FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



NAGRA SNST STEREO Model with Cover
FUTA_01.jpg

以前に、The Nagra SN comming soon! って事でModelingしてあるDATAがあるので、それをSTEREO・Modelとして編集しています。今回は、カバーも付けた状態にも出来ますw 以前のモノラル版と異なる部分は幾つかあります。とは言え、このModel、希少で例え見つけても高価なのでネットで資料画像を収集しました。

FUTA_02.jpg

流石に、今時、この機材は使う事も無いので、その為に何十万も使うほどのマニアでもありません。それなら最新のデジタル録音機器、もしくは新しい Mac 、ソフト等に使いたいですw 持っていても持っているだけでは悲しい。でも、こういった機材の活躍する場は今では皆無です。

FUTA_03.jpg

それでも存在感はあります。なので、このような題材として採り上げています。それには、やはり実機が手元に無いと表現できません。ただ、モノラルとステレオの2つも必要無いです(笑い)。

FUTA_04.jpg

このフロント・パネルの様に右左のPhone端子がステレオ仕様だと言う事を知らせてくれます。それ以外にも有ります。この題材のモノラル版は、12年前、一昔以上にAdobe Illustratorの作品事例として採り上げています。

nagra_SN_Book_01.jpg

こちらが、その画像です。そして今回は、ステレオ版を、3D で更に作成しています。

FUTA_05.jpg

正面の入力端子は勿論の事...

FUTA_06.jpg

ステレオですからメーター部分も違います。そして、この視点で判る箇所は、ピンチローラー部分と肝心なヘッド周り、アジマス調整用の構造と、ネジの配置が旧モノラル版とは違います。そして、テープが装着されている状態では判り難いのですが...

FUTA_07.jpg

Reelを外すと、現れる表示部分に入力系、MIKEとLINE端子への表示情報が現れます。左側です。

FUTA_19.jpg

判り易い様に大きく表示しますと、この様な入力群がモノラル版とは違うのです。それが、やはり私の影響でNAGRAの3Dを作成された、こちらの作品では、指摘した、その肝心なステレオ仕様部分が再現されていません。入力端子部分は、モノラル機のままだしヘッド周りのアジマス調整部品も再現さていません。ステレオ版として再現されているのは、Phone出力部分とメータだけです。

FUTA_20.jpg

アナログ・テープレコーダーの命、ヘッド周りは忠実に再現すべきです。そしてMachineのトップ面はヘアライン仕上げにはなっていません。ヘアライン仕上げはカバーのみ。本体は単純なグレーの塗りです。そして表示文字等はモノラル版は茶色ですがステレオ版は黒です。

FUTA_22.jpg

そういった細部に渡る再現というのが写実描写で培われる注意力なのです。これがモデラーや写真家ではなく写実として絵を描ける力量の差だと思います。特に、こういった機材を知っている方達は細部に詳しいはずです。拘りを持って作成したいものです。例え実機を所有していなくとも...


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する