FC2ブログ
♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Non-Commercial RenderMan and Mental ray For Maya 2016
maya_000.jpg

以前のネタでも書いていた、「Non-Commercial RenderMan」、本体の環境構築から、こういったRendererの設定も含めて全て最初からやらないとクリーン・インストールという事にならないから作業は本当に大変。必要な優先順位で地道に整えていくしかありません。

maya_01.jpg

とならば、本体の日本語から英語に変更する作業など... これに関しても以前のネタ「App Language Chooser 動画 Video Tutorials」で紹介済み。やはり英語表示にしておかないと見難いし、「Video Tutorials」などを参考にする時、英語版のままの方が、なにかと便利なんです。

maya_02.jpg

他にも英語表示にする方法は数種類有るのですが、この方法が一番、簡単で的確だと思います。なんったって起動したらドロップインさせるだけですから!

maya_03.jpg

Set as default language for this app に必ずチェックを入れないと設定は反映されませんので注意!

maya_05.jpg

Mental ray For Maya 2016」 も、別途、DL してインストールする必要があります。

maya_06.jpg

そして使えるように環境設定など必要です。それほど手間ではありませんが、こういった細々した事が結構多いです。

maya_07.jpg

そうやって、初めて元の環境状態に戻すことができます。これも、そのほんの一つ。

maya_04.jpg

こうやって仕事もそうですが、勉強する環境も整います。

maya_08.jpg

まだまだ知らない事が沢山あるので常に情報など様々な教材を手にれて勉強する必要があります。それが独学には必要な事だからです。学校に行くのは面倒w 自力は、それなりに手間が掛かります。

maya_09.jpg

そして登録済みの、こちらも DL してインストールしないと!!

maya_10.jpg

ダウンロードするだけでも結構、時間が掛かります。

maya_11.jpg

当然、使えるように設定しておかないと意味ありません!

maya_14.jpg

これでインストール完了。使えるようになりました。こういった表示にならないと認識していません。(クリックすると大きな画面になります。)

maya_15.jpg

試しにRenderingをして確認しておきます。この設定は、「Denoiser」や、「Marschner Hair」そして「Physical Camera」などの機能を数多く使っているので結構、時間が掛かります。

maya_16.jpg

これがRendering途中の表示画面。

maya_17.jpg

そして、これが、まだ途中ですが時間が掛かり過ぎるので途中の画像です。

maya_18.jpg

どのRendererが良いのか?それは好みもありますしRenderer自体の向き不向きのシーンや、自分の扱いやすさもイロイロなので一概に決められません。体験していないRendererも、まだ沢山ありますしw

maya_20.jpg

静止画でのRendering作業が殆どですが動画では早いRendererが必要になります。多少、光学的に嘘でも、それなりに結果を出せる方がいい場合も...例え、透明物の屈折表現が出来ないとか、映り込みが表現出来なくとも擬似的に影や映り込みの表現を可能にしてしまえば良いわけです。ScanLine・Renderingなど...

4144-6-transparency.jpg

ただ、こういった画像を見せられると、やはり反射、屈折など光を理論的に解析されたRendererの威力は大きいw 必要とされる内容によって相応の機能を選択できる知識、経験があれば良いのですが、それが一朝一夕には身につかないのはアナログと同じですねw

maya_19.jpg

この程度の設定だと比較的、早く終わります。設定次第という面もありますがwそれも知識と経験が必要なのですよね...ただ、そういった方法論もソフトの進化と共に変わりますから随時、情報を得ないとならないのがデジタル道具の保守管理としての一部です。

12669719_1114221788611371_3766246335282834952_n.jpg

更には、リグの設定なども知らない事が山程あります。そういった知識も、実際にサンプルを使って習得しないとならない!

12647473_1114221791944704_6796757460044053057_n.jpg

Modelingは、時間を掛ければ、そこそこ出来るようになりますが、動きとなると又、別次元の知識と感覚が必要です。

12661886_1114221785278038_646928591545598975_n.jpg

これは、3D 関連以外にも同じ事が言えるので、常に進化しているデジタル道具では、常に知識の更新が求められます。それも又、楽しいのですがw いつまで対応できる頭でいられるかw









この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する