♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



AVENTAGE CX-A5100 MX-A5000
A5100_01.jpg

4年半前に導入したパイオニアのSC-LX90 に大満足していたはず...

音質の素晴らしさは、その後のアンプには、それほど魅力は感じていなかったのだが...

映画視聴用としてのSurround機器として音質を損なわず更に豊かな音場を実現している事に魅力を感じ、更にプリアンプとパワーアンプを分けている。他のパワーアンプとの組み合わせも考えたが、それほど予算が潤沢に有る訳ではないので、ヤマハ標準の組合合わせにしてみた。

以前、ヤマハ発動機での仕事で嫌な思いをしているので、一切ヤマハ製品とは決別していたのですがw この分野では和解しようと考えた次第ですw まあ発動機との関係は、今後も有り得ないでしょうからw


A5100_02.jpg

さて、11.2ch AVプリアンプ、Dolby Atmos (DTS:Xにも対応)の音声に独自のシネマDSP処理にて音場再生を可能なアンプ。11chパワーアンプ「MX-A5000」と組み合わせることで、11.2ch 再生に対応している!

A5100_03.jpg

設置となると、2台分、必要になってくるのですが... 更に、これまでの配線を全て見直し、全く新しく設置する覚悟で挑みました。ついでに機材、裏側の掃除も徹底的に施します。

A5100_04.jpg

この2台を連結、使用します。なので最短での積み重ねでのレイアウトにしようと予定しました。

A5100_05.jpg

積み重ねて、はい終わりなら始末が良いのですがw これから結線という手順。そうそうに取扱説明書を、iPad Pro にダウンロードして作業に入ります。

A5100_06.jpg

全ての端子群を使用する訳ではありませんが、殆どの端子を接続する訳ですw 地道に間違いなく結線するだけの簡単な作業です。それには接続するケーブルが必要になるわけで...

A5100_07.jpg

プリとメインの接続にはBALANCE型ケーブルを使用。全部で11本です。機材に有る表記は判り難いので取扱説明書に準じて接続していきます。

A5100_09.jpg

横に並べる配置にも対応出来るように若干、余裕を持った長さのケーブル長にしてあります。将来、パワーアンプ部を変更する可能性も含めての決定です。

A5100_10.jpg

結線作業は、当然、機材の裏側での狭い場所、窮屈ですが余分なケーブル長は必要ありません。結線を間違えると後々面倒なので慎重に、スピーカー・ケーブルにはプラス・マイナスが有りますからねw

A5100_11.jpg

なかなか絵に描いたような美しい結線にはなりません。なんで、そうなるの?的な事が発生しますw そして不要になったケーブルはドンドン破棄していきます。当然ですが、それぞれの入力機器の設定も含め、減少に則した結線が求められる。

A5100_12.jpg

仕上げは、部屋固有の初期反射音を積極的に解析し、最適化する「YPAO-R.S.C.」、付属のマイク計測結果に基づいて再生時の周波数特性が音量に応じ、聴感上フラットになるよう「YPAO Volume」が調整。

A5100_13.jpg

設置した各スピーカーの距離と方角、プレゼンススピーカーの高さを自動計測することで音場空間を立体的に補正する「YPAO 3D測定」など、Dolby AtmosやDTS:X、シネマDSP HD3再生における3次元立体音場の再現性を高める設定になっています。

A5100_14.jpg

Mac との連携は、AirPlay 対応です。御覧のように入力を設定すれば、ソースを Mac 本体に有るDATAを iPad Pro で CX-A5100 を含め全て制御可能になります。こも、パイオニアのSC-LX90 では出来ない芸当です。

A5100_15.jpg

この様に iPad Pro で CX-A5100 の音場、シネマDSP HD3 を含め殆どの機能を手元で制御出来るという便利さ!これは映画視聴以外、音楽鑑賞時にも大変有効です。

A5100_16.jpg

これが現在、設置完了した状態になります。電源投入から全ての制御は全て iPad Pro で操作可能という便利さ!殆ど本体は触ることがありません。付属のリモコンすら使うことも無いでしょうw

A5100_17.jpg

御覧のように AirPlay による iTunes 再生になります。下に有るパワーアンプが 11本のスピーカーを駆動しています。それらをシネマDSP HD3 にある設定で BGM 仕様にも瞬時に設定可能です。これが非常に便利!

A5100_18.jpg

DSPには、多くの音場が既に登録されていて、パラメーターの一部を手動で微調整できるカスタマイズできます。調整できるのはルームサイズ(仮想空間の広さ)とディレイタイム(初期反射時間)これが出来るのは素晴らしい事です。

A5100_19.jpg

スピーカーからの直接音をコントロールすることで、実際の部屋では前後左右で異なってしまうことの多い設置条件や、メイン用とサラウンド用でかけ離れてしまいがちなスピーカー自体の特性を可能な限り均一にしてシネマDSPの音場効果をより高める機能は流石Digital!高次反射音を含め、再生環境の残響特性に応じ、エフェクトレベルを自動補正、DSP効果を最適値に設定してくれるのです。

A5100_20.jpg

実際、これだけ多くのスピーカー群に関して微調整する事を想像しただけで疲れてしまいますw これまでの5.1chを超えるスピーカーの設置、更に調整です!フロント/サラウンド/プレゼンススピーカーの方向や高さを測定し、より効果的なシネマDSPの3D音場が得られる「YPAO 3D測定」、それらをDSPデバイスの中でYPAO処理を64bitで実行!

A5100_21.jpg

それを再生するのが、フロント・スピーカーは、ECLIPSE Home Audio Systems TD712z 「正確な音」の再生と、「明確な音像」そして制振スタンド、素材は、剛性が高く内部損失に優れるアルミ、制振性能の高い川砂を、乾燥工程を経て慎重に充填、不要な振動の徹底排除した構造。

A5100_22.jpg

センター・スピーカーも左右フロント同様、ECLIPSE Home Audio Systems TD712z そしてサブウーファーは、Design的に統一感が得られる B&W PV1 サブウーファー を配置しています。TD725swは、いかにもという形。それに黒だから威圧感がり、視界に入ると邪魔!

A5100_23.jpg

プレゼンススピーカーとして使用しているのは、同じECLIPSE Home Audio Systems TD510 これは後方に設置してある1台。以前は、天井スピーカーには BOSE を使用していましたが Eclipse TD508 に自力で交換しています。

A5100_24.jpg

こちらが前方、スクリーンを見て、その横にも同じECLIPSE Home Audio Systems TD510更に配置されています。更に Surround Dolby Atmos 9.1.4 Dolby ® Surround 7.1 対応にプレゼンススピーカーを、こちらも同様、自力で増設しています。後からの追加だったので配線が面倒でしたw

A5100_25.jpg

天井、上部には、同じECLIPSE Home Audio Systems TD510 が合計6台がフラ下がっています。

A5100_26.jpg

そして後方には、同じECLIPSE Home Audio Systems TD510MK2 が配置されています。これで全てのスピーカーは、ECLIPSE Home Audio Systems で、11本、網羅しています。さて、その音場は? これはもう体験しないと判りません!いやぁ〜言える事は、ここまでやるだけの価値は十分にありました。最新の「Dolby Atmos」を使用している映画では、その効果が顕著です。






この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する