♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Gizmotron って知ってますか?
GIZMOTRON_01.jpg

Jimmy Page氏が有名ですがw Violinの弓で弾く?のは有りましたが、10CCのKevin Godley氏と Lol Creme氏によって考案されたものです。写真の様なATTACHMENT式で、Guitarの6弦に6個の歯車が接触する小箱をボディーに装着して、回転する歯車により各弦が摩擦により連続音発生するという構造。

20150427_814165.jpg

こんなのが各弦に対して回転しつつ接しているという構造。その摩擦で持続音を発生させる構造が、Gizmotron なのです。詳しくはリンク先を参照してください。欧米のMusicianは、自分の色を出す為の努力を厭いません。国内のような安易な方法は無い厳しい世界です。なので、それを厳しいとは感じない天才肌の人材が出てこられるのです。その辺り、国内は、お坊ちゃま、お嬢様が多いからね...無理。故に世界では通用しない。これは、どの分野でも言える事かもしれませんが...




「Consequences」でそのサウンドを聴くことができます。昔から、こういった先進的な試みをするのは欧米の奴ら。こんな世界観を当時、レコードで出せるって凄い!日本国内では有り得ないw 今では、こうもお手軽に試聴できてしまうという素晴らしい環境!昔は、レコードを購入しないと聴けなかった!それもお店にまで出向いて....



若かりし頃、影響され弓を購入して、学祭で猿真似しましたw エコチェンバーは絶対に必要です。当時はTapeECHOしかない時代ですから、そこそこの機材が無いと出来ない事でした。



なので、曲は別として、このような奏法は、それほど驚かないw 例えば、弦を小刻みに叩くとかも、やったことがあるw



1975年当時、この曲を創っているのが凄い!ここでもGizmotronが部分的に使われている!基本は16トラックの音声ですがw この手法も4chですが自分の曲で実験しましたw



更に同じ "Original Soundtrack"(1975)に入っている "Blackmail”でも間奏部分で聞けます。



以外な所では…Paul McCartney - I'm Carrying でも聴くことができます。



1976年ごろに 4ch 多重録音してあった音声を、そのままだと芸がないので適当に混ぜて、まとめた音などw これが、音声を多重録音した元の音。これを要所に出し入れしすると分厚い音になります。曲に合わせた音声を編集するのが手間になるのですが、今は、昔より楽に出来ますねw

1チャンネル、10声ほどですから、和声を構成させると30声ほどの厚みにw ただ昔の録音なのでノイズがw 単純に昔の音源に適当に有りモノの音をミックスしただけなので曲としては成立していませんがw こんな事を、先のネタとして挙げていた、Godley & Cremeの影響を受けて、40年前に、やっていました。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する