♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



発火事故で生産終了となったサムスンのマートフォン Galaxy Note 7
001_m.jpg

先のGalaxy Note 7事件がまだ冷めやらぬ業界ですがw SAMSUNGは、自社でディスプレイもバッテリーも半導体も全て掌握していると考えているようですが肝心な OS は、ご存知アンドロイド。Androidは、Googleによる携帯情報端末用に開発され OS という事を理解した方が良い。そうハードは自社で賄えるが、OS は、Googleの「Android」という事が肝。


Appleの「iOS」かGoogleの「Android」のいずれかになる。では、どう違うのか?これは自社でハードからソフトを総合的に扱うAppleの「iOS」の方が、Customizeなど、あまり出来ないが安定しているか、使う側に自由度(緩いが不安定要素が有る)を持たせている「Android」の方が良いと考えるかの違い。

元々、ハードとOS 一体で開発されているAppleの「iOS」の方が安定し、問題対処に素早く対応できるのは考えに容易いはず。そもそも道具として使いやす事が一番、重要な事。単に価格が安いからGalaxyを選択している人は多いw 今回のGalaxy Note 7のつまずきは、Samsungに巨額の損失を与えたのみならず企業イメージの悪化など墓穴を掘る格好になっている。

所詮、発想を大切にしないアジア、単に価格や性能の競争ではなく使用者に驚きや道具として使いやすく洗練された姿を魅力的に見せる事が重要なのだが… 単にハードの高性能化を謳っているようでは... 次元が低すぎる。

ましてや、販売されている数で優劣を言うのは馬鹿げている。肝心なのは企業としてのブランド・イメージ向上と利益率の高さ。そして将来に向けた可能性という事では?投資家は、そこに着眼している。それこそが株式会社たる所以でしょw

こんな状況らしい...

①:充電中に本体が発火する事故が70件以上報告される
②:アメリカや韓国など、発売された国では250万台が回収
③:日本でも航空機内の使用が禁止に
④:9月からは中国で販売開始。こちらは問題なし?⇒発火
⑤:本体アップデートで60%までしか充電できない対策
⑥:安全な機種か否かの見分け方2種類
⑦:バッテリーが交換された製品でも出火事件が起こる

バッテリーが交換され、「安全」とされていた本体が出火する事件がアメリカで起きてしまうとは信頼はガタガタです。まあ、なるべくしてなったと言うべきかも… アジアって、どこも同じですね...

ちなみに、日本では、スマホシェアの半数はiPhoneという状況のようです。世界の状況は、このような流れだそうです。更に、こんなdataも有りますので御参考までに...

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する