♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



TASCAM コンパクトフラッシュポータブルレコーダー
HD_P2_001.jpg

TASCAM HD-P2 をブログに紹介したのは...なんと10年以上も前の話になってしまいました。HD-P2は、コンパクトフラッシュ・カードを記録メディアとした、ポータブル・ステレオ・オーディオ・レコーダー。サンプリング周波数は44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz/176.4kHz/192kHzに対応し、記録量子化ビット数は16ビットと24ビットを選択可能。タイムコード・スレーブ機能とビデオ・リファレンス入力に対応し、タイムコードを必要とするENG用途に対応しているという優れもの!


HD_P2_002.jpg

サンプリング周波数は 44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz/176.4kHz/192kHzに対応します。更に、24ビット/16ビット録音、ステレオ /モノラル録音、選択可能。長時間から高音質録音まで対応できます。AC電源および単3乾電池によるバッテリー駆動というのが汎用性が有って便利で重宝しました。

HD_P2_003.jpg

マイク/ライン入力としてファントム電源付きXLRバランス端子を装備(ファントムON/OFFスイッチはL/R独立していません)。-20dB PADにより ライン入力としても使用できます。PADスイッチはL/R独立、片チャンネルをマイク入力、もう 一方をライン入力として使用することも可能。リミッターやローカットフィルターを装備、という充実ぶり。

HD_P2_004.jpg

192kHzまで対応のCOAXIALデジタル入出力。アナログ/デジタル入力の切換は液晶メニューにて操作。更に、ENG/EFP用途に対応するタイムコード同期機能を装備。オフセット走行のほか、タイムコ ード同期走行を可能とするフリーランやジャムシンクに対応しているのが素晴らしい。

ワードクロックおよびビデオリファレンスを入力可能なBNC端子を装備。クロックソースは、Internal、 WORD、S/PDIF入力、Video、LTCに対応しています。タイムコードを基準としたクロック動作が可能なため、ビデオリファレンスを入力できない 映像収録現場でも映像に完全に同期したオーディオ収録が可能です。

HD_P2_005.jpg

モノーラルのマイク・モニタスピーカを内蔵も有り難い!DATマシンのように精密機器特有の機構が無くなり軽くなり、結露によるテープの巻き込み等、無縁。モーター駆動も無くなり電池寿命が延び、コンピュータと容易にデータをやりとりすることができるようになりました。こういった所がDigitalの凄さでしょうね...

HD_P2_006.jpg

以前のアナログ系、SONY TCD-D10 では、やはり駆動部分が多いので故障しやすく、ベルトなどの劣化など多くの経年劣化に弱いのが辛いところ...  それが、こういったコンパクトフラッシュ・mediaを使う機種で、そういった故障が起こりえない!データの管理も比較的、簡単になりました。更に、computerを使った編集など、アナログ・テープ時代では考えもしなかった事が可能です。

HD_P2_007.jpg

例えば、録音操作の遅れによりソースの冒頭が欠けることを防ぐプリレコード機能など、アナログ・テープ録音時代では、あり得ませんw 前回録音が終了したポイントから新たに録音を開始しする機能や、既にオーディオが録音されている範囲内で新たに録音を行っても、 前に録音したオーディオファイルは保持されるなど...

ただ、古くからテープ録音に慣れていると、駆動部が無いだけに実際に録音されているか、ついつい心配になってしまいますw そして、やはり近年のDigital機器特有の事なのですが、軽いのは良いのですが、存在感が少々、玩具っぽいw 安っぽい感じなんです。

HD_P2_008.jpg

そんなプラスチック製の筐体ではない、こういった金属部品を使った機器も有ります。これは、同じく、コンパクトフラッシュ・mediaを使った録音機。更にProfessionalタイプと呼べる機材です。

HD_P2_009.jpg

大きさも更に小さく、まとまっています。金属筐体ですから、重さは適度に有ります。そういった意味では存在感も有ります。現在は、この機材が主力になっています。この分野でも、結局はProfessional機材となると欧米の企業製品と言う事になるのでしょうか...








この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する