♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Harrisson Chronometers H4
HARRISON_01.jpg

The interior panel of Yukio's H4 John Harrison Sea Chronometer at 720/1440dpi in full CMYK Colour. This level of resolution in reproduction rewards close examination. Yukio's files are astonishing in their precision and detail, in this he is a soul mate of John Harrison.

この作品も、手元に実物は当然、無く、資料も殆ど無い状態で作成しています。肝心なのは、Movementに施されている装飾の表現という事になります。この部分はAdobe Illustratorを用いて作成しています。そして、こちらは御覧のように既に英国で販売されています。



Illustrator_01_20170411195916cdb.jpg

こちらの部分だけでもAdobe Illustratorでの作成は手間がかかります。

illustrator_02_201704111959173bb.jpg

御覧のようにOutline表示すると判りますが線の太さを制御して効率よく作成しています。

Illustrator_03_20170411195919dda.jpg

最終的には、Movementに施されている全ての装飾、彫金部分を表現します。これはAnalogで彫金することを考えれば楽な作業となります。

Illustrator_04_20170411195920517.jpg

文字系は流石に線幅だけでは表現できませんので正確にOutlineを作成しています。

test_shot_01.jpg

どのような仕上がりになるか確認します。低解像度なら問題は無さそうですが高解像度Renderingでは、どうなるか?

test_shot.jpg

低解像度なら問題は無くとも高解像度、1万ピクセル以上になると破綻したり期待している結果にならない場合があります。

test_shot02.jpg

多少、材質も設定してRendering状況を確認。

test_shot03.jpg

今回は、バンプマップ使用の高解像度Renderingでは、意図とした結果にならないので、NormalMapを使用することにしました。

NormalMap500.jpg

これがNormalMapです。Windowsでは、様々な作成Toolが有るようですが Mac では、少ないのが現状。特に昔から Mac の環境は、Windowsより、貧弱な環境ではあります。特に、 Mac Pro 関連の進展が遅れている現状で、Windowsに乗り換える人たちも増えています。

しかし私感ですが、それなら、もっと前に移行すべきかなとも思うわけです。特に、処理速度や 3D に特化した仕事が多い場合、今頃、Windowsに移行って遅すぎです(笑)。やっと来年、新機軸の Mac Pro が現れるようですが... こういった作業も処理速度が如何に上がっても、それほど恩恵は有りませんw

17097192_1457838037583076_5719619430163231930_o.jpg

さて、構造も全く資料が無いので装飾部分の切り欠ぎから見える様子とYoutube にある映像を手がかりに、それらしい部品を配置します。

16991932_1457838034249743_2998747116062875890_o.jpg

これなら切り欠ぎを通して見える部品範囲なら、それらしく見えるはずです。本来ならば、こういった資料は提供されると作業はグッと、捗るのですが...

WATCH_02_201704112012184ab.jpg

やはり資料が少ないと無駄に時間が掛かる事があります。それでも、それらしく見える様に創るのも大切。

WATCH_03_201704112012199ee.jpg

細かい調整は、実際に作業を進めながら微調整します。いずれにしても地道な作業です。

WATCH_04_201704112012216f3.jpg

観る向きも変えて、問題無いか確認しつつ...

WATCH_05_20170411201800893.jpg

地味な作業とは言え、手は抜かないように少しずつ少しずつ進めます。欧米での仕事は、国内仕事の様に、それほど急がされる事は稀です。

HARRISON_05.jpg

本体、正面というか時計として完成している状態は、御覧のようにシンプル。この辺りは全く問題は無いのですが...

HARRISON_06.jpg

得意、Modelingというほどの作業も無いほどです(笑)。

HARRISON_07.jpg

短針、長針などの中心部分が多少、入り組んでいる程度。

HARRISON_08.jpg

ただ、これも大まかな資料しか無いので細かい部分は不明。

HARRISON_09.jpg

やはり売りは、Movementに施されている装飾です。

HARRISON_10.jpg

今回の様な彫金された凹凸表現の高解像度RenderingではNormalMapでないと無理でした。

HARRISON_11.jpg

彫刻されている感じが表現できないと意味ないですから...

HARRISON_12.jpg

かと言って、これを ZBruhs で詳細に作成すればDATA的に相当、重くなりますよね(笑)そして結局、NormalMap使用という... Maya を使えば多少、DATA的に重くなっても大丈夫ですが、そこまでやっても今回は、結果として変わりはなさそうなので、この方向で進めました。

HARRISON_02.jpg

御覧のように既に英国では販売されています。

HARRISON_03.jpg

こういった作業は、処理速度では解決しません。どれだけ高性能なMachineを使っても地道な手作業では、それほど効率アップには繋がりません。それより使いやすい UI と、保守管理の利便性を優先させたい所。昔から、それほど 3D 優先の仕事をしている訳では無いので、今の環境で十分です。

HARRISON_04.jpg

やっと MacPro が来年、更新されるそうなので、その時にディスプレイ共々、一新しようと考えています。もし、 3D が主な仕事であれば、とうの昔にLinuxMachineかWindows系を主軸に考えていたでしょう。特に書籍などでは Mac の方が使いやすかったですからw それに最近では、3D 関連も徐々にではありますが昔より充実してきています。



こういった映像も個人で簡単に探せる時代ってのも凄いです。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する