な位置関係になると困るのですが、今回は大丈夫そうw そうそう、個人的には、μTRON キーボード より使いやすいです。

key_24.jpg

Ultimate Hacking Keyboard ですが、ブログ記事でも扱っていましたが、2015年、なんと3年も前に、予約していたのです。とは言え、全ての付属品が同時に送られてくる訳ではないようで...

key_25.jpg

木製のパームレストやポインティングデバイスなどは、もっと後になってからというw まあ、モノが届けば文句はありません。それまでは、このキーボードを使っています。なかなか良い感じです。やはりテンキーは必要と感じたのですが、これが、なかなか高価でテンキーのくせして1万円前後しています。個人的には、テンキーに、その金額は有り得ないので...

key_22.jpg

送料込みで、5千円以下で手に入れました。この金額でも高い方だと思いますがw 無線のテンキーは有るのですが、寝るので一々起こすのが面倒、というか、その時間差、待っているのがウザいので、やはり有線のテンキーが必要です。マウスも同様ですが、やはり、チョットした遅れは非常に気になります。

20161119174309.jpg

完全分離タイプではありませんが、Apple Adjustable keyboard & iMate というセットも気に入っているのですが後継機種が現れませんね!やはり特殊なModelに慣れすぎると汎用性の有るModelが使えなくなる事は困りますw このような分離型キーボードは個人的には大歓迎です。上の様なマシンって昔は未来的に感じましたよねw 今はディスプレイは、もっと大型超横長ワイドで薄くなり奥行きが無くなりますね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する