♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



音楽関連 Logic Pro X INTEGRA-7 Editor Ver.2.0.3 for Mac 
studio_01_2017061115183791e.jpg

音楽関連も常にUpdateしておかないと!そして使用方法を理解していないと思うように使えません。なのでコンピュータが絡む道具は逐次、新しい機能やVersionに気を使わないといけない!結構、管理が大変です。新しい機能が増えれば、当然、使い勝手を知らないと有効活用できませんものねw それは当然、PLUGINにも及ぶ事です。なので膨大な量になります。



studio_02.jpg

音楽は、あくまで趣味ですが、それでも楽器の練習は短い時間ですが毎日欠かさず続けています。ちょっと、サボると下手になります。基本練習は欠かせません。それはSOFTの使い勝手も同じです。

studio_03.jpg

更にPLUGIN楽器の使い勝手も、それなりに知らないと使いこなせません。Loop音源を適当に並べて作曲したつもりなら良いですけれどw やはり音源から、それなりに創りたいので手間はかかりますが、その拘りは重要だと思います。最近は、3D でも出来合いの部品を適当に配置するだけで、それなりの形状が作れたりしますものねw

studio_04.jpg

ただ、ちょっと複雑な形状や現実に存在するModelを再現するとなると、それなりの写実力が物を言います。簡単なキャラ物なら、そんな捏ち上げで十分な時代です。趣味の世界だからこど拘らないと!最近は、殆どがSOFT音源になっていますが、唯一我が家には1つだけHard音源があります。鍵盤は、Kurzweil SP2X 88鍵盤キーボードを使っています。それとは別にグランドピアノもあります。

studio_10.jpg

それは、Roland INTEGRA-7 です。最先端のSuperNATURALトーンをはじめ、SRXシリーズ全タイトル標準搭載し、ローランドのサウンド資産を一台に凝縮してある機器です。ここに最新のアップデーター&ドライバーがあります。INTEGRA-7 Editor Ver.2.0.3 for Macになっています。

studio_05.jpg

呼び出しが、これだと深いので、もっと簡単にならないものでしょうかw 古いVersionが、観えていますが無地してくださいw 当然、ドライバーもリンク先より新しいものにします。

studio_06.jpg

これで膨大な音色資産をコンピュータ側で管理出来るようになります。機材に有る小さな LED 画面でチマチマ操作するのは、まっぴらゴメンですものねw 効率も悪いしw 但し、USB でMIDI・DATAが伝わらないのが悩みのタネ。現在はMIDIケーブル経由にしています。INTEGRA-7本体の設定当然やっていますが...

studio_07.jpg

これだけの音源を管理するのも大変ですw 更にPLUGIN関連でも音源は有るのですからw 贅沢な時代ですねw Logic Pro XEditorを呼び出し欲しい音色を選択すれば...

studio_08.jpg

この様に INTEGRA-7 本体で切り替わります。StudioSET切り替えなどは大量の音源を扱うからか反応は遅いです。それでも手元で操作出来る利便性は助かります。

studio_01_201409010353476a2_201706111536269b7.jpg

やはりHard音源も、コンピュータ側で操作できるようにならないと困ります。更に、我が家では、外部機器を iPad を使って制御できるようにしています。これも又、便利です。どこぞのバカが、iPad はウォークマンの様?だと言っていましたが、「プレイヤーデバイス」という御説明。そんな使い方しか思いつかないというのが駄目さ加減を表しています。そんな視点しか持てない人材は優秀だとは、とても思えません。

INTEGRA_02.jpg

設定は少々面倒ですが、機器をiPad に直接WiFi 接続するよりネットワーク内に接続したほうが後々、使いやすいです。この様にネットワークに接続準備表示がでて、完了すれば OK です。

INTEGRA_03.jpg

一度、ネットワークに接続されれば後は楽です。赤で囲んである所を御覧ください。携帯電話のアンテナと同様、受信状況が表示されています。これで無線接続は完了!それほど強い電波ではないので受信状況は結構シビアーです。

INTEGRA_01.jpg

INTEGRA-7 Editorを起動して、設定を確認、このように表示されれば接続完了です。これでコンピュータとは別に手元に iPad Pro を置いて操作が可能になります。外部Hard機器も、このような設定になっているとPLUGIN並に便利です。 今日では iPad に代表されるマルチタッチ・ユザーinterfaceは、便利で当たり前の様に使われる様になりました。これは iPad いや! iPhone 登場時に既に私は予見しています。

INTEGRA_04.jpg

実際には iPad Pro と INTEGRA-7 本体は離れて設置してありますが、リンク状況が判るように近くに置いて撮影しています。御覧のように iPad Pro から INTEGRA-7 は連動しているのがわかります。 SuperNATURALシンセ・トーン、パート、モーショナル・サラウンドの各種パラメータをエディットなど、殆ど全ての操作が手元に有る iPad で可能になっています。


studio_09.jpg

ついでにPLUGIN、SOFT音源のUpdateも、しておきます。これも随分、専用SOFTにより簡単な作業になっていますが、やはり面倒な作業であるには変わりありません。でも折角、購入した音源、機材です、こうやって面倒をみないと!その価値を十分に使いこなせません。

ROOM_01.jpg

そして仕事モードの場合は、鍵盤などの機材は隠れるようになります。思い立ったら直ぐに弾ける!使えるってのは重要。練習はグランドピアノを使いますがw そして、それは鍵盤のみではありません。数多くのGuitarだって手元にあり、手を伸ばせば使える様にしています。

obe_01.jpg

これは、なんとAl Di Meola氏も使っている、Ovation 1769Modelです。他にもOvation・Guitarは幾つかあります。Ovation 1985-1 Collectors Series も、その1つです。Ovationの Acoustic・W neck Guitar もあります。

1765_01.jpg

他にも、Acoustic・Guitarも数多くあります。McPherson Guitar MG-5.0XP も、その一本です。いずれも即、使えるようにSTANDに立てかけてあります。練習など直ぐに手にとって出来たほうが良いです。楽器も練習しないと下手になりますからねw ただでさえ下手なのにw

1765_02.jpg

なので仕事での Rendering 中など、練習できるようになっています。これはELECTRIC・Guitar、そしてBaseも同様にあります。どんな種類が有るかと言えば、例えば...

my_birdfish_05.jpg

ヘッドレスの変態Guitarなども、御覧のように、即、出てきます。どのModelも希少で高価です。Yamaha G10 G10C Midi Guitar は、未だに使える状態です。これが使えるのは奇跡に近いのでは?

my_birdfish_04.jpg

このBird・FISHに至っては、普通に購入すると、とんでもない価格です。

my_birdfish_01.jpg

一式となると、こんな感じ。ソフトカバーは革製!中古でも滅多に出てきません。

birdfish_blaqck_01.jpg

海外のebay Auctionでも、通常、この程度の価格で出品されています。この価格は、まだお買い得です。

FHISH_02_20170611165130708.jpg

とにかく、国内では滅多に出ませんし、出ても海外では、この価格です。

FISH_01_20170611165131f97.jpg

Bird_02.jpg

Bird_01.jpg

いずれにしても、安いGuitarではありませんw しかも特殊な形状なので国内では殆ど扱われないという...

さて機材自慢ばかりしていても仕方ありませんw 今年こそは新作を創りたいなと思っていますが...




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する