♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



定時後の「帰りにくい空気」とどう向き合うか 未だに、こんな事を言っている日本の環境
この記事を読んで...
サイボウズ式:定時後の「帰りにくい空気」とどう向き合うか

未だに、この状態が続いている…やはりというか、これが日本の水。「帰りにくい空気」というより「和をもって尊しとなす」そして「皆一緒」的な感覚が蔓延しているから仕方ない。『「定時が来たらよほどのことがない限り帰る」「プライベートの時間まで仕事をするなんてありえない」という価値観をチーム内に浸透させること』ってのが今更ながらの考え。そんな事はとうの昔に言っていた!

そして30年以上も前から個人的に実戦しているのだがw誰も、怖くて追従しないよね!効率を第一に考えれば当然なのにダラダラ… 決定事項に関しても決められないというのも根っこは同じ。自由業でも似たような現象があります。例えば睡眠不足自慢で売れっ子気取りとかw ハッキリ言って、私、貴方の仕事は誰でも出来る程度の内容。そういった認識が足りない。自分の人生、時間を他人に献上するのは愚か者のやること!

私が外注設計の時、若い社員が私の様に定時に退社しようとした時... 先輩写真からの一言が飛んだ!「よぉ!XX(呼びつけ)余裕かましているな!定時に、ご退社かい?まだ先輩が仕事しているつぅ〜のに!いいご身分だなw」 これが現実。お互いに牽制し合い嫌味を言う諸先輩方が多い。当然、そこまで言われると社員としては、なかなか、そんな先輩の言葉を無視してまで帰れる雰囲気ではない。

こういった傾向は、国内どの業種でも起きている事だと推測できる。日本は特に業界内での先輩後輩関係はうるさい!世代ごとに器用に「さん」、「君」、「呼び捨て」を使いこなすw 社内では強力なコネが無い奴は目立ってはダメw 能力有る者は知られないようにしないと適当に利用されるのがオチ。「能ある鷹は爪を隠す」的に立ち回るようにしないとイロイロ波風が立つw

たまたま、国内、脚光を浴びてもそれは時代の流れ、例えば、様々な、CONTEST入賞など?これまで国内、外を含め様々な分野で入賞経験が多数有るけれど所詮、業界内での事情、たまたま流れに乗れただけw 所詮、私、貴方でなければならない理由は極僅かな要因でしかありません。

それも個人でなく企業ぐるみの入賞となれば、それは商業的な要因が大!その業界での流れを大切にしようとする「力」が働いただけに過ぎませんw そんな事はいい大人になれば判る事だよねw 反面、個人での入賞となると関連企業に利用されたりw 業界内を活性化させるためのお祭り騒ぎといった内容です。

ことほど左様に、私、貴方でなければならないというような要因など殆ど無いという事。肝心な事は評価を気にするあまり、回りと同調したりw 自分だけ良い思いをしたいが為に無理をしたりw 僅かな所で優劣を見出すセコい思考でしかないでしょう!だから必死になって自身の立場を死守するという...

国内、特に営業力って嘘っぽいよね!要するに能力、才能の評価より重要なのが人間関係、他人との協調性、そして特殊なコネってのが重んじられる日本社会。通常、突出した才能、能力は逆に疎まれるってのが現実。コネが無ければ認めないしスタートラインにも並べず、影で都合よく利用されるのがオチ。

Freelanceも社畜も、自身の人生、自分中心に生きられるか?ってのが重要では?自己の方向、目的が確立されていれば、それは自ずと決まってくる。他人様の評価を気にして演出効果を狙っている人達も居るけれど人生の目的は、人それぞれ。なにより貴方、私でなければ成り立たない仕事など殆ど有り得ないという事を認識すべき。どんな特殊な仕事でも私、貴方の代わりは居るのです。

そうそう国内、学歴も、いい加減な尺度。それを未だに有難がっている人達は多いけれど世界基準の観点からは相手にされない。そういった価値観が有効でないと困る業種は沢山有りますがw 能力有る人間は如何なる時代でも宜しくやっているものw それは上手く回っているが故に公言しないだけw

そういった事が出来ない、その他大勢に位置する人達は、既存の集団で優劣を決めなければならない!となれば足の引っ張りあいとなる。そこでは互いを監視しあう環境。となれば、どれだけ会社に忠誠を表すかというw その分水嶺の1つが定時という踏み絵でしょw 非常に幼稚。

景気が良かった時代には残業すれば多少、給料を上げられたけれど今はサービスでしょ?どれだけ会社に自分の人生を捧げられるかって事で認めてもらいたい人達が、どれだけ多いってのが真相でしょ?要するに自分だけ良い思いをしたいという姑息な手段w

更に、もう一つ…


ドイツ人の仕事、日本人の仕事。

日本で仕事をしていると「鶴の一声」「ちゃぶ台返し」「コレジャナイ」という事象がたびたび起きる。という話...

これは、お坊ちゃま、お嬢様系の二世、三世、世襲制的な本来、その地位に居ては、邪魔なだけな人材が自分の権威や立場を誇示する為に度々使う手法。しかし元々能力、才能が無い為に、事の成り行きを理解できていない無能な人材だから突拍子もない事を平気で言い出したり具体性に欠る指示を出し現場、制作側を混乱に陥れる結果になる。

しかし実際には、こういった絶大な権力を持っている輩に歯向かう奴は殆ど居ない!となれば現場は混乱の極み!出口の無い方向に向かって迷走が始まるのが日本式。これが今の大企業が陥っている致命的な病巣。当然、こういった体質では自己治癒力など無いので行き着く所まで進んでしまう。それが昨今の企業衰退の道筋。ひいては、この国の進路までも危うくしている。

結局は、日産が、そうで有ったように日本人以外、欧米人による改革が必要になるのでは?日本人の敵は、既得権益集団である同族の日本人集団だから... 一般的な日本人は、上述のように閉鎖された業種で、自己保身による足の引っ張りと相成る訳だw

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する