FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Sennheiser AMBEO VR MIC AND EUMANN KU100
00001116_main.jpg

Sennheiser AMBEO VR MIC を使ってみたいw
Ambisonics方式の録音に対応したマイクです。
でも調べってみると、それほどでもなさそう...




サンプル音源、というかPresentationとしてはダサい!こういった魅せるという、この場合、聴かせるって事も重要ですが、そんな手法が駄目!判っていない!



制作状況は、こんな制作状況だったらしい… 曲も、撮影手法も肝心の音も力量婦不足。やはり、これが日本の表現力の限界なのだろう…



この方が面白いw それにお手軽な単純な収録にも関わらず、この方が雰囲気や製品の機能を的確に伝えていると思う。こちらは、「Sennheiser Ambeo Smart Headset」なので全く別の製品ですが… iPhoneとイヤフォンで立体的な録音。ゼンハイザー「AMBEO SMART HEADSET」夏に欧州発売



これは面白い実験です。私も使っているNEUMANN KU100 dummy head
こういった魅せ方も工夫が見られます。そしてそれを実際に体感できるのは素晴らしい!




周囲を歩き回る実験でもNEUMANN KU100の方が空気感が伝わっています。やはり価格だけの違いは確実にあります。伊達に100万円とかはしていません。それに内容的に簡潔に伝えています。それに比べ…




同様な事をしている日本人によるPresentation動画、単にMicrophoneの周りを回るだけでも回りっくどい!なんで日本人だと、こう一々トロいのだろうw何度も同じ事を言う;;内容が薄い。 更に、SENNHEISER AMBEO VR MICだと、どうも空間表現力は明らかに力不足な感じw



その点、バイノーラル録音は素晴らしい!それに映像の内容が濃い!やはり、こういった表現力など鍛えたれていない我々日本人。これは、どの分野、業界にも言える。



こんな使い方、録音、好きですw こういったサービスが無い時代、今から40年も前から、こんな録音など欲しかったw



さて、先程の収録より品質が良くなったダミーです!とっても良い時代です(笑)




手軽版では、Adphox バイノーラルマイク・イヤホン BME-200 を使っています。これは、これで有効です。起動力があります

Binaural Audio -The Nutcracker Suite
実際にバイノーラル録音した音を、Headphoneで聴くと、その場の空気感まで感じられると思います。定位やBALANCEは勿論の事、部屋の大きさ、響きまでも再現しているのが凄いです。




ASMRtist&リスナー注目のバイノーラルマイクとダミーヘッド
こういった生々しい音場を体験するには実際にHeadphoneで聴くのが一番です。

より高度なバイノーラル録音を御望みの場合などw
HEAD acoustics AACHENER KOPF
これで録音された音を購入して聴いていました。但し一般的な機材ではないですよねw 実験室向きという…
流石に高価な機材です。レンタルでも結構な金額しますw
BHS IIと SQuadriga IIという簡易Modelも!

NEUMANN KU100のレンタルもレンタル料金(1日) ¥18,000 (税抜)高いかなw それだけの価値はありますがw

NEUMANN_KU100-120_05.jpg

バイノーラル録音と言えば、今でも、ビクターJVC HM-200 を持っています。1976年頃、それを使っていました。それ以前はNAPOLEXから出ていた発泡スチロール製のダミーヘッド・キットを組み立てて使っていました。その頃、より人間の材質に違い素材と正確な外耳Modelを用意すれば、より実際の音場を再現出来るはずでは?と思ったのですが…歯医者さんが使う型取りで実際に作ってみた事がありますが形状だけではないようです。

今なら3D Scanにより自分の顔を取り込み、出力できますよねw 素材と表面に肌に近い塗装を施すという手法も可能。それどころか外耳道から鼓膜に至る場所にMicrophoneを埋め込む構造まで再現できます。

Binaural Recordingの臨場感は素晴らしい!こういった耳だけというMicrophoneもあります。このPresentationは上手い!やはり、こういった魅せ方聴かせ方は欧米人は洗練されています。



こちらの製品に関しての説明になっています。面白い実験をやっています。やはり映像が伴うと現場の状況が把握出来るのでいいです。そういった意味では、このような省スペースModelが良いです。

人工的な音場と違い、その状況を疑似体験できる音になるのが凄い!残響音に関しては特筆に値します。なので以前から個人的にVRと一緒に使うべきだと(そういった音場を擬似再現するのは大変なんですが…)w それもデジタル処理で可能なるはずです。



Binaural Recording音源販売しているサイトとか…

bin_02.jpg

AMBEO Orbit

Version: 0.1.1 beta
The AMBEO Orbit is a Sennheiser’s free binaural panner plugin, designed to facilitate mixing immersive binaural content. このPLUGINを使用する事で通常の録音音源も、バイノーラル録音の様な表情を加える事が可能になります。それなりの調整は必要ですが…

bin_03.jpg

BinauralizerというPLUGINもあります。他にも探すとイロイロあります。

Jecklin Diskという物を使ったペア録音手法もあります。

最近のSchneider Diskは、ディスクの中心に泡で覆われた球を追加し、人間の頭の吸収特性を模倣しているModelも有るそうです。スピーカーで再生すると、分離の良いステレオ再生になるそうです。 当然、ヘッドホンで再生したときに、バイノーラル録音に近い効果が得られるとは言われていますが… 小編成の楽団とかにはSchneider Disk、大規模なオーケストラや合唱団にはJecklin Diskを推奨しているそうです。

両方のディスクのマイククリップは、直径21mmのマイクロフォンをが取り付けられるように設計されていますが、それより少し大きめのマイクも使用可能です。実際に商品としても販売されているんですね!買うほどの製品化どうかは別ですが、実験程度なら昔、私がやったように自作した方が早そうw

A/B stereo vs Jecklin Disk
どちらの録音方法も、バイノーラル録音ほど劇的な空間再生は望めないというのが判りま


A/B stereo vs Jecklin Disk. A study of stereo separation at different frequencies. Headphones Required. from Sight and Sound 101 on Vimeo.



空間表現はバイノーラル録音の方が臨場感があり音場に奥行きを感じる事ができるほどです。



そうそう、かのQuincy Jones巨匠は、オンマイクでもペアで収録していると聞きました。なので当然、使用channel数が膨大になり、昔はマルチを複数、同期させていたとかw


バイノーラル録音のスピーカー再生
「バイホニック」と「アンビエンス」など昔、ありました。
Technics SH-3060を使っての再生は、なかなか臨場感が有りました。

bin_01.jpg

左右のスピーカーから逆位相の音を出し、余分な音の廻りこみを打ち消す事で擬似的にHeadphone的な音場をスピーカー再生でも実現させるという… これは体験しないと判らないw 結構、驚きました。効果が最大になる視聴位置というのが狭いですが…









この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する