♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Sound Devices 702 Portable, High-Resolution Audio Recorder
DEVICES_01.jpg

このネタも随分前の話ですが... やはり本格的な野外録音機器となると、このSound Devices 702 という選択になってしまいます。ちょい聞き程度なら国産の機材でも十分だとは思いますがw やはりProfessional品質を狙うと、このクラスになってしまうという事でしょうか?

Sound Devices社は、1998年にアメリカのウィスコンシン州に創立された会社。その製品群には、映画、放送局、ポストプロダクション製作会社など高品質で高い耐久性を求める多くのProfessionalから絶大なる信頼を得ています。そう、やはり世界には相応の企業が有るのです。専門分野では昔から決して日本企業が一番な訳ではないのです。


DEVICES_02.jpg

殆ど新品です。巷では、希望小売価格: ¥390,000 (税抜) で販売されています。とても、この価格では手が出ません。国内産の KORG MR-1000 や、 Roland R-26 そして、SONY PCM-D100 Hi-Res AUDIO で十分、事足ります。国外でも $2,049.00 ほどの価格で販売されています。これに送料、関税など加わると、相応の価格になりますねw

DEVICES_03.jpg

御覧のように完全包装された状態です。しかし中古でも、この売値って、どうなのでしょう?それなら海外で新品を購入した方が良いでしょう!私は、この半分以下でほぼ新品を手に入れています。それでいて買い取りが、この価格ですかw 少々ボッタクリの気がするw

DEVICES_04.jpg

702は、最高192kHzのサンプルレートで、マイクロフォン入力×2か2ライン入力の音声信号をCFカードに録音することのできる、2トラック・デジタルレコーダー。驚異的な耐久性と軽量を実現したアルミニウムとステンレススチールシャーシが存在感有ります。最近のデジタル系機器の安っぽさは皆無です。

DEVICES_05.jpg

CFカード、外部Firewire接続のハードディスクに2トラックを同時に書き込み可能です。C.Linkケーブルで複数台の7シリーズレコーダーと接続することが可能で、マスター機のRECボタンを押すだけでスレーブ機がチェイス動作します。なのでチャンネル増設が必要にも対応可能です。AES3【XLR】またはAES3id【BNC上のアンバランスAES】デジタル入力とAES3id出力。

DEVICES_06.jpg

マイクロフォン/ライン×2を入力可能な高音質アナログ入力回路で48Vファンタム電源、リミッター、位相切替、ハイパスフィルター、インプットディレイ装備しています。本体重量も、適度な重さで設置も安定しています。これが、あまり軽すぎると困ることがありますw

DEVICES_07.jpg

CFカード及び、外部Firewire接続のハードディスクに2トラックを同時に書き込み可能なので失敗の許されない録音にも安心して対応できます。駆動電力は、ソニーMまたはL-マウントリチウムイオンバッテリーとのコンパチブルなリムーバブルリチウムイオン充電電池を使います。10〜18 VDC外部入力は、電源と内蔵バッテリーに充電します。

DEVICES_10.jpg

更にインジケータ類の数々、太陽光下でも視認性の高い、眩しいくらいのでLEDレベルメーターで、トラックルーティングの情報も常に確認しやすく。ファンタム電源や位相設定をフロントキーのショートカットにより、素早く切り替え可能。なので現場での、とっさの対応や、設定確認も万全なので助かります。WAV形式、圧縮しないPCMオーディオ・データ。

DEVICES_08.jpg

大きさも他の国産、野外録音機材と比較しても、同じ程度です。国産録音機は、マイクフォロンが内蔵されている場合も有り、これは、これで、それほど音質に拘らない場合は、とても便利です。特に Roland R-26 は一度に外部マイクも含め数種類の仕様で録音できるので重宝します。

DEVICES_11.jpg

これが、Video Devices XL-B2 Spare Lithium-Ion Battery Pack for 7-Series Portable Recorders この価格も結構します。希望小売価格: ¥17,000 (税抜) という... 私は、Adoramaで $81.00 にて購入しています。これ一つでは送料が掛かり過ぎるので、他の必要部品と一緒に購入しています。

DEVICES_18.jpg

やはり予備のバッテリーが最低1つ無いと絶対に困ります。普通の単3、単2電池が使える様なパックもあると助かるのですがw 現状、これで十分ですが...心配なら、他の機材も併用します。

DEVICES_12.jpg

付属の電源アダプターを接続すると、自動的に充電が始まり、この全面PANEL右上のLEDが点滅して充電中で有る事を知らせてくれます。充電が完了すると点灯します。そしたら予備のバッテリーに差し替えます。

DEVICES_19.jpg

本商品に同梱のソフトや使用説明書は全て英語なので熟読する必要があります。これが企業だと、それなりに使う人が多いと情報交換可能なので何かと楽だとおもいますが、個人だと全て自力対応になりますw まあ、これは毎度に事ですから慣れています。いずれにしてもネットを使えば更に詳しい情報を得られる現在は昔より楽です。多少、英語と格闘する必要はありますが...

DEVICES_13.jpg

この入力、モニター用ボリュウームは、プッシュ式。不用意に変えられないようにという配慮です。そんな細かい所まで考えぬかれた部品配置や機構は、やはりProfessional用の機器ならではです。

DEVICES_14.jpg

トラック増設するような録音なら、このEDIROL R-44 4-Channel Portable Recorderや、8+2=10chレコーダーと、8ch デジタル・ミキサー内蔵の Roland R-88 8-CHANNEL RECORDER & MIXER も有りますから、この端子は使うことは無いかなw というより、既に売却済みで、同等の録音機器が必要になった時に、購入したい機材が有りますw それは、その時に...

DEVICES_15.jpg

FLACファイルの録音と再生が、このCompact Flashカードで出来てしまうのですから耐久性など昔の駆動部分が有った機材とは雲泥の差ですね。更に外部FireWireデバイスへも併用して直接録音可能なのですから素晴らしい!最高192kHzのサンプルレートで24BITの高解像度ADコンバーターを内蔵という...

DEVICES_16.jpg

入力切り替えなど、液晶PANELでの操作では、とっさの場合、不便だし確認も面倒。やはり物理的スイッチは適材適所に有るべきです。ある意味、単純な録音など携帯電話でも済んでしまう時代です。更に高音質への対応には、こういった機材が必要。でも、国内の放送内容や邦画って、それほど高度な作業や品質を要求されているのでしょうか?成果品を聞く限りは、とても、その品質では無いと思うのですが... 

DEVICES_17.jpg

という事で、Sound Devices 702 通常の価格では、とても手が出ませんが、国産の他の機器と同じ程度の販売価格なら絶対に買いだと思いましたw やはりProfessionalな機材は、民生機器とは違います。そして所有欲も満足させてくれる存在感も有ります。




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する