♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



CX-A5100 最新ファームウェア Ver.2.11
main.jpg

「Dolby Atmos®」および「DTS:X™」対応デコーダーを搭載

最新ファームウェア Ver.2.11 が、2017年12月14日に公開されていました。本体がネットに接続されているので、そのまま以前と同様、更新しています。新しいファームウェアで、HDRの「Dolby Vision™(ドルビービジョン)」「HLG(Hybrid Log-Gamma)」の伝送に対応、その他、動作安定性向上だそうです。こうやって最近は、アンプのファームウェアもネットからアップデート可能という時代ですw

A5100_01_201712232238243a1.jpg

こちらから内容を観ることができます。既にアップデートは完了済みです。それほど体感的に改善された箇所を感じる事はありませんでしたw 

A5100_04_20171224193019b73.jpg

ネットにアンプが接続済みなら Mac から、この様にファームウェアのアップデートも可能です。勿論、アンプから直接操作してのアップデートも出来ます。これはブラウザーでアンプへ接続してあります。そんな時代って昔は考えもしませんでしたw Dolby Vision™って、どれほど浸透しているのでしょう?それに対応機器に変更するまでは関係無い?「日本でもついに配信スタート! 「ドルビービジョン」の実力を徹底検証

A5100_02_2017122322382695e.jpg

アップデート中のアンプ表示は、このようになります。完了するまで時間が掛かるので気長に待ちます。完了したら一応、Versionを確認しましょうw Ver.2.05の公開日が 2017年3月29日 ですから既にVer.2.11というw さて、音場の準備が出来ていても、それを体感できるほどのソフトが登場してくれないと!更にネット配信のsurround扱いにも改善を期待したいところです。折角、DOLBY・ATMOS を謳っていても配信内容の対応が遅れているのでは意味がありません。Fire TVなどハードが対応していても肝心の配信の方は、まだまだの様です。

A5100_03_201712232238277bf.jpg

ソフト、ハードの足並みが揃うまでは享受するのは、まだまだ先のようです。と、言いながら 7年前に日本企業は、今年を「3D普及元年」と言い続けているけど昔と全く変わらない体質が露呈しましたねw 結局、この流行りも終わりになりそうな感じ!「3Dテレビ時代の終焉。'17年テレビから3D対応機種が無くなった理由」などw 2016年は「VR元年」と言われていますが、こちらもイロイロ課題があります。ただ、この環境を利用した 3D ソフトの視聴が可能という事は、ソフト的に意味が有りそうですw そこで... PlayStationの話に繋げますw



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する