FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Passengers GHOST IN THE SHELL Chappy replicants of Blade Runner


I rented GHOST IN THE SHELL at the same time and saw it. Passengers are high quality in every sense.

Passengers 、GHOST IN THE SHELL どちらも近未来の世界を描いていますが…片や、舞台が宇宙、そして一方は地球でです。肝心な事としてPassengers の方は普遍的な題材であること。GHOST IN THE SHELL の方は、単に漫画の実写化的な内容。そして題材が人造人間では有っても、これまで他の映画で描かれている内容の繰り返し的な仕様で、目新しさは全くありません。




GHOST IN THE SHELL the script is also not interesting, Japanese actors are not good either. The idea itself was a gathering content of old movies. I just changed the image of cartoon into a realistic expression by 3D CG. The script itself is completely funny. Person depiction is also thin.

Passengers stage is the future universe, but it’s deal with human universal subjects. It is a high standard which is satisfactory as a movie.

それどころか日本側の俳優、具体的に言えばタケシや桃井かおりの演技が酷い!何故、こんな配役を?と思わせます。それに人となりが全く描かれず、漫画やアニメのimageを実写として再現しただけの映像。全く脚本に面白さは感じられません。そこが漫画のお話としての限界が有るのでしょう。



The connection things is more interesting and realistic for Chappy's script.



Ai と人間の接続の可能性を扱った映画としてならChappyの方が興味深い内容。また、人間の一部を活かしている題材なら、ロボコップの方が、題材としては興味深い部分が表現されています。



Furthermore, replicants of Blade Runner are interesting for Android.



I do not like Soundtrack, but I expect new works.

最近、新しいBlade Runnerも発表されていますが、レプリカントなど、その取り巻く環境や状況など、こちらも近未来の街の表現では、元祖的な雰囲気があります。いずれにしても題材不足なのが今のハリウッドなのでしょうか?話題性が有れば、なんでも創ってみるという感じですが、どうも日本漫画の映画化は、どれも失敗しているとしか思えません。



更に、こちらは昔の映画をドラマとして創られた、HBOによる「Westworld」など… こちらも題材的に共通点があり興味深いです。そういった意味で同じ秤にかけて観ると日本作品は、物語的に深みが無さ過ぎという面が露呈してきます。


やはり国内、子供文化という感じで大人の鑑賞に耐えうる作品が少ないという事の証明にもなってしまった感じがします。そもそも政治も含め、茶番がまかり通っている社会ですから(笑)仕方無いのかもしれません。




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する