FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ROBOT Ai
Slaughterbots
ドローンの使い方は、このように殺人兵器にも… やは軍事産業が新しい技術を牽引しています。そいういった開発に伴って防ぐ方法も同時に考えられるはずです。Droneも、その制御を人間ではなく Ai に置き換える事で多数を有機的な一つの目的に複合的な動きで制御できるようになるでしょう。こういった手法は人間一人では難しい作業です。





カリフォルニア州チャイナ湖で開催された海軍航空システム司令部のデモンストレーション、米国のF-18戦闘機がPerdixマイクロUAV群の群を解放。 わずか6インチで測定されたマイクロドローンは、敵の防御を混乱させ、レーダー信号を阻止することができます。 無人機は、意思決定のための1つの分散された脳を共有し、群れのように互いに反応しつつ 103個のPerdixマイクロドローンで構成。こういった現場での実地TESTを重ね更なる機能向上が図られます。



Interview With The Lifelike Hot Robot Named Sophia (Full) | CNBC
ソフィアのインタビュー
STAGEからStudioに移って女性のアンカーウーマンの喋り…それの彼女が実はROBOTだったらw そんな時代が間近なのかもしれません。まだ外観は改善の余地がありますが会話の受け答えは非常に自然です。



Face2Face: Real-time Face Capture and Reenactment of RGB Videos (CVPR 2016 Oral)
この様に、映像的には本人が出演していなくとも映像では騙されてしまうでしょう。これからは動画だからと言っても、そうそう信じられる訳ではなく成るでしょう。これだけ観せられたら、まさか、これが創られた映像だとは思いませんものねw 仮想映像では殆ど見分けがつきません。



Real-time Expression Transfer for Facial Reenactment
この技術は既に、この品質まで上がっています。この品質ではモニター越しでは見抜くことは殆ど無理でしょうw



Nothing is real: How German scientists control Putin's face
こうなると実証映像の証明ってのも今後は難しくなっていのでしょうか? 表情も含め人の動きの癖までも Ai 技術により解析され再現される時代になるのは必死。



ynthesizing Obama: Learning Lip Sync from Audio
勿論、映像のみならず唇同期までも!これを普通に見せられても偽情報と見抜くのは至難の業では?ましてや何の情報も知らなければ、まず疑わないでしょうw

  

Robot Meets Self Driving Car - Sophia by Hanson & Jack by Audi
ソフィアに自動運転車体験を!それにしても会話の自然さは素晴らしい!見事に普通の会話として成立している。後半に登場する国内のROBOTとは雲泥の差。更には仮想空間では、これほどまでに表現的に判らないまでに実現されているという舞台裏。



Tonight Showbotics: Snakebot, Sophia, eMotion Butterflies
表情は、まだ不自然だが豊かな表現力を出そうとしている。こういった技術も次第に「不気味の谷」を超えられるのでしょう。更に映像だけなら、見分けがつかないし、その表情を含めた情報DATAをもROBOT工学に於いても再利用可能となる点にも着目するべきです。



This Might Be the Most Life-Like (And Creepiest) Robot Ever Built
日本産では、どうも会話が不自然。会話も面白くない。反応が悪い。表情が乏しい。このROBOTがフェラーリ級ですかw それはどうかな?欧米の優秀な Ai 装備のROBOTと比べると会話として全く成立していません。



アマゾン エコー
そのAlexaに関する広告映像ですが、実際には、それほど柔軟な受け答えが出来る訳ではありません。ソフィア品質の反応は価格を考えると、まだ無理なのでしょうw 今後、この手の製品はドンドン増えていく勢いです。アメリカ市場では既に1年も前から投入され多くの情報を得ているようです。この分野も日本は、かなり遅れているようです。

まあ心理学、生理学、精神面も含め国内、程度の低い学芸会品質ドラマで満足している視聴者が多いのですから仕方ないw 欧米のドラマは品質の高い作品は、かなりの水準で制作されています。このように軍事産業を含め先進的な研究、市場調査、そして社会的な視点を含め考えると日本は相当、劣っていると言わざるを得ません。



既に、1年以上も市場でも多くの情報を得ている欧米。自動運転なども単なる車、乗り物としての視点ではなく自ら思考し学習、更には発想をするという道筋まで考えられています。医療分野でも頭部の入れ替え、更には Ai との接続までも… そこでの日本の立ち位置は?そして日本の基幹産業となりうる分野とは?

今時、自動運転に纏わる話題で先進性や未来を語る古い考えの奴が多いけれど、既に、そういった視点は終わっている。既に次世代の胎動は次の段階へと突き進んでいる。そういった先見性が育まれない社会環境だから欧米に毎度、先を越される。というより後から続く方が楽だという流れは昔から何も変わっていない日本、アジア。しかし中国は、その殻を破ろうと必死だ。日本は?今の既得権益集団が牛耳っている社会では絶対無理ですね。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する