♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



CX-A5100 ファームウェアアップデート
CX_A5100_04.jpg

Dolby Atmos®&DTS:X対応 フラッグシップAVプリアンプ 
シネマDSP音場プログラム「Enhanced」(エンハンスド)の追加の内容...

新4音場処理アルゴリズムを採用したシネマDSP音場プログラム「Enhanced」を追加します。従来の4音場処理がセリフを中心にスクリーンへの集中度が高まる音場効果の特長に対し、新4音場処理は後方のサラウンド音場だけでなく前方のプレゼンス音場も左右独立(ステレオ)化し、全方向への音源移動に追従した音場創生が特長です。「Enhanced」ではマルチトップスピーカー(多数のオーバーヘッドスピーカー)と大画面を備えた最新の映画館の音場を目指して開発され、最新フォーマットのオブジェクトを含むすべての音源に追従する自然な音場効果と、制作者が意図するダイナミックな移動感や空間表現をもたらします。

CX_A5100_05.jpg

最近のアンプは、こうやってcomputerのようにFirmwareもネット経由でUpdate可能という時代!まずは、USB からのUpdateではなく NETWORK からに切り替えます。ダウンロードでのUpdateは、こちらのサイトから可能です。最新ファームウェア(Ver.2.04)になります。

CX_A5100_01.jpg

我が家は、ネットワークでの作業を選択しています。ファーム公開時期 2017年1月5日なので2ヶ月ほど前になりますw 

更新内容

シネマDSP音場プログラム「Enhanced」(エンハンスド)追加
「radiko.jpプレミアム」(エリアフリー聴取)対応
パラメトリックEQの手動編集帯域(下限)拡張

「ファームウェア更新手順」は、こちらを参考にしてください。インターネットラジオが使用できる環境になっていればネットワークでのUpdateが可能です。

CX_A5100_09.jpg

この様に、様々な放送がネット経由で聴くことが出来ます。それだけ選択の幅が有るにも関わらず邦楽しか聞かないのは私には理解出来ません。

CX_A5100_10.jpg

なんとPink Floyd専用チャンネルまで有るんです!それほどまでに充実しているネット放送内容。とても日本のラジオなど聴いていられません。さて、Firmwareの作業ですが... この画像をキャプチャーした時点ではUpdate完了しています。なので最新という表示になっています。

CX_A5100_02.jpg

この辺りのボタンなど使うので、それを知って作業を進めると困ることが無いでしょうw 普段は、iPad で操作しているので、本体での作業は初めてw とは言え、やることはボタンを押すだけの簡単作業です。

CX_A5100_03.jpg

Networkに接続されていれば、Browserを介して Mac PC から、この様にアンプの状態を監視しつつ操作も可能になります。勿論、専用リモコン、iPhone iPad からも制御可能ですが(笑)、結局、このような使い勝手が新しいアンプjの美味しいところです。古い機器は、そういったNetwork利用した今風の使い方が出来ない!特にiPhone, iPad との連携が今風です。発表当時から言っている事ですが、iPhone, iPad って UI 革命なんですよね!

CX_A5100_06.jpg

我が家のNetwork環境は光ですが、それでも、ダウンロードしてUpdateするには10分近く時間がかかりました。なので気長にやれる時間帯を選んで始めたいですw こういった作業は途中で中断するのが出来ない事が多いです。

CX_A5100_07.jpg

無事、作業が完了すれば、この様な表示になりますので、正にComputerのように再起動させれば完了です。電源を切って、再度起動!そして確認の為、FirmwareのVersionを表示させましょう!確認するにはTV やプロジェクターなどモニターを起動しておく必要があります。

CX_A5100_08.jpg

最新ファームウェア(Ver.2.04)ですから、これで最新です。Network経由での作業では、とっても簡単に終了します。何より AIR-Play による iTunes 制御など出来るのですからネットに繋がない手はありません。

CX_A5100_11.jpg

ネットに接続され Macintosh に認識されていれば、iTunes から機器の選択が可能になります。これだけで使えるのですから便利!iPhone, iPad から AIR-Playを選択すれば自動的にアンプが起動します。

CX_A5100_12.jpg

それでは、早速、音場の向上を体験してみることにw 今後も有意義な ファームウェアアップデートを末永く、御願いしたいです。そして、もっと音場の種類が増えると楽しいw



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する