♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



scoopman
scoopman_01.jpg


scoopmanをご存知だろうか?Digital黎明期を過ぎた頃に生まれたmedia。もう既にSONYの神通力?を失いかけた時代を目前としていた。アナログ技術を、なんとかDigital時代に延命しようと、もがいていた時代とも言えます。

事あるごとに SONY 神話に登場する Walkman でも、これは所詮、枯れた技術の延長上に有るテープレコーダー。当時から WALKMAN には目新しさ全くなかった。ただ1つ言えた事は、まだステレオ再生の小型化が進んでいなかっただけの話。


scoopman_02.jpg

モノラル時代に既に私は、SONY TC-50 を WALKMAN スタイルの携帯再生機器として使っていた。そう、有るとしたらステレオ再生。1+1=2では無い素晴らしい音場の可能性。それこそがSTEREO再生。その技術も SONY の発明でもなんでもないw

scoopman_03.jpg

Walkmanの源流 は、あくまでテープ録音機。その黎明期の時代からPROが信頼を寄せる会社は、一般的には知られていなかっただけの話。その時代からProfessionalなStudioでは、SONY 製品など使っていない。

scoopman_04.jpg

無駄に多くのビスが使われ、組み立ても手間がかかり各部品との間隙が出来やすい構造。それがProfessional機材を製造している STUDER製品 となると話は違う。ピッタリ吸い付くような部品。当然、ビスなど最小限の数に抑えられ保守管理もし易い素晴らしい設計となっている。

今でも、そういった機材は、部品も調達可能。そしてStudioでも使われている事が多い。民生機にありがちな SONY タイマーなど無縁。未だに WALKMAN を、日本繁栄の在りし日の例えに出す様な人達は単なる無知という事でしょうか...

既存技術の修練により安価な機器として行き着いた成れの果て。特にステレオ録音という命題としては今では、それほど特別な事ではなくなっているという事実。 iPhone 1台でも可能。しかも、より高度な録音にも対応でき、映像までも収録可能。これがデジタル世代の標準的感覚。

この機器に関しては後日、詳細に記事を作成します。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する