♪Illustrator-meiste Yukio Miyamoto♪
プロフィール

YukioMiyamoto

Author:YukioMiyamoto
yukio.gif
0twitter.jpg
0twitter.jpg
yukio.gif

英国「WE ADMIRE」、「SaatchiStore」関連博物館にて Yukio Minamoto ブランドのTシャツを販売。Adobe Illustratorのアートサンプルにも使用され、関連書籍は、国内は勿論、韓国版も出版。欧米で「The Illustrator Wow! Book (Wow!)」を筆頭に多くの作品が紹介されています。映像、音楽では数々の受賞歴有り。

実は読者様へのサービスでしたが、このように米国ebayに於いてIllustratorデータを勝手に商用に使用されている事が判りました。以上のような理由からデータは終了しております。

Exhibition room is here.
展示室は、こちらです。


logo150.png
Yukio_MiyamotoブランドのTシャツは、こちらでお買い求め頂けます。

S_logo.png
英国SAATCHI GALLERYで有名なSaatchiStoreにて販売されています。



tec_001.gif
Kevin Hulsey
Automotive Stock Images
Car Stock Photos
Car Cutaway Illustrations

Yoshihiro Inomoto
Makoto Ouchi
Yukio Miyamoto
Kevin Hulsey氏から紹介された日本のアーティスト

thomeimage.jpg
アメリカの著名なアーティスト
The Adobe Illustrator Wow! Book
(Wow!)の著者さんです。
SHARON STEUERさんのページです。


With over 50 years in the business, Rex is famous for its range and depth of images – be it personalities, news and features, travel, business, animal, humour, lifestyle, fashion, music, historical or stock images.


onno de jong

IW.gif
Member of Illustratorworld



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



検索フォーム



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



シャープ SHARP
sharp.jpg


こちらの、「シャープをつぶしたのは吉永小百合? シャープの失敗の原因は何だと思う?」記事を読んて...

「経営幹部は時期を見て追放」これが日本国内では出来ないということが最大の問題。日本人の敵は既得権益層である日本人。これを強く認識すべき。さもないと第二第三のシャープは後を絶たない。ましてや吉永小百合さんの存在は、どうでもいいw 彼女のような人材を安易に広告に使う土壌が問題。

こんな事、昔から判っている事、何を今更!って話でしょ?結局、日本人だけでは出来ないような閉塞した社会だから、行き着く所まで行ってしまう。情けないと思わないのかなぁ〜それが「和をもって尊しとなす」って事?馬鹿だと思う。

どの企業も同族系だったり政治家のみならずどの分野でも存在する世襲制のような社会。それじゃ真当な競争などできる訳もなくダメ人間が次第に増殖する社会になっているのが今の日本。精々、ごっこ的な環境でしょ...そんな人材で厳しい世界的な競争で戦える訳もなく...

テレビに出てくるタレント、俳優、何でも良いけれど、その殆どが二世、三世だったりお偉方の御子息や御令嬢だったり...誰でも出来る俳優業とかw もうウンザリ。そして評論家の類。これも同じ様な人種が殆ど。如何にも、それらしい事を仰るが、その実は自分では何も出来ない様な奴ばかり。

貴方の周りにもキット居るよ!偉そうな人物。社会的に、それなりに扱われているけれど実は能力の無い、金持ちの親が有っての、その人材。自力では何も出来ず言うだけの奴とかw ウンチクたれるのは勝手だが人に指図できるほどの才能も能力も持ち合わせていないボンクラばかり...

両親だけじゃな!旦那の力や奥様の御実家が資産家だったりwそれなりの家系だったりで、それ相応の強力な協力が得られている人達だって居るでしょうw そういった裏事情って表には決して出てきません。特にアジア、日本を含め、この手の話が多すぎます。

欧米では、どの業界も厳しいが前向きな競争が繰り広げられ、株式会社なら四半期ごとの業績を問われる。業績が上がらなければ株主によって最高責任者は変えられる!常に結果を求められる社会。日本のそれは、何時迄も昔からの企業が鎮座ましましている。

日産のように日本人だけでは再建不能に陥るのも時間の問題だったが外国人を頭に挿げ替え事無きを得た。要するに、日本の企業、政治を含む中枢の人材ばかりが世襲制の如き、長期に渡って機能退化し続けているのだから無理も無い。そんな奴は、欧米で評価されるような品質には遠く及ばない。相手にもされないだろう。

その流れを、どのように食い止められるか?答えは、ここに有る。結局、日本人による改革は期待出来ないという現実。タマ無し日本人って事だろう?既存の価値観を完全に刷り込まれ、体制に逆らう事すら出来ない臆病者の大人が殆どだって事。いや、気づいているなら、まだ救われる。それさえも叶わなぬ日本社会。

レミングスの様に行き着くところまで行けば良い。少なくとも俺は、その仲間入りはしたくはない。もう、ウンザリだ!結局は大人社会じゃない日本。客観性のある視点で心理的に相手の考えを理解できない、ぼんくらばかり。そりゃ無理もないドラマもアホのような脚本がまかり通るような社会だから...

欧米から日本、アジアへ経済の流れは必然。「シャープ経営再建 焦る鴻海、はや不協和音」とは言っているけれど、これも何時か来た道。韓国、中国、次はインド...誰でも想像はつく。ただ変わりない事実として基本的に欧米の価値観が支配的。単にアジアは後追い。そこを忘れるべからず!

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する