FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



NAGRA IV series and 10.5” REEL ADAPTER(QGB) Modeling その2
T16.jpg

各プレートの操作Button、Volume関連の表示印字の位置合わせなど必要になります。MODO901からSVG ファイルをテクスチャに扱えるSVG ファイルをテクスチャに扱える様になっています。但し、原因は不明ですが表示に問題が出ることがあります。これは、何が原因かは判りません。大丈夫な時と表示に問題が出る時があるのです。

Panel_img.jpg

Textureとして用意する面は、出来るだけ、均等なMesh状態にして変な引張が起きないようにしてあります。詳細部分の位置合わせは実際に表示しながら微妙な所を調整します。元々写真で撮影しているので遠近が微妙に異なるので部位品の位置調整は必要です。Adobe Illustratorで作成したDATAを使えるので便利です。そしてTexture用に、MODO からは、SVG・DATAで出力したものをAdobe Illustratorで作業したほうが管理しやすいようです。

T01.jpg

T02.jpg

T03.jpg

T04.jpg

T05.jpg

T06.jpg

T07.jpg

T08.jpg

T09.jpg

T10.jpg

T11.jpg

T12.jpg

T13.jpg

T14.jpg

T15.jpg

T16_20170904192209143.jpg

T17.jpg

TC_01_20170904192504da3.jpg

作業中に問題が出たのが、この部品の表示部分です。これはAdobe Illustratorで作成したDATAです。一番、確実で安全な表示を心がけて、全てアウトライン化させた状態にします。それで問題が起きたら御手上げ!

TC_02_2017090419250656e.jpg

これが、そのDATAのアウトライン表示。これ以上、単純化したDATAには、成りません!表示は問題無いはずです。これまでも同じ手法でTextureを作成しても問題は発生しませんでした。ところが...

svg_01.jpg

書き出したDATAは一番、単純な状態、これ以上、分けられないDATAで出力しているにも関わらず、文字の表示がおかしい!位置的な問題ではなく、意図としない出っ張りが、ちょこちょこ点在するという... UV も、変な状態に成らないように制作しているにも関わらず!これもバグなのでしょうか?Rendering後に修正は必要になります。

T18.jpg

小さい表示では判別しにくいかと思います。上の画像をクリックすると倍の幅1000ピクセル表示にすると判ります。左端の SMPTE-EBU の表示、そして右に並んでいるButtonの下に表示されている赤い文字の上などに異変が現れています。線が出っ張っているんですw 原因は不明でした。

T19.jpg

T20.jpg

不思議な事に裏のPartsに貼られている文字では、そういった挙動は見当たりません。こちらの方が文字数が多いのに... しかも、その症状が出る画角と出ない画角が発生しています。現れるのは同じ場所ですが... 静止画では気になります。アニメーションでは、よほど動体視力が良い方や、たまたま止まった時に気がつくかもしれない?と言った程度でしょうけれど...

T21.jpg

T22.jpg

T23.jpg

T24.jpg

T25.jpg

T26.jpg

T27.jpg

T28.jpg

まあ、毎回、Rendering作業に近づくにつれて、イロイロ問題が発生します。更に、材質設定をしていくに連れてSOFTの反応も遅く成ってきます。なので、少々ストレスが出てきます(爆) アニメーションなど予想される場合は、Maya で適当な段階で移行しないと危険ですw


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する