♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Loud Hailer Jeff Beck
jeff_01.jpg

前作『Emotion & Commotion』も、速攻で購入していますが、今回は又、異なる面を強調してのアルバム。御年72歳、それも伊達にGuitarを続けてる訳じゃない!音を聴くと直ぐ判るほどの色が!まだ聞いて日が浅いので本当の良さは判っていないと思うけれど... それにしても引き出しの多さもさることながら創造への拘りが凄い!OPENING一発目の「The Revolution Will Be Televised」導入部分は期待させるねぇ〜w

jeff_02.jpg

ただ、これまでの Jeff Beck 作品の中で、一番好きか?と問われれば... チョット違う。正直、Vocalは不要だし、もと曲に、彼らしさが欲しかった!Guitarだけで完結できるのだから... そういった意味では、前作の方が好き。

jeff_03.jpg

今回は、少々、散漫な感じが否めない。曲、演奏全体が、それほど興奮できないw Guitarist御三家?の中では一番、老いを感じさせないのですが、それだけに今回のアルバムは、物足りなさを感じてしまいました。曲に広がりが感じられない、全体的に小じんまりと収まっている感じ。他の楽器との絡みが味気ない... だからVocalは不要なんだけれど... 演奏での表現の幅を聞かせてほしかった!歌詞は不要なんだがなぁ〜

Rosie Bonesが全面に出過ぎ!というか、この流れを進めたかったのでしょうけれど... その方向は、私が、それほど興味が無かったから、好きになれないのでしょう。こっちの方向は、どうも生理的に受け付けないw Rosie BonesとGuitaristのCarmen Vandenbergの色が強すぎる!Jeff Beck のアルバムとして聴いてしまうと無理っぽいw 録音もシンプルな録音にしてあるね!ノイズも平気で入っているしw

jeff_04.jpg

悪くは無いのですが... それ以上を望んでしまうw さて「fender stratocaster jeff beck signature custom shop」ですが、CDを聞いて弾きまくったら、写真で判るように弦が2本、切れてしまいましたw そろそろ弦、全て、交換しないとダメなのかなw 自分でも曲創ろうかなw 今度はGuitarを全面に出そうかw




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する