♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





国内、車産業の衰退が著しいと言われていますが、車の国、米国では GM やフォードなどが本拠を構える自動車の街、デトロイト市は.4年前の、2013年7月18日、米連邦破産法第9条を申請し破綻しています。負債総額、180億ドル(1兆8000億円)を超え! 米国自治体の破綻としては過去最大という…

戦中戦後にかけて自動車産業を牽引してきた経緯がありますが、市の製造業の職は、1950年、約29万6千から、2011年には約2万7千まで減少。更に最大約185万人あった人口が、12年には約70万人までに大幅減。当然、税収も落ち込み、公務員も減少、公共サービス質低下も著しく、街灯は4割が消え、公園の7割が閉鎖。警察官の人員削減で犯罪率も上昇、「全米で最も危険な都市」となり果てていました。


貧困層は車を保有できず、そればかりか日本と異なり、地下鉄もなく、バスはバス会社の財政難の為、路線閉鎖、本数削減と公共交通機関の体を成さず!貧困層は更に追い詰められました。ところが!そんな財政破綻が国中に知れ渡ると、ここは日本の一極集中事情とは違い、空きビルに格安賃料にメリットを感じたベンチャー企業が積極的に利用しだすという流れ… ここが重要!新しい波が起き、流れが変わる!

振り返って国内では、北海道夕張市が2007年に353億円の借金を抱えて財政破綻しています。ちなみに夕張並みに悪化しているのが日本全体の財政です。未だに、廃屋だらけで人影のない商店街、閉店が相次、商店街振興組合は2016年5月で解散。市中心部の本町商店街は昼食時でも閑散としているそうです。10年も経って何故、復活できないか前述の米国、デトロイトの流れを考えてください。

この違い、単に「車が売れない=初任給が低い」という単純な話ではなく更に、国内、徐々に貧困層が増えているだけではなく、もっと深刻な状況になりつつある現状、日本を牽引、未だに車産業というのが情けないのだが、経済的に疲弊してくれば不要なモノから切り詰めるのが当然。国内、特に都市部の車所有の必要性とは、その程度という事が証明されたようなものです。

以前は、親の世代も、そこそこ稼げる豊かさがありました。一家に車は一台(地方では家族一人に一台)とい経済的な余裕も生まれていました。多くの人達は自腹で車を購入(税金を含めた車検費用、維持管理など)した人は居るの?私の知っている範囲では親の援助を受けていた友人が多かったw なにせ国内は税金を徴収する車検制度があります。そうそう米国も州によって異なりますが毎年、車両登録の更新料があります。居住地、車種、年式によって異なります。

この車が売れない問題は、もっと深刻。日本の技術力、経済力とは?Analog時代から繰り返されている後追い、後出しばかりで、のし上がった結果です(アジア圏の中国と同じ)。開拓者精神もなければ先人を敬意する心も持たず、如何に真似、お手軽な製品だけを出すことだけを鍛えてきた社会、教育。そういった社会通念、教育も含めた価値観を根底から見直さない限り今後は疲弊していくばかり。

先にも書いていますが、未だに車産業が日本経済を牽引しているという状況。単に「車が売れない=初任給が低い」という車産業界が近視眼的に危機感を抱いている、そんな程度ではありません。日本の構造的欠陥が引き起こした1つの結果に過ぎません。そもそも車自体、所有する時代でも無くなります。移動の手段なら都心部では、Uberのようなサービスが認知され AI による自動運転も促進されます。

自動運転というより AI この分野も日本は、かなり出遅れています。当然、医療関連も米国が最先端。更には人間の頭脳との接続までも現実を帯びているほどです。新しい研究、技術に対して、あまりに遅れている!それは何故?国内、目先ばかり!車が売れる売れない、その原因が初任給という話には笑ってしまいますw 現状、そして、これからの国内事情を考えれば悲観的に成らざるを得ません。

前述のように国内産業は車産業が牽引という旧態依然としています。その証拠に、欧米を含む(国内、GLOBALとはいってもアジアばかりなのでw)世界では若い企業の台頭!その殆どがネット絡み。デジタル世代に入れ替わっています。日本社会が抱える問題は、経済を牽引する構造自体が未だに昔のまま!相も変わらず古い企業、それも車産業が多く上位に君臨しているのが象徴的です。それは何故?

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する