♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

tec_001.gif
Kevin Hulsey
Kevin Hulsey氏も、サンプルとして私の作品を使用しています。

tatiana.jpgMyrightstyle
Tatiana Vitkus

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Next I choose this subject… POLAROID SX-70 LAND CAMERA SONAR OneStep
polala_01.jpg

Next I choose this subject…

これを作成します。さて、プロダクトデザイナーを名乗る人も、この3D Modelを作成される場合が有るでしょう!私のこれまでの作品は、どれも細部に渡って詳細に作成しています。 Leica Camera など、 3D で作成されたModelを目にする事もありますが、どれも実物を、つぶさに観察して創られたとは思えない形状が有ったりします。そう思い込みや嘘!架空のDesignなら許されるでしょうが、現実にモノが有る以上、それは駄目でしょ!架空の、それもゆるキャラとかはいい加減に作っても問題ないですがw

pola_01.jpg

やはり、こういった実機が有る製品のModelingは、実機に忠実に作成すべきだと思っています。特にプロダクトデザイナーと自称している方なら余計!それこそがProfessionalの証でしょうw いくら材質設定、照明や回りの余計な小物に凝ってもですw 画像をクリックすると2倍に大きく表示されます。

pola_02.jpg

さて、そこでModelingにあたり、何処を注意すべきか?そんな視点で実機の形状を観察してみることにしました。特に赤◯で囲った部分は手を抜くべきではないと感じましたw そして360度、どこから観ても破綻が無いのは当然かとw

Pola_03.jpg

更に静止画で有っても自分のイメージとする画像が無ければ製品を手に入れ自らが撮影する労力をいといません。近年、特に画像はネットで簡単に検索できますが自身が撮影した画像であるからこそ著作権問題にも無縁なはず。なのですが、そういった視点が特に国内の創造者と呼ばれている人達は欠けている事が多いようです。要するにProfessionalではない!

Pola_04.jpg

更に製品の創られた時代で多少、形状が異なる事など…正にDesignerなら拘る部分でもあります。そんな視点は大切と考え、Modelingをしております。いずれにしても成果品が全てを語る訳ですからw

Pola_05.jpg

この作品、既に6年前になりますが、有り物の写真に満足せず結局、 ebay で中古を落札し撮影した画像を元にAdobe Illustratorで作成した経緯が有ります。 勿論、英国側のカメラマンが撮影した写真など提示されましたが私が満足しなかったのです。結果、その成果は作品の質に大きく貢献しています。やはり拘りは重要!

Pola_06.jpg

このように機構により必要とされている部品や突起物などは絶対に見逃しては駄目です。それこそが、その製品をカタチ作っているのです。実際に動かしてみれば何故、そのような形状なのか理解できるのです。

Pola_07.jpg

どのようにして、こういった構造が成立しているのか?そんな視点こそが Product・Designer ならば当然、理解出来るはず!形状だけが、なんとなく似ていれば良いってものではありません。

polala_02.jpg

こういった些細な段差も意味があるのです。それを適当に無いものとしては駄目!面倒だから?誰も気が付かないから関係ない?いえいえ実際に実機を所有している人達は直ぐに気が付きます。それこそが実存感を演出する大きな要素だからです。

polala_03.jpg

こういった形状って実は、結構Modelingしにくい表現です。でも、こういた形状子そ!この製品を形作っている要素なのです。そんな視点を持ちながら、今回もModelingを進めていきたいと思っています。

polala_04.jpg

Adobe Illustratorで写実的に描けるのは当たり前、どこぞのメッシュ愛好会のメンバーと言えばネットから有名な写真をパクリ、自身の作品に仕立てているような素人集団。 私は、どれほど遠回りであろうと写真は自ら撮影。どうしても無理な場合は撮影者の許可を取り付けます。製品なら、その会社の広報へ使用許諾を受けます。


これは 3D Modeling でも同様です。可能な限り実物を手元に無理な場合でも作成します例えば、博物館級の「Harrisson Chronometers Modeling 」となると実物は手元に置けませんw 同様に「The Hasselblad Electric Data Camera (EDC) NASA Apollo Camera スペースカメラ 」等... 自身のブランド名で販売される場合は、このように公開できますが、仕事で、それも、まだ公開されていない製品の画像、映像は当然、出せません。なので、こういった仕事は、ある意味、有り難いのです。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する