♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



エアコンディショナーの掃除 その構造。 お掃除機能は不要 詐欺商法


日本の企業は、こういった掃除が一般使用者でも簡単にできるような構造にすべきです。自動お掃除機能ほど、どうしようもない!そんな使えない機能を付加して少しでも高く売りたいという目先商法。それも横並びで皆、同じ機能を謳い文句にしているのが日本製品。

この自動お掃除機能は、機構が複雑で、それが原因でカビやバクテリアの繁殖を促す結果に!故に、お掃除機能を使っても臭う!意味のないばかりか、掃除を更にやりにくくしているのです。これはエアコンディショナー掃除業者も認めています。そしてお掃除機能付きの機器では多少、掃除費用が高価になります。

面倒だからです。そこそこ結果を出すには余計な構造が足を引っ張っているから
手間が掛かるのです。そんな製品を便利な機能と謳っている企業を信用してはいけません。カビ、バクテリアの温床になるだけです!どこか、一社でも、分解掃除が簡単な機器を開発出来ないものでしょうか?

それが「日本の水」なんでも横並び、抜け駆けはさせず「和をもって尊しとなす」の精神が息づいている。故に、Dysonのような掃除機(ゴミが見える)製品など発想も開発もできないのです。そういった機能、Cyclone式も含め、一般的に支持されると、どの企業も、こぞって真似をするのが日本流。誇りは無いようですw

お掃除機能が付いているエアコンディショナーは高価であるにも関わらず喘息やアレルギー対策にはならないという酷い製品。使い続ければ、カビの胞子やバクテリアを撒き散らす製品と化すのです。そんな製品を平気で売る企業ばかり!問題意識を全く持たない消費者!

皆がお掃除機能の無い機器を要求すれば変わるはず!馬鹿な消費者が、しょうもない企業を育てる。それが日本の水。これは、どの業界も同じ、結局、消費する側が馬鹿で無知だから、こういった事が起きるのです。今回も、 2年前に掃除はしているのですが、これだけ汚れがありました。我が家は当然、掃除機能など付いていません。それでも、これだけ汚れる!エアコン使用後には送風だってしているのに...

当然、我が家のエアコンディショナーは、お掃除機能など、ありません!そんな詐欺のような製品など絶対に購入しません。ところが最近、掃除機能の無い機種のほうが少ないという話!なんとも今の社会情勢と似たような... 選択の余地もなくなってきている。昔から、この国は選択の幅が狭いと思っていますが... (一部の馬鹿な広告代理店関係者は、そんな事は無いと言い張るw)それは、よほど馬鹿か、体制側の人間どもでしょう。そうじゃないと美味しい仕事は回ってきませんからねw

こういった事が回り回って、この国を疲弊させて来ているのですが、そんな事も分析できないAnalystなどProfessionalとは言い難い。「「次のスティーブ・ジョブズは君だ!」ー 総務省が10人を選抜」ホントに馬鹿ですねw 何故、そういった人材が育つ土壌なのか全く考えないのが我々日本文化w ここでも「SONYのウォークマン」ホントに馬鹿です。単なるTape録音機から派生した枝葉の1つという認識すら持っていない。だいたい、そんな人材が育つような土壌ではないというところに気が付かない時点で既に終わっています。総務省?優秀な人材ねぇ〜こんな事考えているなんて馬鹿でしょ。国内の優秀な人材の基準から見直さないと(笑)。





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する