♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Leica F (Leica III) 1933–1939 D.R.P
leica_01.jpg

D.R.P = Deutsches Reichspatent (German Patent). and...
LEICA 0 SERIES REPLICA CAMERA

Printwear & promotion Garment Decoration Awards 2010


We Admire-Ewe Winning t-shirt!

そこで使われたのが、LeicaIIIf セルフ付のボディ、それにコーティングが施された後期モデル通称、赤エルマーと呼ばれるElmar 5cm F3.5 Red Scale これは実は、Leicaにハマった妻の所有物w それをAdobe Illustratorの題材として撮影して描いたという経緯があります。これも妻の所有物w Black Leica III になります。

leica_02.jpg

そんな、1933年モデル。レンズはLeitz Elmar 50mm F/3.5

既に、3Dでも作成しているので、これを使い古された感じに仕上げる事も可能ですが、今回は、実機を再度、御紹介。なんと以前の紹介から12年の歳月が流れています。そんな時間を、このCameraは、我が家に居たことになります。当然、まだ問題無く撮影可能です。この時代の機器は、古くなっても味に成ります。

leica_03.jpg

Modelingは、セルフタイマーを廃止すれば、このModelに仕立てられるはずです。今は、様々なテクスチャ作成SOFTも、あるので、それほど手間は掛からないと思いますがw

leica_04.jpg

leica_05.jpg

leica_06.jpg

でも、古い機材は、こうやって手に入る程度なら実機を使ったほうが良いかなw それに新品の姿の方は、もう観ることができないのだから、新品状態を維持したRenderingの方が楽しい。例えば、LeicaIIIf 3D とかw 博物館クラスの、唯一無二の機材の場合なら作成する価値はありますよねw 例えば、The Hasselblad Electric Data Camera (EDC) NASA Apollo Camera スペースカメラ など!

leica_07.jpg

この作品は、Tシャツにもなっていますが、本家Hasselblad社にもいっています。この作品がキッカケになっています。これほどまでに実機の状態を表現されたModelは少ないですからw

leica_08.jpg

2001年から3年ほどかけて、ライカはヌル(0)ライカの復刻版を4000台製造しました。これを使うという事は殆どありません。レンズは固定式の沈胴Leitz Anastigmat 50mm/3.5、3群4枚構成でマルチコーティング

leica_09.jpg

通常の35mm判フィルムが使えるようになっています。0型Leicaは、Leicaカメラを発売する前に30台だけ作られたプ施策製品。本物は、WestLicht Photographica Auctionで2億2千万円で落札されて大いに話題になりましたねw やはり本物は凄い!とは言え、今のCameraとは違い相当、面倒な機構、使い勝手は非常に悪いです。

leica_10.jpg
今では考えられない事ですが、シャッターの巻き上げ巻き戻し時には必ずレンズキャップを填めておかないと駄目です。何故ならスリットが開いた状態でフィルムが移動するので感光してしまうのですw それは考えもしませんよねw フィルム巻き上げ後、シャッタースピードを後から変更なって事も不可!

leica_11.jpg

computerも黎明期は、仕事で使うというより趣味的な分野でしたね!そして徐々に成熟し、多くの場面で使われるようになると、どの分野のSOFTも黎明期のそれは、今振り返ると機能的に未熟だったことを思い出します。デジタル関連は、未だに進化、進歩しています。というより追いついていくのが大変w

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する