♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



McPherson Guitar MG-5.0XP
McPherson_01.jpg

生ギターと言えば!多くの方は、MARTINでしょうね!私も、憧れは D-45 これは年代により相当な実売価格の開きがあるようでw そこまで拘るほどの腕前ではないので関係有りませんがw それでも中古でさ、30,40万は下らないという高価な楽器になります。今回、手に入れた(大分前ですがw)のは、McPherson!ハード・ケースから、只者ではない漢字がします。

McPherson_02.jpg

国内では、あまり聞き慣れない、McPhersonというブランド。欧米では、プロミュージシャンでの愛用者も急増中だそうです。このPANELの形がポイントです。

McPherson_04.jpg

オフセットしたサウンド・ホールが印象的な姿。品番の数字はボディーの最も薄い部分厚みを表しており、このモデルの場合ボディーの最も薄い部分が5.0インチ=12.5cmとなります。本器はMG-5.0XP。サウンドホールの縁取りの仕上げも御覧のように丁寧です。


McPherson_05.jpg

標準で搭載される"Buzz Feiten System"、L.R.Baggsのピックアップ、予め装着されたストラップピン。なので一見してエレクトリックが仕込まれているように見えません。メーカー希望小売価格 ¥863,100 という品質です。私の腕には勿体無いくらいw 生音も乾いた大人し目な枯れた感じの音質で好みです。

McPherson_06.jpg

なんと!ハード・ケースには、こんな湿気対策も施されているという凝りよう!それだけ楽器の状態を大切に考えられているという事でしょうか?

McPherson_07.jpg

ケース一体で湿気対策機構が仕込まれているのは初めてです。それだけで楽器への愛情が感じられ、なかなか良い感じです。

McPherson_08.jpg

そして、この楽器に関しての細かい情報など...

McPherson_09.jpg

そんなケースに入れておいた方が良いのかもしれませんが、即、手にできるところに置いてあるほうが身近に使えるという理由で、GuitarSTANDに置いています。何時でも手にして練習OKです。

McPherson_10.jpg

ヘッドDesignは、一般的。ロゴも古さを感じさせるほどw 少々、アッサリしているので頂き物のHeartを、あしらってみました。

McPherson_11.jpg

このクラスのGuitarになれば、まず品質的な事に心配する必要は有りません。弾きやすく、音量、音質も豊か、その音色に好き嫌いは有るとは思いますが... 人と同じなのは面白く無いので天邪鬼な私には良いかもw

McPherson_12.jpg

ebay でも、中古は出ていますが、それなりの金額からのスタートになっています。なかなか安くは出ませんね...

McPherson_13.jpg

国内でも、見かけません。個体数は国内、少ないようです。海外でも、それほど多く流通しているとは思えません。

McPherson_14.jpg

となると、この程度の価格帯になってしまうのでしょう。確かに、それだけの品質だと思います。今後、車とか所有する事が不要になる時代になれば、こういった楽器を購入する人も増えるかも。移動手段の車を考えれば、自家用車ってのは古い風習だよねw 無駄な維持管理費が掛かるしw

コンピューター関連は、昔から散財しているけれど、その分野は時間を買っているだけで陳腐化が激しい!でも楽器は、それほど値崩れは起きない!中には、このSteinberger Klein GK4T Black Headless Guitar.のように高くなる楽器も有るくらい!とはいえ、もうそろそろ楽器の入手も控えないと場所的にヤバイw 相当な数になってしまった!今後は曲創りに励みますw









この記事に対するコメント
Re: 取材のご依頼
こちらこそ、はじめまして。

妻が使っています。
MailAddressは有りませんが?
どちらで返信すれば良いですか?
【2016/08/10 10:31】 URL | YukioMiyamoto #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する