♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



V Collection 5.3 is now available
arturia_01.jpg

Dear Yukio,

We’re thrilled to announce that after months of tireless planning, coding, and programming, the latest free update to our award-winning V Collection is now available.

I got an e-mail for upgrading.



arturia_02.jpg

This version upgrade seems to be the main purpose of sound source sales. I have completed version upgrade.

In the past, the longing year Thinkravia and Mini Moog can be used now. Mini Moog is resold, but I am satisfied with the plug-in sound source. Moreover, we can use chords!!!

arturia_03.jpg

昔、憧れだったシンクラビア、ミニ・ムーグも使いたい放題!最近、限定生産ではありますが Minimoog Model D 再生産、販売されています $3,749.00。しかもミニ・ムーグは和音出力も可能ってのは夢のようw、勿論、キーボードもGuitarも毎日、欠かさず練習しています。

arturia_04.jpg

やはり楽器は基本練習は必修!Loop音源で、それっぽく創れる今の時代、それでも楽曲を創るには、そこそこ某の楽器が出来てこそ!そこを勘違いする輩も多い。特に国内w

arturia_05.jpg

若い頃、音楽系コンテストは数多く入賞経験有り、そして土木工学学科だったのに CBS SONY スタジオへw 結構、何次テストと数多く有って難関?だったようだけれど最後まで長髪でTシャツ、ジーパン姿で試験を通ったよw 皆、リクルートスタイルだったけれどw でも、そこで体験した邦楽の実態w 最悪だったw なので音楽の道はキッパリ辞めている。当時の機材も辞めて即、売っぱらった!

arturia_06.jpg

徹底的にコネも無く猪突猛進だった若い頃w 今、振り返るとアホだな(笑)得ることも多かったけれど... 国内、どの分野も、その程度ってのが本音。程度の低い権威主義が闊歩している。そして「日本の水」ってのが有る;;その証拠に国内で流行っている様な曲は海外、それも欧米では相手にされるような品質ではありません。

arturia_07.jpg

それにしてもプラグイン、良く出来ている。音源としての設定など、Menuで、これだけ選択、再現知てくれる!昔スタジオでは各種、機材設定の再現って大変だったw、今はFileを保存するだけの簡単操作で済む!

arturia_08.jpg

それなのに音楽、創らないよな(自分)w 仕事で時間がないなんて言い訳だな...  それでも最低、基本練習だけは欠かさない。それは自分の為。それにしても確かに希少だけれど今時、この機能に、これだけの価値って骨董品扱いですねw 思い入れはありますけれど...

FullSizeRender.jpg

その昔... シンクラビアの一式とかの設置面積や録音用の機材など、どのくらい必要?こんな感じです。それだけでも一部屋、潰れそうな大所帯。しかも維持管理が大変!だいたい今時Multi・OPEN・Reelなんて不要ですよねw EFFECTORだって私の様な趣味ならプラグインで十分過ぎます。当時も手に入れられる様な機材でもないし今では、それ以上の機能の製品が山のように安く手に入る時代w 

FullSizeRender 2

それを言えば、Arturia Minimoog V Virtual Instrumentが期間限定で無料放出された事もありました。気に入ったので、その後、Arturia V Collection3 を安い時に購入しています。このパッケージには他にも、とんでもない数のAnalogシンセPLUGINが揃っていますから、使わない手はないですw なので現在も、V Collection 5 にしてありました。



これは40年近く昔、FM放送での受賞の発表放送!グランプリ受賞だったので乱一世さん司会の番組に出演した時の録音です。当時は、4tr4ch という限られた環境での一人で作曲、演奏、録音という事をしていました。今の Hard音源は、Rolandの Integra-7 が唯一です。他にも以前は有ったのですが現在は、それ以外、殆どSOFTに置き換わっています。こうやって何時でも思い立ったら即、作成できる体制にはなっているんですけれどねw






この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する