♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



VITRIMA LENSSTANDARD 3D Headset
VITRMA_01.jpg

The First GoPro® Camera Lens that Records in 3D.

という事で、GoPro® Camera用のVITRIMA LENSと、3D Headsetが数日前に到着しました。撮影は、まだ試してみませんが、ネットにある映像は、これで楽しめます。裸眼での立体視も出来ますが、やはり、こういった道具で観たほうが楽です。


VITRMA_02.jpg

ただ、やはり装着感が悪いのと画質が悪い!iPhone の画質だから仕方ないのですが... そして視野が狭く、眼が疲れます。昔のSTEREO写真の動画版ですが奥行き感は、それほど感じられません。これで映画など長時間の視聴は厳しいw まだまだ改善の予知があります。特に音場にも気を使って欲しい!特にバイノーラル録音などに注目して欲しい!

VITRMA_03.jpg

ネット、YouTube 上には、多くの3D動画も沢山あるので体験してみました。Ocean Predators 3D 2013 1080p Half SBS HD
これは、なかなか良い感じです。ただ長時間の視聴は厳しい!疲れます。



今後、これが更に高画質になり視野が広がっても、根本的な仕様が改善されなければ装着感も含め、違和感は残るでしょうねw さらに、こんなサービスを展開していますが... 「SYNC TRAVEL」とか... これって、この映像に有るような事を期待しているとガッカリすると思うよw 既に、そういった映像を体験済みだけれど... そして眼が疲れる。そんなに長い時間、観ていられない。最初は目新しさで我慢できるけれど...

VITRMA_04.jpg

体験というには、おこがましいw そして構造上、あまり近くに被写体が有ると違和感が甚だしい。そして体感というならば音。やはり音はバイノーラルじゃないとね!それにしても日本の生活水準って進歩出来ないのですね...

VRでマンションを売る中国不動産業界」といった利用方法も有りますが、これも体感というよりは眺める感じに違いでしょうね。まだ、もう少し機材とソフトが対応していかないと格段の体験には及びません。

VITRMA_05.jpg

実際に、sample映像を、VITRIMA 3D Headset で自ら確認して書いています。リンク先の映像の様に、その場に居るというほどの現実感は、全く感じませんw この広告映像だと、そんな雰囲気を演出していますが...嘘です。やはり触覚なども無いと!それに、どうも覗き穴から観ている感じが拭えません。



いずれ神経直結という事になる可能性もありますが、この程度のゴーグル式のVRでは、それほど臨場感は得られません。現在でも聴覚、触覚、嗅覚に関連する機器は考案はされていますが、やはり違和感がありますねw

視覚聴覚ときたら触覚ですね!Deep Immersionという、嗅覚に焦点をあわせた製品も開発されているようですが、それは、ちょっと遠慮したいw こういった研究から、いずれは神経に直接接続も可能になるのでしょう。



となると VR というより映画、BRAINSTORMの世界に突入する事になるでしょう。そこでも真っ先にADULT系は採り上げられていますがw そこには、Ai との接点が出来上がるという次元に入るのでしょう。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する