FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



SLICK - Gimbal for GoPro®
SLICK_01.jpg

どんな動きでもブレずに撮影できるGoPro用防水ステディカム、Slick stabilizer(スリック スタビライザー)を随分昔に予約?したのが、去年の暮に到着していました。なんだかんだで忙しくて年明けの今頃、開封しています。Slickは防水で、GoPro Hero 3、Hero 3+、Hero 4、そして最新の5、6にも当然、対応しています。

SLICK_12.jpg

予約当初の金額は 209 ドル+送料でした。一番、安い時期では179ドルでした。ちょっと出遅れて、この価格になりましたw

SLICK_10.jpg

梱包を開封!カッターで深く切ると中箱を傷つける恐れがあります。ここは裏表、薄くても良いからダンボールは挟んでおいて欲しい!

SLICK_02.jpg

真ん中にあるのがステッカーではなく取説なんですが、このロゴの形でカットされているのでページが、めくりにくい。こういう事ろは普通のノートタイプで仕上げて欲しい!それに内容も醜いだろう!その辺り判っていない!

SLICK_03.jpg

開発当初は、まだHero 4の時代でしたが、現在は、防水タイプのHero 5が登場しています。なのでパッケージにも、その機種が使われています。

SLICK_04.jpg

Slickは取り付けにGoProの各種マウントが利用できます。Slickは3軸方向の動揺を打ち消し安定した画角を維持します。バッテリーは2時間使用可能です。 バッテリーは取り外しは不可、micro USBケーブル接続でバッテリー充電します。

SLICK_05.jpg

アクセサリー セット マウントセットは、イロイロ出ています。純正品は高いので、私は安い製品を購入しましたw 特に欲しいのがチェストストラップマウントです。

SLICK_06.jpg

それにしても今の時代、こういった機材、高機能で安く手に入れられる時代なのですから驚きます。まあ、そんな時代ですが身体の方は若くはないので十分利用できる状態では無いのが悲しい;;

SLICK_11.jpg

まずは、充電して使える様にします。防水タイプなので構造を考えるとバッテリー分離にすると、その分、価格が高くなるので一体型になっているのでしょう。

SLICK_08.jpg

取り付けてみました。良い感じに機能しています。後で設置説明ビデオを観ると上下、逆のようですがw

SLICK_09.jpg

まだ撮影はしていませんが、こんな感じで手ぶらで安定した画面で撮影できるのは凄い事です。チェスト用の設置方法動画も併せて掲載しておきます。このビデオの状態が正しい使い方ですので悪しからずw



SLICK - Gimbal for GoPro®、現在は、¥32,921 です。今なら、他のメーカーからも類似した機材が、もっと安く出ているかもしれません。そちらは使っていないので、良いか悪いかは判断できません。ネットで使い勝手を調べてから購入するほうが良いかもしれません。



こういった機材は、若い頃には無かったからなぁ〜爺になってからじゃ〜撮影出来る内容に限界が有るよなw まあ、仕方ない。ビデオカメラも高性能で小型になっていますが、こういった周辺機器の充実は素晴らしい!安定した画面を維持しつつ撮影するのは至難の業だったのが、こんな便利になっているのだから驚き!



実際に装着して機能させて観た状況です。撮影した映像ではありませんが、カメラを安定した位置に維持しているのが判ります。しかも手ぶらというか手は自由に使える状態です。ただし、むき出しだと変なオッサンになってしまいます。そこで...

stela_07.jpg

上着をはおると多少、違和感が減るようですw これなら大丈夫だと思われます。カメラ位置も、あまり下に有ると盗撮など疑われる可能性があります。面倒ですよねw そして子供など撮影しているような素振りも変質者に疑われるw

stela_06.jpg

これならデジイチをぶら下げている感じに観えると思います。移動しながら安定した動画を撮影できるのは素晴らしいと思います。それも昔のような大仰な機材を使用せずに実現できるのですから!使わない手はありませんね!それにしてもProfessionalがテレビ放送、報道でのブレブレ動画って恥ずかしく無いですかね?今時時代遅れも甚だしい!それはそうと最近、千葉方面からのAccess量が増えているのですが、どなたか理由を教えてくださいw



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する